ドラマCRISIS第三話の平成維新軍とTruthTroopersとの繋がりは?感想も


はじめに

 

スポンサーリンク

 

今回は第三話に出てくる平成維新軍についてと、TruthTroopersについて繋がりなど書いていきたい。

見ていると奥が深そうで、これからどんどん明るみに出てくると思いますが、分かることをまとめてみました。

あらすじや感想などもよかったら見てみてください。

 

 

あらすじ

 

白昼堂々の議員襲撃事件発生!

犯人は権力の悪用を断罪する謎のテロ集団“平成維新軍”。
稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)に向けられる敵の銃口……特捜班とテロリストの闘いの行方は!?

贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに襲われ、報道陣の目の前で射殺された。直後に犯行声明を出した“平成維新軍”は、この先も権力を利用して私腹を肥やす者たちを排除すると、テロの続行を宣言特捜班は犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう命じられる。

班長の吉永(田中哲司)から、襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって実行犯を洗い出すよう指示された稲見と田丸は、銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていたとの情報を得る。
 
裏取り捜査を進めると、やはり使われた拳銃は組長が所持していたもので、しかも保管していた拳銃はすべて組長の息子の譲(大和孔太)に盗まれていたことがわかる。
そして、譲は少年院を出所後に人が変わり、「社会のシステムを変えてやる」と言っていたという組長の証言から、稲見は何者かが譲をそそのかして、今回のテロ行為に及ぶよう誘導したのではないかと考える。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備して現場へと向かう。

吉永、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が建物の周囲を固め、稲見と田丸が部屋へ近づくと、ちょうど外出しようとしていた譲に出くわす。次の瞬間、譲は部屋の中の仲間に「逃げろ!」と叫び、同時に素早く拳銃を抜き、近づいてきた稲見と田丸に銃口を向けて――。

第3話 ストーリー | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレhttp://www.ktv.jp/crisis/story/03.html

その合図で、裏から他の二人が逃げようとするが、吉永、樫井、大山が取り囲んでいて、銃撃戦になる。

譲の向けられた銃口から稲見はうまく逃れ、上の階からベルトを使って勢いで降りてきて、不意を突かれた譲に田丸が一瞬で譲を倒す。

譲だけはなんとか捕まえるが、他のメンバーには逃げられる。

次第に他のメンバーの身元が割れる。

黒須議員という不正取引に関与した議員がいて、その秘書をやっていた藤崎という男が自殺したことで、不正取引に幕が下りたということがあった。

その秘書の藤崎という男の息子2人「藤崎兄弟」が残りのメンバーだという。

世の中を直すという、名目で維新軍というグループを作ったのではという話になる。

不正取引でお金が入った人間が3人いるという。

しかも大山がハッカー時代に入手した情報だという。

残る政治家は黒須と有賀になり、吉永が譲に取り調べにて表情を読む。

有賀かという質問に、表情を読んで答えは黒須。

お前は隠せないいいやつなんだな」と譲に言う。

譲「お前ら大人が作ったこの社会が悪いんだ!」と言い放つ。

有賀は、孫と遊園地に行っている。

遊園地へ有賀を助けに行く。クライシスのメンバーが車の中で、大山に隠していることがあるんじゃないかと聞く。

今回の事件の組織は、大山は自分が昔所属していたハッカー集団「Truth Troopers」が発展してできたものなのではないかという。

メンバーの素性は分からないが、明治維新の志士の名前を名乗っていたということだけは分かっている。

坂本、西郷、高杉、木戸、武市

現地に到着し、有賀議員を探す。

藤崎兄弟は孫と有賀が離れるのを待っていて、ようやくトイレで離れたので、殺しに行く。

そこへ稲見が止めに入る。

格闘シーンになるが、相手にならない様子。

田丸も加わり、逃げる二人を追いかける。

追い詰めるが、藤崎兄弟は互いに銃口を向けて、お互いを打ち合う!

最後にパソコンでチャットをするシーンが流れるが、プラン失敗と出ている。

その名前は坂本という名前。

普通の高校生のような身なりの少年だ。

ここで終わる。

 

ネット上の感想の声など

 

今回は、テロ組織ということで維新軍という存在が現れた。

イケメンな三人が出てきたが、どうやらそれは本体じゃないらしい。

どうやらイケメンな三人が出てくるが、それはトカゲのしっぽのようなものらしい。

実態は「Truth Troopers」トゥルーストルーパーということだ。

Sakamoto(坂本)という人物も出てきているので、実態が明らかになってくることだろう。

今回もアクションが多いし、人間ドラマっぽい部分もあっておもしろかったなぁ~。

 

平成維新軍3人のキャスト

 

大畑譲:大和孔太(やまとこうた)さん

兄の藤崎正一:堀家一希(ほりいえかずき)さん

弟の藤崎誠二:西山潤(にしやまじゅん)さん

 

Truth Troopers(トゥルーストルーパー)と平成維新軍

 

スポンサーリンク

 

先ほどのドラマのあらすじの中のまとめになってまいますが!

大山が昔ハッカーだった時代(高校生の時)に所属していた、グループがTruth Troopers。真実探求隊?みたいなもので、世の中の不正などの真実をハッキングを通して知るというものらしい。

世の中に不満を持っている、世直しをしたいというような理念を持っている。

怖くなってハッカーに戻ったというが、ネット上の付き合いで仲間の情報はないし、顔も知らない。

だが、明治維新の志士の名前は名乗っていたということだ。

坂本、西郷、高杉、木戸、武市

など、ちなみに大山は岡田だという。理由は人斬り以蔵が好きだからだそうだ(;^_^A

今回の事件で明るみに出た平成維新軍。確かに共通点は多い。

この維新軍の坂本の年齢を見ると、高校生?くらいなので、どうやらメンバーが変わっている可能性があります。

引き継がれていっているのか、さらに大きな組織が裏にあるかということろでしょうか。

早く真相を知りたいですね!

 

第4話のあらすじ

ある日、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。

しかし、有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、一週間後に出国するということだけ。大学の研究室を訪れた特捜班に対して、横柄な態度で接する有馬。
同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった――。

翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。
すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまい、その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。

現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。しかし、向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいて、稲見は石立と激しい攻防を繰り広げる。

事態を受けて、吉永(田中哲司)は鍛治(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰める。鍛治はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かすが、吉永は腑(ふ)に落ちない

暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックするが、稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信していて――。

 

第4話 予告

 

 

ドラマCRISIS(クライシス)の衣装!小栗旬や西島秀俊のスーツ・腕時計のブランド名は?

 

まとめ

今回は平成維新軍?という組織が現れてテロを起こすという大きな事件だった。

そして、この維新軍は本体がいるので、これから話が続いていくのだろうと思うが、特捜班のメンバーの過去や、鍛冶(長塚京三)が何かネックになってきそうな気がします。

まだまだ、謎が多いのでしばらくは楽しめそうですね!

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 

参考サイト

CRISIS(クライシス)第3話の視聴率感想やネタバレ!第4話あらすじ | ドラマドラスティック

CRISIS(クライシス)第3話の視聴率感想やネタバレ!第4話あらすじ

CRISISネタバレ感想3話!平成維新軍兄弟のキャストは誰?

CRISISネタバレ感想3話!平成維新軍兄弟のキャストは誰?

クライシス3話感想ネタバレ。本当にCRISISなのは、今のこの国では? – テレビドラマ・ネタバレ感想ブログ

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!