12.22糸魚川大火1ヶ月経過までの動きと課題まとめ~糸魚川市大規模火災から見えたもの~


はじめに

スポンサーリンク

糸魚川市大規模火災は、(新潟県糸魚川市)2016年12月22日昼前に発生した大規模な火災ですね。みなさんも記憶に新しいと思いますが、22日の昼前に発生し、翌日の夕方の鎮火まで30時間も続いた火災です。30時間も燃え続ける火災とは、想像するだけでも恐ろしいですね。損傷範囲は糸魚川北側から日本海沿岸まで南北方向へ大きく広がったということです。

建物の焼損面積が33、000㎡を超えたために、消防庁が定義する「大火」となったそうです。大火という言葉、あまり聞いたことがないですよね、やはりその火事の規模の大きさを物語っているのでしょう。

糸魚川市大町にあるラーメン店にて、鍋の空焚きによって火災が発生し、商店街や雁木造など木造住宅の密集地であったことや、強い南風により北の日本海方向に延焼した。悪い条件が重なってこのような大きな災害に繋がっていったということですね。糸魚川の消防隊、消防団、近隣、県外の消防隊、次々と投入されていき、翌日には自衛隊も捜索救助活動を行ったといいます。

これらの情報を見ても、その規模の大きさを感じますね。それを踏まえて、1ヶ月経過までのうごきと課題をまとめていきたいと思います。

1ヶ月経過までの動き

2016年
12月22日 (当日)
ラーメン店から出火 119番通報
消防隊到着 → 第2出動発令 → 第3出動発令 第4出動発令
消防団を含む市内消防の全人員・全資器材を投入
最大瞬間風速24.2メートル
消火用水を要請し、ポンプ車やタンク車など到着する。
県内の消防本部が順次出動
大町の90世帯158人に避難勧告
新潟市消防が到着し、海水を直接引き込めるポンプ車など4台到着。
20:50鎮圧
23日16:30 鎮火
24日16:00 本町、大町の避難勧告解除
26日本町通りの通行止めを解除し、一部営業を開始。
29日ボランティア活動本格化し、思い出の品探しなど。
30日「風害」として災害者生活再建支援法の適用決まる。火災では初めて。

2017年
1月5日 避難所閉鎖。市営住宅などへ移る。
6日 私有地のがれき撤去はじまる。
11日 安倍首相被災地を訪問。
22日 火災発生より1ヶ月経過。

こうしてみると、火災の爪痕が今もなお残っている。想いで品探しやがれきの撤去など生活再建へ動きだしているが、まだまだこれからです。過去にも火災に見舞われた糸魚川でありますが、これからどのような課題が残るのでしょうか。

課題

スポンサーリンク

今回の大規模火災、たくさんの悪条件が重なったという不運もあるが、課題として残ったこともあるのではないでしょうか。らーめん店から出火した時は、炎がすでに換気扇にまで届いていた状態で、水をかけたくらいではどうにもならなかったという。

消防隊は勤務の最大限の車両と人員を投入した。到着時点で2、3軒に類焼していたという。消化は四方から火元に向かって消化するが、今回の場所は30軒の建物が隙間なく並んでいて基本的な消防体制がとれなかったという。

さらに強い風があり、火の粉が舞ったという。ヘリによる上空からの消化も検討したが、地上にいる人の安全や、隊員を一時退避させてまで効果があるかは疑問視された。消防水利は満たしていたが、消防水槽は1時間で水がなくなるのでミキサー車が徹夜で水を補給した。海水は壁や消波ブロックが邪魔で給水できなく、新潟市の消防隊の特殊なポンプ車がホースをつないで送水したという。

今回の大規模火災で、風向きや、飛び火する方向を警戒してどう消していくか給水の方法など課題になった。消防庁は有識者による検討会をつくり、今回の大火を踏まえた消防の在り方をまとめる方針だ。

まとめ

今回「12.22糸魚川大火1ヶ月経過までの動きと課題まとめ~糸魚川市大規模火災から見えたもの~」というテーマで書かせて頂いたが、まったくリスクのない状況ではなく、以前から懸念されていた状況の中で起こったということではないでしょうか。

結果論ではあるが、確かに昔の街並みを残し、古い建物を大切にしていくことも大切だがそういったことと、災害に対する対策をいかに共存させていくかが必要になってくると思う。すべてを作り変えるということではなく、どこまでできる範囲で対策をすることができるかが今後課題になってくるでしょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

参考文献 サイト

新潟日報新聞 http://www.niigata-nippo.co.jp/

Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

&nbsp

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!