また飲みすぎた2日酔いに効く話飲み方と2日酔いの対処法


二日酔いに利く話

みなさんこんにちは。
お酒が好きな人は多いですが、みなさんはどうですか。飲みにいくのはいいが、調子に乗って2次会、3次会にいってしまった方はおおいのではないでしょうか。

そこで今回は2日酔いに効く話をしたいと思います。

スポンサーリンク

2日酔いというと、頭痛、吐き気、倦怠感、がありますが、吐き気があった時は、我慢しないで吐いてください。

食べ物を消化するのに3時間くらい掛かると言われていますが、朝になっても食べ物が胃に残っているというのは、胃がそうとう弱っているということなので、吐いてください。

吐くといっても、のどに手を突っ込んで、無理やり吐くのではなく、すぐに吐けそうなら吐いてくださいということです。我慢しないという意味ですね。

次に大切なことは水を飲むと言うことです。
アルコールを大量に飲んで、利尿作用のあるアルコールは脱水になります。
その上、夜寝汗をかくのでさらに脱水になります。
なるので、体の為に水を飲みまょう。その際に吐き気がある時は、吐いてもかまいません。それでも、水分は大切なのでたくさんとりましょう。

それから、水分は冷たいと吸収するのに時間がかかります。なので、早く水分を吸収するテクニックとして、おすすめするのは、体温程度の白湯がいいそうです。それから、水分保持にはナトリウムが重要なので、ポカリみたいなものを人肌に温めて飲むことで、より吸収されやすくなります。

水分をたくさんとっても、体の中でナトリウムの濃度を保とうとして、ある程度水分を摂ると、今度はナトリウム濃度を保つために水分を排出しようとします。なので、たくさん吸収保持したいときは、ナトリウムが必要なのです。
お勧めとしては、お茶、味噌汁、スポーツドリンクですね。

個人的には2日酔いの後の味噌汁は体に染み込んでいきますねー。みなさんも試してみてください。

お茶の場合は、梅干しを入れたり、塩昆布など入れるとナトリウムが取れます。

スポンサーリンク

まとめ

2日酔いの際は、吐き気を我慢せずに吐くことと、水分をたくさん摂る。水分は人肌程度がよく、ナトリウムが入っているとより良い。
もちろん、睡眠や栄養も大切ですのでとるように心がけていってください。

最後まで見て頂いてありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!