なぜ日本の男女格差ランキングが114位になったのか?原因や解決策は?


みなさんこんにちは。

 

日本の男女格差ランキングが114位になったということをご存じでしょうか?

 

ぼくは全然知りませんでした。

 

男女格差ランキング自体よくわかってないので、その辺も調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

そもそも、男女格差とは?

 

世界経済フォーラムという政治や経済などの国際機関が「男女格差報告」というのを発表します。

 

145ヵ国が対象となっていて、前回は日本は103位だった。

 

そして、今回が114位。先進国の中ではだんとつに低いそうです。

 

この男女格差報告は「世界男女格差指数」というスコアにもとづいて男女格差ランキングが発表されます。

 

大きく分けると下記の4つの項目になります。

 

 

経済活動の参加と機会

 

◾労働力の男女比

◾類似の労働における賃金の男女格差

◾推定勤労所得の男女比

◾管理的職業従事者の男女比

◾専門・技術職の男女比

 

 

教育

 

◾識字率の男女比

◾初等教育就学率の男女比

◾中等教育就学率の男女比

◾高等教育就学率の男女比

 

 

政治的エンパワーメント

 

◾国会議員の男女比

◾閣僚の男女比

◾国家元首の在任年数の男女比(直近50年)

 

 

健康と生存

 

◾出生時の男女比

◾平均寿命の男女比

 

政治・経済・教育・健康の4つになります。

 

 

現在の男女格差ランキングは?

 

気になる他の国はどうでしょうか!!

 

世界男女格差ランキング2017

 

1位: アイスランド
2位: ノルウェー
3位: フィンランド
4位: ルワンダ

5位: スウェーデン
6位: ニカラグア
7位: スロベニア
8位: アイルランド
9位: ニュージーランド
10位: フィリピン

11位: フランス
12位: ドイツ
13位: ナミビア
14位: デンマーク
15位: イギリス

16位: カナダ
17位: ボリビア
18位: ブルガリア
19位: 南アフリカ
20位: ラトビア

21位: スイス
22位: ブルンジ
23位: バルバドス
24位: スペイン

25位: キューバ
26位: ベラルーシ
27位: バハマ
28位: リトアニア
29位: モザンビーク
30位: モルドバ

 

49位: アメリカ
71位: ロシア
100位: 中国
108位: インド
114位: 日本
118位: 韓国
 最下位(144位): イエメン

 

参照元:The Global Gender Gap Report 2017(PDF)

 

北欧系はやはり強いですね。日本と韓国はぶっちぎりの低い順位となっていますね(;´・ω・)

 

 

 

114位になった原因は?

 

スポンサーリンク

 

 

働いている女性が少ないのでは?と思うのですが、そういうわけばかりではないようです。

 

ネットを調べてみると、女性で事務職に就いている方が多く、そうなると勤続年数を重ねても賃金が頭打ちになってしまうので、そういった点では、男女格差が縮まっていないのではという意見。

 

大卒者が増えていけば、今後役員や重役に登用され、男女格差が縮まっていくのではと思われます。

 

 

 

4つの部門を見てみると

 

政治

123位 7.8点(前回10.3点)
女性議員がほとんど増えないし、女性の首相も出ていない。

 

経済

114位 58.0点(前回56.9点)
賃金格差など5項目すべてで点数がわずかに改善

 

教育

74位 99.1点(前回99.0点)
初等・中等教育は100点。高等教育で男女格差が縮まった。

 

健康

1位 98.0点(前回97.9点)
健康寿命と出生時の男女比で評価。1位は34ヵ国ある。

 

 

総合

114位 65.7点(66.0点)

http://www.asahi.com/articles/ASKC15VTCKC1UTIL03R.html?ref=amp_loginより引用

 

 

一番足を引っ張っているのは、明らかに政治の分野ですね。

 

女性議員に関しては

衆院で47人(10・1%)

参院で50人(20・7%)

 

地方議会も昨年末時点で12・6%という結果に終わっています。

 

最近は、女性政治家のスキャンダルもあって、政界が混乱しています。

 

その次が経済分野ですが、役職や企業家など男性に比べて少ないでしょうし、家庭に入ってしまう女性も多いので、格差としては広がっていっていると思われます。

 

 

 

解決策はあるのか?

 

 

海外では、候補者や議席の一定割合を女性に割り当てるクオータ制を導入する国もあり、女性議員が増加。カナダやフランス、ノルウェーなどは内閣が男女半々だ。

http://www.asahi.com/articles/ASKC15VTCKC1UTIL03R.html?ref=amp_login引用

 

クオーター制もいいのかもしれません。その方が、政界も大きく変わりそうですし!!

 

男性も積極的に産休や育休に入るようにしていかなければ・・・

 

しかしながら、完璧に仕事の割合が5:5となることもまた難しいのではと考えてしまいます。

 

男女の性質上、無理のない実質的な平等、格差是正に取り組んでいく必要があると痛感しています。

 

クオーター制などやっぱり、思い切ったことをしなければ、何も変わらないのかもしれませんね。

 

 

参考サイト

「世界男女格差ランキング2017」が発表される – 日本の順位がヤバすぎ……  ロケットニュース24

日本の男女格差114位に下落 「政治」123位に後退:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/amp/articles/ASKC15VTCKC1UTIL03R.html

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!