過保護のカホコ7話で初と加穂子がもう失恋か?次回あらすじ予想


みなさんこんにちは。

今回は過保護のカホコ7話についてお話しましょう。

 

前回までのあらすじです。

 

過保護を卒業すると宣言した加穂子。それを聞いた泉は実家に帰ってしまいます。自分で何でもすると決めた加穂子が家の中の仕事を始めますが、上手くいかず家の中はめちゃくちゃになってしまいます。

 

正高は、泉を説得しようとしますが環や節も夫とけんかをして実家に戻ってきていてそれどころでは有りません。めちゃくちゃになった加穂子の家にも妻とけんかした衛たちもやってきます。

 

泉の実家では妻たちの、加穂子の家では夫たちだけの集まりができてしまいもうめちゃくちゃです。

 

夫たち特有の妻に立ちする文句を聞いていた加穂子は激怒強制的に夫たちを妻たちのところに連れてきたのです。

 

昔話をする泉たちの話を聞いて、泉がどれだけ加穂子を愛しているか知った加穂子。

 

泉に謝り、これからも愛していると告げた加穂子。

 

無事、付き合うことになった初にも「大好きだよ、加穂子。」と言われうれしくなる加穂子。

 

家に帰ってきた泉は、これからは何でも自分でやるように告げます。

 

迷惑をかけた初代の家に行った加穂子は、そこで初代が余命いくばくもないことを聞いてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

さあ今回はどんなお話でしょう?

 

7話あらすじネタバレ

 

初代から余命わずかだと聞いた加穂子。悲しみにくれる加穂子に、みんなには黙っていてほしいと告げる初代。

 

初には初代のことを話しますが、泉や親戚たちに言わなくていいのだろうかと悩みます。

 

初代は、病院ではなく家で最後を迎えたいことを告げ、さらに家族全員が幸せになることを望んでいました。そして毎年行うイトの誕生日パーティを今年も行いたいと加穂子に伝えました。

 

初代のために誕生日パーティの準備をしようと意気込む加穂子でしたが、すっかりグレてしまったイトはほとんど家に帰らず、ガラの悪い連中と付き合うようになっていて加穂子の話など聞く耳を持ちません。

 

ようやく話ができてもイトは「私は、あんたのことも親戚連中のことも嫌いだし、家族だなんて思ったこと一度もない。」

 

そう突き放されてしまいました。泉や正高に相談してもあきらめろと言われ、イトの両親である節までもう、イトのことをあきらめていた。

 

さらに、叔母の環まで誕生日会に行かないと言い出し、喘息が悪化したのかと心配した加穂子。ところが、環が加穂子に話したのは信じられないことでした

 

環は衝動的に万引きをしてしまう盗癖があり、それがきっかけで衛と出会ったこと、いままでこらえていたのにその癖がまたしても出てきてしまい、みんなに合わせる顔がないこと、環の告白に絶句する加穂子。

 

それでも初代のいつも笑っていてという言葉通り、つらいことも隠して無理やり笑顔を作る日を送っていました。

 

ある日、借金を抱えて音信普通だった正高の妹、教子が見知らぬ男の子を連れて帰ってきます。親がいない子なのか懐いて付いてきてしまったという教子。

 

さらに問題を抱えて困惑する正高は父の正興にどうするか聞きますがいつもどおり明日な、と能天気。いつもの態度に加穂子が激怒します。

 

「明日、明日ってそれじゃ何にも変わらないよ。明日がない人だっているんだよ。もう明日は聞きたくないよ。」そう叫ぶと加穂子は家を飛び出します。

 

加穂子はまたしてもイトと不良たちがいるバッティングセンターに訪れました。どうしても誕生日会に出てほしいと必死で頭を下げる加穂子を馬鹿にするイトたち。

 

イトは冗談でホームランを打ったら言ってやってもいいと言うと加穂子は承諾しました。野球などやったことない加穂子は空振りばかりで、イトたちは馬鹿にして加穂子を置き去りにしていってしまいました。

 

不良たちと遊んでいてもどこか寂びし気なイトをデートに行こうと誘う初。加穂子は何度も空振りを繰り返しましたがあきらめず、正高を電話で呼び野球を教えてほしいと頼んでいました。

 

その頃、初代の家では初代がイトの誕生日会の料理を作っていました。しばらくして泉も準備に駆けつけ、節や環たちもやってきました。

 

中止だと思われていましたが、加穂子の必死の説得により親戚一同がまた集まったのです。そしてイトをデートに誘った初は、イトを初代の家に連れてきました。

 

怒って帰ろうとするイトに初は、自分がどれだけ恵まれているかが分かっていないと伝えます。同じ頃、加穂子が小さな人形を持って現れます。

 

ホームランは出せなかったものの徹夜でバッティングしてどうにか景品の人形を手にしたことを伝える加穂子。初の説得と加穂子の熱意に負けたイトは、渋々誕生日会に参加します。

 

活躍した初も含んで、誕生日会は始まりました。無愛想なイトもいて、いつもよりぎこちない空気の誕生日会です。

 

突然、泉が初に加穂子と結婚する前提の話を始めたことがきっかけで、親戚夫婦の口げんかが始まってしまいます。

 

その空気を紛らわせるために初代がイトに将来のために貯金した通帳をプレゼントとして渡します。

 

ところがイトは鼻で馬鹿にしたように笑い、家族だと思ったことはないと罵声を浴びせます。そこから空気は最悪です。親戚同士で大げんかが始まり、挙句に止めようとした正高はえらそうだと言われ、果ては、加穂子のことまで大きなお世話だといわれる始末。

 

誕生日会はめちゃくちゃです。加穂子の中で何かが壊れます。「みんなのこと大好きなはずなのに、今はみんなのこと大嫌い。」そう言って家を飛び出す加穂子を追う初。

 

それを見た初代はたまりかねて、親戚たちにすべてを話すのでした。

 

家を出て行った加穂子を呼び止める初。なんとか励ましていた初に加穂子はこんな言葉をぶつけます。

 

家族のいない初くんに、私の気持ちなんか分からないよ。

 

その言葉に初の心は凍りつきます。

 

「俺たち、別れよう。」

 

初の言葉に加穂子は初に背を向けてしまいました。

 

7話はここで終わりました。

 

二人はもう失恋か?

 

前回やっと両思いになり付き合うことになった初と加穂子でしたが、今回なんと別れてしまいます。

展開が速いと思われた方が多いでしょう。

 

私もそう思います。

 

でも、付き合いたてのカップルにしてはやることが特殊ですよね。まず初めてのデートだというのに、初を連れ出したのが、イトの家です。

 

そこでいつ帰るか分からないイトを待つという行動に付き合わせようとした加穂子結局、二人ではイトが怒ると思い、呼び出した初を帰らせるのです)。

 

さらに、二人っきりでいても甘い空気なんて皆無。大体が加穂子の家族と親戚の悩みを初に聞いてもらうだけ

 

普通のカップルならやってられませんよね。でもそこがでこぼこコンビです。初くんがよくできた男ですね。

 

必要以上に悩む加穂子といつも励ます初は、お似合いのカップルだったのかもしれません。

 

何より、今まで初が黙っていた母親の思いも加穂子にだけは心を許しているからこそ話せたことでしょう。

 

そんな二人が家族のことで別れてしまうなんてことありえませんよね。きっと次回またでこぼこコンビが見ることができることを期待してます。

 

次回あらすじ予想

 

スポンサーリンク

 

親戚たちは初代の告白を受けて今後のことを話し合うも、みんな自分のことばかりで結果的にいつもけんかになってしまいます。

 

加穂子は初と別れ、婚活にいそしみますが初のことが頭から離れず、婚活は惨敗

 

さらに初代に料理を教えてもらうも、初めのことが忘れられないのだろうといわれてしまいます。

 

やはり初代のことを相談したい加穂子ですが、連絡できず・・。

 

そんなとき教子についてきた男の子が養護施設の子だと知り、一緒に連れて行くことになった加穂子。そこで見た絵が、幼き日の初が描いたものだと直感的に気づき・・・。

 

予告はここで終わりました。

 

おそらくそこでいつもの加穂子のひらめきと迷走により、初めの元へ走っていくのではないでしょうか?

 

そして予告動画にあったように、結婚の約束をするのではないでしょうか

 

まとめ

 

1話から振り返ってみると加穂子の成長っぷりにみなさん感動しているのではないでしょうか?

 

初代の余命間近の告白により、親戚一同大騒ぎになりましたが、この一連の動きは一般家庭でも良く見られる光景なのではないでしょうか?

 

いつもは冷静な大人たちでも、身内の死が絡むと遺産だの今後の生活だのと、子供には聞かせたくないような話を平気でしてきますから。

 

子供には関係ないと言っている大人へ。子供はしっかり見ていますよ

 

おそらく加穂子も誕生日会で初めてそんな親戚たちを目の当たりにして激怒したのでしょう。来週は親戚たちの結束に力を入れてほしいですね。

 

次回もお楽しみに。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!