CRISIS第7話平成維新軍の生き残り西郷とは?ネタバレ感想とあらすじ


火曜ヨル9時CRISIS公安機動捜査隊特捜班の第7話ですが、ついに平成維新軍が動き出した。

以前、平成維新軍に関係する事件があり、謎に包まれていた組織だ。

大山が以前所属していた組織の前身であるということなので、気になっていた人も多いのではないでしょうか!

今回は、そんな平成維新軍についても、考察もしてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

ドラマCRISIS(クライシス)の衣装!小栗旬や西島秀俊のスーツ・腕時計のブランド名は?

 

CRISISクライシス第7話キャスト

稲見 朗:小栗旬

田丸三郎:西島秀俊

吉永三成:田中哲司

樫井勇輔:野間口徹

大山 玲:新木優子

鍛冶大輝:長塚京三

青沼祐光:飯田基祐

林 智史:眞島秀和

林 千種:石田ゆり子

今回のゲスト

坂本:今井悠貴

 

あらすじ

テロリスト集団・平成維新軍がテロを思わせる犯行予告を出し鍛治(長塚京三)は警視総監の乾(嶋田久作)から特捜班をフル稼働させて阻止するように命じられる。

しかし、平成維新軍の標的は不明で手がかりもゼロとあって稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)ら特捜班メンバーも今回はテロを未然に防ぐ手立てが思い浮かばない。

 

そんななか、ハッカーだった頃に平成維新軍の前身と思われる組織に所属していた大山(新木優子は、犯行予告に記された一節が、以前、自分が仲間の一人に教えた言葉だと指摘

“坂本”と名乗るその人物の素性はおろか、性別すら知らないが、当時、偶然手に入れたメールアドレスを元に本人の居場所を特定できると言う。

大山が調べた情報によって、特捜班は坂本(今井悠貴)を拘束。

 
 
 
一見ごく普通の高校生に見える坂本は、吉永(田中哲司)の取り調べに表情一つ変えず、無言を貫くが、大山が“岡田”を名乗っていたかつての相棒だと分かると、徐々に口を開き始める。
 
そして、権力を持つ大人に深い憎悪を抱いていることが判明するも、平成維新軍によるテロ計画については決して口を割らない。
 
 
 
さらに、大山は自宅から押収した坂本のパソコンから情報を抜き取ろうとするが、パスワード解析が一向に進まない。このままでは予告通りテロが起きてしまう――。
 
一度は諦めかけそうになるも、稲見が発した“ある言葉”を受け、意を決して再びパソコンに向かった大山は…!?
 
 
第7話 ストーリー | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレhttps://www.ktv.jp/crisis/story/07.html
 

あらすじ続き(ネタバレ)

 

稲見は「機械が奇跡を起こしてくれるのを待つより、お前の直感を信じて奇跡を起こしてみろ」と言って、大山に坂本の家で撮った紙を渡す。

大山が必死にパソコンを打つ。

大山が、もう一度取調室にいる坂本と話をしてくる。

大山「自分で手を汚すことなく、社会に混乱をもたらすことがそんなに楽しい?

坂本「君の必死な表情を見るのが一番楽しいよ

 

大山が戻る。

昨日、坂本が言ってた。「栄進銀行の計画を君と練っていた時がぼくのこれまでの人生で最高の時間だったんだ」と。

坂本の一番思い入れが深いものって。

入力したパスワードが合致する。

 

パソコンを見ると大学生たち。

標的はこの国の中枢にいる人間の子供たちだったという。

わざと大学生のいるポストを選んだ。

大学はセキュリティーも甘く、周囲に溶け込みやすい。

 

犯行予想時刻まで1時間を切っている。

各大学や、通勤の大学生をじっと見ている若者がいる。。。

 

1人目の大学生

厚生労働大臣(ママ)から着信があって、走り出す。

廊下に出ると、女性が銃をこちらに向けて立っている。

すかさず、大山が警棒を投げる。銃口の的が外れる。

格闘シーンがあって、大山が取り押える。

学生「なんだよお前、ママに言って死刑にしてやる

大山が睨む。

 

2人目の大学生

陸上のトラックを走っていて、走り終える。

ベンチに座っている女性が、バックから銃を取り出そうとし、樫井がすぐにバックを取り上げる。

ここでやめとけば、またチャンスがある。どうする。」

 

3人目の大学生

大学生が歩きながら電話をしている。わかりましたと言って、すぐに走り出す。

後ろにいた男も追いかける。

角を曲がると、吉永が立って銃口を構えている。

吉永「やめとけ、命を粗末にするな

男はカバンから銃を取り出そうとするが、すぐに吉永によって阻止される。

 

 

4人目の大学生

図書室で女性の大学生が本を読んでいる。

棚の間から男が見ている。

回り込んでカバンに手を入れている。

そこに田丸がいる。

銃を向けるが、瞬時に阻止される。

男「ちくしょう、ちくしょう」

 

5人目大学生

校内アナウンスが流れる。法学部4年の伍代慎司くん校内にいましたら、学生会館窓口までお越しください。

銃を持った男が歩いて近づいていく。

男「おい」

大学生振り返ると銃を持った男が、銃口を向けている。

男「この国の未来の為に」

引き金を引こうとした瞬間。

稲見がライトを付けて、目くらまししながら銃口を他へ向ける。

すぐに取り押えられる。

男が「あぁ~」と大声を出している。

稲見:大学生に、「念のため、応援が来るまでここにいていください。」

稲見は男に小声で言う。

お前が自由になった時、あいつがひどい人間だったらまた狙えばいい。

 

 

警察署に戻る。

取調室にて。

坂本「失敗したんだな、残念」

吉永が手錠をかける。

坂本:でも、またすぐに維新軍の活躍を見られるよ。

今の時代、誰でもテロリストになれるんだから。

平等は、あらゆる善の根源であり、極度の不平等はあらゆる悪の根源である。

僕たちはこの国の英雄なんだ。

 

ネット上に平成維新軍を褒めたたえる書き込みがたくさん出る。

書き込んだ名前は「saigo

 

予告

 

 

感想

スポンサーリンク

 

今回は、第3話で伏線を張っていた、平成維新軍が登場しました。

ハッカー集団?とも言えるテロ組織が謎に包まれていたので、まさかこんな若者の集団だったとはびっくりした。

もともとTruthTroopersという組織の前身とも言えるので、大山が当然ネックになってくると思ったが、やっぱりおいしいところを大山がもっていっていた!

昔も学生運動なんかがあったが、今回は形は違えど、思想の違いとかそういったことのなのでしょうか。

そして、最後に「saigo」という男の書き込みが何を意味するか、不気味に終わりましたね。

あとで、絶対何かに絡んでくると思いますが、気になりますね!

 

平成維新軍のsaigo西郷という男についての考察

感想でも、述べた通り「TruthTroopers」の前身である「平成維新軍」であるが、クライシスのメンバーである大山が昔入っていた組織だったという。

メンバーとしては、坂本、西郷、高杉、木戸、武市で大山は岡田というHNだったという。

現在、坂本と、大学生を襲った合計すると6人は逮捕されている。

大学生を襲った人物は川上と鶴岡という人物がいるが、明治維新の志士の名前ではない。

 

逮捕された後、西郷saigoだけは最後に書き込みがあったように、逮捕されていない。

書き込みの中で「志あるものは平成維新軍に参加せよ」と書き込んでいる。

っというか、平成維新軍で逮捕されたのは坂本だけということなのでしょう!?

だとすると、まだまだ、高杉や、木戸や、武市がいるではありませんか。

 

そして、坂本も「またすぐに維新軍の活躍が見られるよ」と言っている。

これから、またいろいろな事件に絡んでいくということでしょう!!

不謹慎ですが、楽しみです!!

 

ドラマCRISIS第三話の平成維新軍とTruthTroopersとの繋がりは?感想も

ドラマCRISIS第4話2人の男の正体と平成維新軍との関係は?感想や考察も

ドラマCRISIS第5話稲見の危険な潜入捜査でついに権力に逆らうのか

 

参考サイト

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレ

https://www.ktv.jp/crisis/index.html

 

 

スポンサーリンク

CRISISクライシス6話で鍛冶の本当の目的とは?あらすじとネタバレ感想

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!