過保護のカホコ5話で麦野初(竹内涼真)の名言的な甘いセリフが話題に!


みなさんこんにちは。

今回は過保護のカホコ第5話についてお話しましょう。

 

前回までのあらすじは、初めて反抗したことで、泉と加穂子は冷戦状態。さらに初にあっさりふられてしまい落ち込む加穂子でしたが、父、正高の活躍?と加穂子の迷走?もあり、お互い気まずい関係になることもなく今ま通りのでこぼこコンビに戻りました。

 

 

 

ところがそんな正高の行動を当たり前に思い足蹴に扱った結果、とうとう正高を怒らせてしまい家出してしまいました。さて気になる第5話はどうなるのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

 

 

第5話あらすじネタバレ

 

 

家出した正高は実家に戻っていました。面倒なことは明日に持ち越す父自分の生活を嘆く母、さらにパソコン教室を開くつもりが、共同経営者にだまされ、多額の借金を負いつつも気にせず正高を邪魔者扱いする妹に囲まれ、肩身の狭い思いをしていました。

 

ですが、何があっても泉と加穂子が謝るまで帰るつもりはないと頑固な姿勢を貫いていました。

 

一方の加穂子は出て行った正高を心配していましたが、泉はまったくに気にしていません。正高にLINEで、とうとうお前は過保護だといわれてしまい考え込む加穂子。

 

絵の感性を磨くために一緒にいてくれと頼んだ初に相談します(初に絵のモデルを頼まれながら)。加穂子の話を聞いて呆れる初。

 

「すべての家族がお前のところみたいに幸せとは限らないんだぞ。」

 

大事に育った加穂子には初の言葉の意味が分かりませんでした。

 

 

 

アルバイトや就職のインターンに参加してみたらと初にアドバイスされた加穂子は、泉にも相談します。嫌がっていた泉も、花嫁修業もするからという加穂子の言葉にしぶしぶ賛成。ほとんど無理やり泉が手続きを完了させ、近所の児童館で働き始めます。

 

一生懸命働きますが、ドジで要領よく動けない加穂子は失敗ばかり。しかも泉が常に授業参観のように後ろで見ているため、失敗するたびに泉が出てきます。挙句に初日のうちに、あそこはだめだと言ってやめさせてしまいました。

 

落ち込む加穂子は叔母の環に相談しますが、仲の良かった夫の衛とけんかしたことが原因で喘息になり入院してしまいます。お互いを大事に思っているからこそけんかになるということを知った加穂子。

 

そんな時、姪のイトが補導されたことを聞きつけます。警察署でイトの母と父と一緒に待つ加穂子。イトは出会い系で知り合った男とホテルに入りそうになり口論になったとのこと。

 

イトはあんたたちなんか親なんかじゃない、自分がこうなったのもあんたたちのせいだ。」そう言い返し、一人で帰ってしまうイト。悲しむに何も言い返せない加穂子。

 

 

自分の大事な人たちが苦しんでいるのに、自分は何ができるだろう?

 

またしても初に相談しますが、自分の仕事もろくにできないやつが他人の心配なんかするなと怒られてしまいます。

 

 

落ち込む加穂子は、祖母、初代のところに行きました。大好きな初も大好きな親戚たちに何もできない自分が悔しいのです。

 

「私が何もできないのは私が過保護に育ったせいなの?」

 

落ち込む加穂子に、初代はあなたにもできることがあるわと伝え、初にお弁当を作ってあげることを提案する。お弁当を持って家を出る加穂子を見送ると初代は、泉に電話をかけます。

 

「もういいかげん子離れしなさい。」

 

その言葉に泉は何かを考え込んでいました。

 

一方、絶対に帰らないと頑固な正高は、それでも加穂子に会いたかったようで、毎日加穂子の写真を眺めていました。すると、なんと加穂子が正高の実家を訪ねてくるのです。

 

感激する正高に、もうわがまま言わないからもう家に帰ってきてとお願いする加穂子。

 

そう言うと、正高を置いてまた走り出します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

加穂子がやってきたのは初のアルバイト先でした。自分が作ったお弁当を差し出す加穂子。ところが、お弁当のおにぎりを見た途端、初の顔が曇りました。

 

父が幼くして死んで母が自分を育ててくれたこと、貧しいのにもかかわらず赤い絵の具を買ってくれたこと、ある日突然おにぎりと手紙だけを残して母が消えたこと、親戚たちから嫌われ施設に預けられたこと、自分を捨てた母親を見返すために画家になると誓ったこと、初の生い立ちにショックを受ける加穂子。

 

それでも空っぽの絵の具を持っている初。

 

「今でもそれを持ってるって事は、お母さんのことが忘れられないんじゃないの?」

 

加穂子の言葉を否定し、絵の具を川に投げ捨てる初。初が止めるのも聞かず、加穂子は川に入り絵の具を探します。

 

必死になって探す加穂子を見つめる初は、しばらくして川に入り加穂子を抱き上げ川から引き上げます。

 

 

加穂子の言うとおり家に帰ってきた正高は、加穂子のビデオを見ていた泉に謝ります。しばらく黙っていた泉は「私、加穂子に甘くしすぎたのかもしれない。」ともらします。

 

そのとき、初がずぶぬれの加穂子を連れてきます。泉にもう娘と会うなと言われて扉を閉めようとします。

 

その扉を手で止めて、それまで黙っていた初が口を開きます。

 

「娘さんと会えなくなるのは嫌です。お二人が娘さんを愛して大切にしている気持がよくわかりました。

すごく単純で素直なこいつが好きです。今はこんな格好なので改めて交際を申し込みにきます。」

 

驚く3人を残して初はその場を後にします。

 

「これからは自分のことは自分でする。もう過保護にしないで。」

 

泉にそう伝える加穂子。感激する正高に対して泉は「そう」と返事をすると、今度は泉が荷物をまとめてあっという間に出て行ってしまいます。泉は、唖然とする二人に何も言わず家出してしまいました。

 

第5話はここで終わりました。

 

 

 

カホコ覚醒?

 

 

 

1話から見てきた人ならお分かりでしょうが、5話にして加穂子が親離れした瞬間が見ることができた回でしたね。一人で起きられず、服も選べず、送り迎え当たり前、何をするのも両親頼みだった加穂子が、やっと一人で物事を判断し始めたのです。

 

物語も後半に突入しますがこれからは、親戚たちの問題、初の問題、もちろん加穂子自身の問題も、持ち前の単純さと素直さ、走りだしたらとまらない迷走ぶりで解決していくのではないでしょうか?

 

 

 

竹内涼真演じる初に全国の女性が悶絶

 

 

さて今回一番の見所はやはり初でしょう。川から加穂子を抱き上げるシーンも、黙って見つめる表情もドキドキでしたね。

さらに泉と正高に正々堂々と(?)交際宣言をするシーンは悶絶でした。

 

 

麦野初(竹内涼真)のその時のセリフは!?

 

初がずぶぬれの加穂子をと一緒に一緒に帰ってきます。

あなたといるとろくなことないわ!とすごい剣幕で、もう二度と会うなと言われて扉を思いきり閉めようとして

その扉をバンって受け止めます!手で止めます!それまで黙っていた初が口を開きます。

 

「娘さんと会えなくなるのは嫌です。お二人が娘さんを愛して大切にしている気持がよくわかりました。

すごく単純で素直なこいつが好きです。今はこんな格好なので改めて交際を申し込みにきます。」

 

これは本当に、名シーンでした!ぞくぞくしましたよ!

 

現代に生きる男たちが見習ってほしいその潔さと男らしさ。

 

両思いになったことですから6話以降もドキドキするようなシーンがあるのではないでしょうか?

 

これは、全国の女性ファンは一度は言われてみたいセリフでしょうね!

 

今年は、川からお姫様抱っこされた一言!?が流行るかも・・・

 

もしくは、扉を閉められそうになって、その扉を受け止めて、交際宣言!のような!

 

みなさんは、どうでしょうか?

 

 

 

第6話あらすじ予想

 

スポンサーリンク

 

 

両思いになった初と加穂子。

幸せいっぱいの加穂子ですが、泉が出て行ったため家事を今までやったことのない正高と加穂子が行うことで、家はめちゃくちゃになります。

初代の家に戻った泉を説得する正高ですが、なぜか泉の妹、環と節が夫婦ゲンカして転がり込んできたことで、うやむやにされてしまいます。

 

 

一方、加穂子の家でも夫婦ゲンカしてきた叔父たちと正高の父まで転がり込んでくる始末。

めちゃくちゃになった親戚たちに加穂子は・・。

 

 

予告はここで終わりますが、おそらく覚醒した加穂子がぐだぐだな愚痴だらけの親戚たちを一喝するのではないでしょうか?

もしくは、いつもの迷走で問題を解決に導こうとするのではないでしょうか?

そして初との関係も少しずつ進展するでしょう。

 

 

まとめ

 

 

 

過保護な生活から抜け出すことができたものの、見ている人たちの中にも同じような境遇の人たちもいるのではないでしょうか?加穂子ほどとは言いませんが、何かあったら親が出てくる、逆に親が何とかしてくれるという考えの人も中にはいるでしょう。

 

ですが、それで自分は成長できるのでしょうか?子供の頃はまだいいでしょう。ですが大人になり高齢になったとき自分の親が元気に顕在しているとは限りません。元気なうちに子離れ、親離れしていかないと、いざ一人で何かしなければならないとき困るのは自分です。

 

加穂子の「これからは自分のことは自分でする。」という言葉の中には両親のことは大好きだけど、一人でも大丈夫なところを見せて生きたいという願いがこめられているのではないでしょうか?

 

今後の加穂子の成長もきたいできますね。次回もお楽しみに。

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

参考URL

過保護のカホコ|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/index.html

 

竹内涼真さんの公式ツイッター!!

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!