過保護のカホコにイライラする?あらすじや感想と次回ネタバレ予測


みなさんこんにちは。

今回ご紹介するのは「過保護のカホコ第1話です!

 

主演のカホコを演じる高畑充希さんは、朝ドラ「とと姉ちゃん」やテレビCMでテンション高いキャリアウーマンを演じていることで人気の女優さんです。

 

「過保護のカホコ」では今までの作品とは違った、周囲からちやほやされて育った過保護の女子大生、カホコを演じます。

 

今回検索キーワードの中に「イライラする」というものがありましたが、なんとなーく分かる気がしますよね。

 

おっとりしてて、天然で、もう見てられない!って感じだと思うのですが!

 

さて、今回のドラマ作品は原作はなく、脚本は「家政婦のミタ」「GTO」「〇〇妻」で有名な遊川和彦さんが書き下ろしたオリジナル作品です。

 

遊川さんの作風といえば、ホームドラマらしからぬ現実問題や家族問題などシビアに扱ったものが多く、ただのハッピーエンドで終わらせないことで有名ですよね。

 

 「過保護のカホコ」も過保護な環境で育ったカホコが、自分の中に眠っていた本当の力に目覚めていくというストーリー。

 

高畑充希主演の過保護のカホコの主題歌は?原作や相手役キャストも

 

スポンサーリンク

 

 

「過保護のカホコ 第1話 あらすじ」

 

女子大生のカホコ(高畑充希)は、21歳にして朝起きるのも着ていく服を選ぶのもすべて母親にやってもらうような、超がつくほど過保護に育てられました。

 

そんなカホコを育てた母親、泉(黒木瞳)と父親(時任三郎)に加え、さらに親戚一同からも大切に大切に育て、カホコ自身もそんな自分の環境をおかしいとは思っていませんでした。

 

そんなカホコの前に将来画家志望の大学の同級生、初(竹内涼真)が現れます。

 

お前のような過保護な人間がいるから日本はだめなんだ」と強い非難を浴びせられた加穂子。今まで非難されたことがなかった加穂子はショックを受けます。

 

そんな中、正高の働く会社のコネで就職するつもりだったが不採用となった加穂子に対して泉は、花嫁修業をすればいいと言い放ちます。それに対してあっさり就活をやめてしまう加穂子。

 

だが、なんのために働くのかという初の問いに疑問を持った加穂子は初に聞きます。答えられなかった初は、自分のアルバイトを加穂子に押し付けます。

 

その日は加穂子の誕生日で泉と正高は加穂子の帰りを待っていました。押し付けられたとは知らず、はじめての労働を心の底から楽しむカホコ。

 

いじめるつもりで押し付けたのに、熱心に働き笑顔で働く加穂子の様子を見つめる初。一生懸命に働く様子に、初も仕事を手伝います。

 

結局深夜に仕事が終わり、ファミレスで食事をする二人。

 

いつもよりおいしく感じると不思議がる加穂子に、人はおいしいご飯を食べるために働くと伝える初。疲労で眠ってしまったカホコを見つめ、眠る彼女をデッサンし始めます。

 

ファミレスで目覚めたカホコは、傍らで眠る初が描き終えたデッサンを見つけます。その瞬間、カホコの中で大きく何かが輝き始める。

 

私、人を幸せにする仕事がしたい」過保護だったカホコの中で何かが大きく変わった瞬間でした。

 

 

過保護のカホコ1話の感想

 

1話を見終わって思ったのが、高畑充希さん演じたカホコのような女子大生は、実際いるのだろうか?

 

というものでした。カホコのような例はないかもしれませんが、程度はあれど過保護に育てられた人は多いのかもしれません。就職するまでに社会のルールを知らない人も多くいます。

 

働くこと=マイナスなイメージが強く根付いているかもしれません。ですが今回のカホコのように、働くことの意味を知るという点は、これから社会に出る人たちにはおすすめかもしれません。

 

さらに、両親ともに過保護な考えではなく、母親の泉がカホコに執拗に依存しているように思いました。父親の正高は、カホコを可愛いと思いつつ、過保護な今の生活に疑問を持ちながら泉に逆らえない腰の低い、典型的な奥さんの尻に敷かれる旦那さんでした。

 

働くことに目覚めた加穂子に対して、泉や正高がどういう行動をしていくのかも見ものです。

 

また、作品のナレーションを正高が、ほかの登場人物を動物にたとえ、そのたびに最近流行のアプリ「snow」のように登場人物の顔に動物の顔が加工されるのが面白かったです。

 

 

実際見ていてイライラしたか?

スポンサーリンク

 

 

個人的には、イライラというか、ちょっと見てられないな!っというところもありました。誕生日が3日間あるとか、家に帰ると子供のころのビデオを見ていたり、おっとりしていてすぐに騙されてしまうんじゃないかなとか・・・。

 

高畑充希さんが可愛いのもあると思うのですが、大丈夫かなって心配になってしまいました。そういった意味で言えば、イライラしたのかな?

 

そして、検索した人たちもイライラしてのでしょうね(^◇^)

 

 

第2話のストーリーの予測

 

第2話のストーリーでは、「人を幸せにするための仕事」がしたいと確信した加穂子は仕事を探し始めます。優しく見守る父・正高と、花嫁修業を強く進める母・泉。

 

理想の職場を見つけたいと、父親や親せきの職場見学をするカホコ。それぞれの会社をまわるが、ピンとくる仕事が見つからないで悩む。初めから勧められた職業の本を読むが、どの仕事も向いてないと思う。

 

そんなときに、加穂子の従妹のイトが天才的なチェロの才能を持ちながら、手首に痛みを感じていることを知る加穂子。

ウィーン留学のかかったコンクールを目の前に痛みを隠して練習をしているが、カホコには黙っててほしいと頼まれる。

 

カホコははじめてママに秘密をつくる。過剰なプレッシャーの中で、とうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが・・・。

 

予告ストーリーはここまで。

 

公式HP参照。

 

次回の予測ですが。

 

さて、カホコはイトのために何をするのでしょうか。予想では、カホコは心配で、イトのことを案じて親に手首のことを話すのではないでしょうか。

 

そして、演奏を止められる。イトは当然激怒してカホコを責めるのではないでしょうか。

そして、また考えさせられる。泉や、正高には慰められるが、何かがおかしく考える。

 

そして、自立することを考えるのではないでしょうか。さて、みなさんはどう考えますか?

自立とは何かを考え始める。

 

っとこんな感じに考えますが、みなさんはどう思いますか?

さて、次回に期待ですね!!

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

ドラマわにとかげぎす本田翼のブルゾンや可愛いシャツのブランドは?

 

わにとかげぎす最後に倒れていた男は誰?ドラマ最終回をネタバレ予測

 

参考サイト

 

過保護のカホコ 公式ページ

http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/chart/index.html

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!