CRISISクライシス6話で鍛冶の本当の目的とは?あらすじとネタバレ感想


ドラマ『CRISISクライシス~公安機動特殊班~』の第6話ということで、今回は前回の続きとは言わないですが、どことなく前回の稲見を彷彿させるようですね。

カルト教団ということですが、本当はもっと根深い過去があるようでした。

その他にも、伏線が張られているので、気になりますが、あらすじなど見て言ってください。

 

あらすじ

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。

里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。

特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は早速現場へ急行。

 
車でアジトを出た里見らを、待ち構えていた稲見と田丸が追跡を開始。しかし、その動きを察知した里見らは巨大なホームセンターへと逃げ込む。
 
追いかける稲見と田丸の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げる。その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまう。
そのあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見は、「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかけて…。
 
第6話 ストーリー | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレより引用
http://www.ktv.jp/crisis/story/06.html
 

続き。大まかなあらすじ

 

田丸は昔カルト教団に潜入捜査をして、そのまま教団に取り込まれてテロを実行した男がいたという話をした。

だが、教団に潜入した時点で警察の情報も消されているという。

だから、その公安の人間が警察だという証明はないという。

稲見はその話を聞いて、里見の足跡を辿ってあげることが俺たちにできることなのではないかという。

 

大山が、警視庁のデータベースから里見の人間性に一致する人物を絞り出す。

一人鍋島という男が浮かび上がる

稲見:早く捕まえて任務から解放してやりましょう。

 

吉川健康食品の経営者は真実の光教団のシンパだったことが判明した。

本店からは、爆発物は出てこなかったという。

 

里見の目的はテロを起こすことではないのかもしれない。

明日は6月1日だ、象徴にこだわっている場合ではない。

 

吉川健康食品の中で、マンションなどないかを調べてみる。

決行の日まではじっとしているはず。俺ならそうすると田丸。

 

南大井のマンションが判明する。

田丸と稲見で向う。監視カメラで里見にはすでにばれている。

逃げたと見せかけてドアを外からつっかえ棒で出れないようにする。

稲見は二階から飛び降りる。

だが、すでに逃げたようだ。

 

鍛冶と青沼が電話で話をしている。

どうしても、答えにたどり着けなければ、鍛冶はヒントをやるという。

頭を使って答えを導き出したという。

青沼に助けを求めても答える必要はないという。

なぜなら、小石をダイヤンモンドに変えるためだという。

 

テロの標的は二つあるという。

一つはシンボル

もう一つは個人的な動機、恨みなど。

公安で、里見の上司で最近大きな変化があった人物ではないかという結論にたどり着いた

 

一番目立ったヤツ見つけたよ。

11年前に公安総務課の課長だった乾さんが、3か月前に警視総監になったという。

自宅への出入りの瞬間が危険だ。

 

乾のマンションの側に車が止まっている。里見がいる。

乾が出てくると銃声がし、乾のボディーガードが倒れる。

銃口が乾に向けられる。

里見:久しぶりだな

稲見が助けに入る。

田丸が里見を取り押さえる。

乾を乗せた車は走り去る。

 

里見:公安か、だとしたらずいぶんらしくない連中だな。

俺が教祖にテロの実行を言い渡されたのが結構日の5日前だった。

公安に連絡して、1日か2日でガサが入る予定だった。

俺の任務は終わると思っていた。

俺は狭い部屋に閉じ込められた。

 

怖くて逃げださない為に監禁されたのだ。

仲間が来るのを待ち続けた。

だが、結局何も起こらず結構日に部屋から出された。

俺は仲間に裏切られたのだ。

俺にできることは、ただ一つ。テロを実行するだけだった。

 

里見:なぜ連絡をもみ消されたか。もしすると、テロをきっかけに予算を拡大することや、カルト教団への締め付けをきつくすることや、気に入らない官僚がいたのかもしれない。

稲見:お前が本当に警察官なら、テロを実行すべきじゃなかった。

罪もない人々を殺すべきじゃない。

里見:確かにその通りだな、あとは、自分で実行するだけだよ。

稲見:お前の言っていることが正しいという証拠は何もない。

里見:それがお前らのいる世界だよ!

 

稲見が自分の部屋の片隅で膝を抱えいる。

電話が掛かってきて、話をしている。今日ちょっと嫌なことがあって、でも大丈夫。

 

ここで終わる。

CRISIS第6話の感想

今回は前回の稲見が潜入捜査したことを踏まえてみると、一歩間違えば稲見も同じようなことになっていたのかなということ彷彿させましたね。

稲見は里見に自分を重ね合わせたんじゃないでしょうか。どことなく感情移入している節がありましたし。

それにしても、大山のネットワーク力というか、能力がすごいと感じた。瞬時に導き出している。

今回は完結したが、最後に稲見が一人で膝を抱えているシーンが寂しいというか、何か深い闇があるような雰囲気を感じさせた。

後に何か、過去がわかってくるのでしょうかね。

 

 

警視庁警備局長の鍛冶大輝の本当の目的とは?

 

そして、今回不気味に感じたのが、警視庁警備局長の鍛冶と公安総務課長の青沼の会話である。

鍛冶は、「今回の事件のヒントをやる」とか、「手は貸すな、小石をダイヤモンドにするために」とか、「テロが実行されるとあいつらのせいになるな」とか、どことなく手のひらで遊ばれれているような不気味な発言をしている。

もともとは、このクライシスも稲見・田丸・吉永・樫井・大山をスカウトしたのも鍛冶が過去に傷がある5人として公安機動捜査隊特殊班を発足させた経緯がある。

前回も政治家に利用されたと思いきや、情報をリークして逮捕させるという怖い一面を見せる。

これからどんな事件やテロ、又は政治家や国家の為に、更に何かスケールの大きなことをするという想定なのではないでしょうか。

何にしても、何かに利用するためにこの5人を育てているという考え方が妥当ではないでしょうか。

鍛冶が悪者なのか、正義なのかもまだわかりません!

これから、鍛冶の動向に注目していきたいと思います!

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

ドラマCRISIS(クライシス)の衣装!小栗旬や西島秀俊のスーツ・腕時計のブランド名は?

ドラマCRISIS第三話の平成維新軍とTruthTroopersとの繋がりは?感想も

ドラマCRISIS第4話2人の男の正体と平成維新軍との関係は?感想や考察も

 

参考サイト

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレ

http://www.ktv.jp/crisis/index.html

CRISIS(クライシス)のキャスト。局長・鍛冶大輝を演じる長塚京三の過去のドラマや映画は? | DramaWaves

CRISIS(クライシス)のキャスト。局長・鍛冶大輝を演じる長塚京三の過去のドラマや映画は?

 

ドラマリバースでの玉森裕太の衣装やメガネのブランドは?演技にも

貴族探偵5話の密室殺人トリックの原作ネタバレと感想は?犯人の考察

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!