過保護のカホコ主演の久保田紗友とは?2話の感想と次回ネタバレ予測


みなさんこんにちは。
今回は「過保護のカホコ」第2話についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

過保護のカホコ 第2話 ネタバレと感想

 

第1話で、自分のやりたいことが「人を幸せにする仕事」だと気づいた加穂子。
自分には何ができるのかと行動もとい迷走(?)を始める中、同級生、初を巻き込みながら自分にあった仕事探しを始めましたが、なかなか上手くいきません。

 

そんな中、従妹の糸(久保田紗友)がチェロの大会に出場間際、腕に痛みを感じてることに気づいた加穂子。誰にも言わないでほしいという糸の頼みどおり、黙ったまま大会が始まる。糸は演奏中、腕に激しい痛みを感じ救急車で運ばれます。チェロが弾けなくなるという診断を受けショックを受ける糸に、親戚一同は励まします。

 

明るく優しい糸の対応に対して、加穂子は糸のためを思って前向きな言葉を投げかけますが、これに対して糸が怒りを露にします。自分は今まで良い子を演じていたがすべて演技だということ、親戚たち以上にちやほやされて育った加穂子のことが大嫌いなことなど呆然とする加穂子に罵詈雑言のごとく悪意をぶつける糸。

 

生まれて初めて人の悪意に触れた加穂子は、初に「お前がやったことは正しいかどうかはわからない。でもお前がやったことは悪いことではないよ。どうしてもつらいときは泣くのが一番。」
真っ直ぐな初の言葉に加穂子は初の胸で泣き叫びます。

泣きつかれた加穂子をおぶって自宅まで送り届けたとき、泉と正弘に見つかってしまうのでした。

 

さて、第2話から波乱の展開でしたね。

第1話でやっと自分のやりたいことに気づき、今までの誰かの言いなりの人生から抜け出せたかと思いましたが、過保護から少し抜け出してすぐに、人の悪意というものに触れたのは加穂子にとって、とんでもない刺激だったと思います。
ここで落ち込まずに初に励まされたことが、今後の加穂子の成長に大きく影響したでしょう。

糸を立ち直らせることはできませんでしたが、加穂子のことを考えると今後も糸のために何かしでかす気はしますね。今後の糸との関係性も要チェックですね。

 

糸を演じる久保田紗友ってどんな人?

 

今回、加穂子に対して悪意を露骨に見せた糸を女優の久保田紗友さんが演じています。
今年17歳の彼女は過去にドラマ「神様のイタズラ」で主演に抜擢され、映画「僕は友達が少ない」「先生と迷い猫」にも出演し、現在は朝ドラ「ひよっこ」にも出演中の期待の女優さんです。

 

北川景子さんに憧れて芸能界に入り、今でも目標は北川景子さんのような女優さんになることらしいです。

 

どことなく雰囲気もクールな印象を受けますね。

 

そんな久保田紗友さん、加穂子の従妹で加穂子と違い天才的なチェロの才能を持っている役柄で、撮影中もチェロの練習を行っているようです。

 

性格は前向きでマイペースだそうで、今後はさまざまな役に挑戦していきたいという目標を持っています。

 

1話で観た糸の印象は、優しくて天才的なチェロの能力を持ちながら謙虚な美少女という感じでしたが、一方で過保護な親戚たちとちやほやされる加穂子を間近で見ながら育っていながら、素直な明るい性格なことに違和感を覚えました。

 

初もこんなことを言っていました。
「どんなに良い人でも心のどこかには嫌なところ、汚いところ、悪意があるんだよ。ない人間なんていない。」
私はなるほどと思いました。

 

いつもニコニコしている人間より、怒ったり泣いたり感情を素直に表現できる人のほうがはるかに魅力的で人間らしいということが分かりましたね。

 

チェロが弾けなくなったことで、初めて怒りを爆発させ泣きじゃくる糸を演じた久保田紗友さんの演技に引き込まれました。

 

また今後も久保田紗友の演技に注目していきたいですね。

 

次回のネタバレ予測

スポンサーリンク

 

 

第3話の見どころは何でしょう?

 

やはり、初が加穂子の両親と対面してしまうところではないでしょうか?
問題なのは正高ではなく泉でしょう。

 

今まで問題なく自分の下で素直で可愛く育った加穂子が、突然現れたどこの馬の骨とも分からない同級生の男にたぶらかされて、アルバイトをしたり夜中に家を飛び出したりしているのです。泉にとって初はとんでもない敵といえるでしょう。

 

初が加穂子をたぶらかしていると勘違いし、初とはもう二度と会うなと言う泉。
さらに、同じ芸術家志望の糸と初が仲良くなることにモヤモヤとした感情を持つ加穂子。

 

自分は初に恋をしていると知った加穂子は、ネットの情報を頼りに初にアプローチをしてみますが、初の好みのタイプが自分とは真逆だと知った加穂子は落ち込みます。

 

そして、糸が退院したお祝いに、親戚一同が集まりますが・・・。

 

予告はここで終わっていますが、おそらく加穂子に感情を表した糸が、親戚たちにも感情を露にしてしまうのではないでしょうか?
さらに加穂子が、今までのモヤモヤとした感情を泉や親戚たちにぶつけてしまうのではないでしょうか?

 

糸と加穂子が感情的になったことで親戚たちも動揺するはずです。
親戚たちの間で、なぜこうなってしまったのかと、責任転嫁が始まるかもしれませんね。

 

一方の加穂子は初への思いを断ち切れずに告白してしまうのではないかと予想しています。
そして糸も、意気投合した初に恋をして、三角関係が始まったら面白いですね。

 

まとめ

進展が早いように感じまずが、今後の加穂子が予想だにしない成長をとげていく様子は観ていてとても楽しみですね。

 

初とは恋愛関係になるのか、ならないのか?

そして過保護すぎる泉は、子離れできるのでしょうか?

 

第3話も見逃せませんね。

 

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

参考サイト

過保護のカホコ|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/

出典画像

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!