ネット上検索結果の性犯罪歴や逮捕歴の削除めぐり最高裁初の基準出す


はじめに

スポンサーリンク

今回インターネットに関することで、社会問題になっていることなのですが、検索サイトに記事の結果を削除するようにもとめたいう裁判がありました。

インターネットの情報は公共の利益になることも多いですし、性犯罪などの情報が危険を回避する為に分かったほうがいいことなどあり、社会問題になりました。法律的な部分でもグレーなところがありますので、記事にしてみました。

今回の裁判の経緯

児童買春・ポルノ禁止法違反罪で罰金刑を受けた男性が、検索サイトのグーグルに「逮捕歴に関する記事の検索結果を削除するようにもとめた」裁判が行われました。
最高裁はプライシーの保護が情報を公表する価値よりも「明らかに優越する場合」に限り、削除できるという判断を下したそうです。
つまり、削除に関しては厳しい条件を満たす必要があるということになります。

それは、いつでも安易な削除ができるということになれば、表現の自由というものを侵すということになるからです。インターネットから得られる情報は本当に便利ですが、なんでもかんでも削除の対象になっていたら、必要な情報が得られなかったり、再犯率の高いといわれる性犯罪者の情報や、危険を回避するために必要な情報などあれば、そういったものも偏ったものになっていく可能性もあります。

今までは各地の裁判所で判断が分かれていた削除基準に関して、一定のルールが示されたことに関しては大きな意味があります。安易に削除できないということが良いことなのか、悪いことなのかはケースバイケースなのかもしれないです。

それに対して「忘れられる権利」というものがあります。これはネット上に残り続ける個人情報の削除に求める権利になってきます。つまりそれは、更生の機会を奪ってしまう可能性もあるということになります。場合によっては祖父母や孫などの親族の情報までもが一生ついてまわるというようなことになってしまうかもしれないのです。

プライバシーの保護と知る権利の両方がどのようにあるべきかを考えていく必要がありそうですね。今回の判決では、検索結果の提供は表現行為としの側面が判断したということになります。削除を認めるかどうかは、検索結果を提供する利益とプライバシー保護を天秤にかけて比較して行われるということになります。

考慮のポイント

スポンサーリンク

記事の内容やプライバシー被害の程度などの6項目を挙げたそうです。今回のケースで言えば、男性が児童買春で逮捕されたという「社会的に強い非難の対象で、今もなお公共の利害に関する」ということで、削除を認めなかったということです。

確かに考えてみれば、犯罪の内容もさることながら、被害にあった方もいられるわけなので、その通りだと思います。今後も削除依頼や裁判になった際は、こうしたポイントを考慮して判断されていくことになりそうです。

まとめ

今回「ネット上検索結果の性犯罪歴や逮捕歴の削除めぐり最高裁初の基準出す」というテーマでしたが、公共の利益や知る権利とプライバシーの権利など法律が絡んでいますが、やはりこれ以上被害にあう人を出さないということが優先的になるという気がします。

本当に難しい問題なのですが、基準ができたことで分かりやすくなりましたし、最高裁の判断も個人的には納得できるものでしたが、みなさんはどうだったでしょうか。インターネットに関する法律はこれからまだまだ整えていく必要があると思います。提供する側も求める側も考えていく必要があるのかもしれません。

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!