過保護のカホコ9話でばあばの死に視聴者が涙で最終回あらすじ予想


 

みなさんこんにちは。

今回は過保護のカホコ第9話についてお話しましょう。

 

前回までのあらすじ

 

過保護な生活から脱した加穂子。

画家を目指す初と両思いになり幸せになったのもつかの間、親戚夫婦の不仲や姪のイトが不良になってしまったこと、さらに祖母の初代が余命いくばくもないことが分かります。

 

なんとか初代の望む仲のいい家族に戻ってほしいと全力の加穂子とはうらはらに自体は悪くなるばかり。

初の本当の母親に会うことができ、結婚することを誓った二人は泉に「全力で反対する。」と言われます。

 

そのとき初代が倒れたとの連絡が入ったのでした。

 

スポンサーリンク

 

 

 

第9話あらすじネタバレ

 

初代が倒れ病院で意識不明の状態が続き、泉と正高は病院で付きっ切りの状態になります。

加穂子が初に相談すると、こういうときこそいつもの明るく前向きなお前でいるんだと言われた加穂子は、病院に向かいます。

 

 

すでに節や環、祖父の福士もいる中で加穂子は初と結婚すると発表しますが、初代のことやそれぞれの家庭の問題のせいでみんなそれどころじゃありません。

泉にも「本気で結婚する気なら、親子の縁を切るわ。」と断言されてしまいあっけにとられる加穂子。

 

 

また、叔母の環と衛が夫婦喧嘩の末、離婚することを聞きつけた加穂子は市役所で酒を煽る衛になんとか離婚を思いとどまらせますが、衛の耳には届かずあっさりと離婚届を提出してしまいました。

 

 

一方で初から連絡を受け節たちの家に行くとなんと、イトが大事にしていたチェロを売り払って不良仲間と家出をすると言うのです。

 

なんとか説得を試みますが説得むなしくイトは不良たちの車に乗り込んでしまうのです。ところが節と厚志が車の前に立ちふさがりイトを説得します。涙をこらえつつもイトはそのまま行ってしまうのです。

 

 

自分には何もできないと落ち込む加穂子を慰める初。そのとき、正高から教子がまた何か問題を起こしたと聞きつけます。

 

正高の実家に行くと、以前養護施設から抜け出してきたタモツ少年と、その連れの子供たちがいるのです。

教子が言うに、施設でも居場所がなく孤立しているところに声をかけたら付いてきてしまったとのこと。

 

呆れる正高に対して、加穂子は何かをひらめきます。孤立するこども、居場所がない子供たちのための施設を作ること。

 

 

教子が開こうと思っていたパソコン教室を施設の場所に使い、正興の教員免許、多恵の調理師免許を利用して施設を開こうという話に花が咲きます。

ようやく加穂子のやりたいことが見つかったのです。

 

 

初代のお見舞いに行くと、なんと初代が目を覚まします。酸素マスクをはずし、か細い声で「家に帰りたい。」という初代。

その声に答え、初代を家に連れて返ります。

 

 

寝たきりで意識も朦朧とする初代をかいがいしく介護する泉を、妹である節と環は白々しく見ています

またしてもけんかになってしまった3姉妹の声を聞きながら、初代は加穂子を呼び何事かを耳打ちします。

 

 

加穂子が二階から持ってきた箱を囲む3人。中には3姉妹の子供の頃のおもちゃやへその緒、日記などが出てきました。初代の宝物が詰まったその中には、3姉妹への愛が詰まっていました。

 

 

けんかなど忘れて、昔話に花を咲かせる3姉妹を初代は優しく眺めていました。3人をベッドまで呼び、一人ひとりに今までの思いを伝える初代。泉には加穂子なら大丈夫という言葉を伝えます。

 

 

一人離れて台所でおにぎりを握る加穂子はもう涙を見せず、黙々とおにぎりを握っていました。

 

そして家族と親戚みんなが集まる中、初代は息を引き取りました。

 

 

初代がなくなってもなお現実を受け止められない福士に、加穂子が初代に会ってと伝えます。福士は、初代の顔を見つめ涙を流しながら生きていた頃にはいえなかった感謝の言葉を伝えました。

 

 

初と加穂子は初のアトリエに行きます。

初は加穂子を元気付けようとしますが、最愛の祖母を亡くしたダメージは大きく、急に悲観的になる加穂子。

 

 

すると初は急に電気を消し辺りは真っ暗になります。

どこ行った?加穂子。

 

明らかに初に加穂子は見えているはずなのに、周りをきょろきょろと探し始める初。

あわてて初の手をとる加穂子。すると初は振り返って言います。

 

 

俺が探しているのは、俺が知ってる加穂子だ

 

いつも全力で、まっすぐで、絶対にあきらめない加穂子だ。」

 

 

初の言葉に元気付けられ二人は手を取り合うのでした。

 

 

ばあばの死に視聴者涙

 

1話から加穂子のことを優しく見守り、励ましてくれた初代の死にテレビの前で涙を流した人もいるでしょう。(実際私は嗚咽まで漏らしました。)

 

身内の死というものはいずれはめぐってくるものです。それは突然やってくることが多いでしょう。

 

いつものように元気だったはずなのに、突然・・・なんてことが日常的に起こります。

 

家族に見守られ大好きな家で息を引き取った初代はきっと幸せな気持ちだったと信じています。

 

そして一番の見所だった初が描いた絵を初代に見せるシーン。

 

 

加穂子を中心に家族、親戚たちが笑顔でいる絵でした。十分素敵に思いましたが、初代の言葉が印象に残っています。

 

 

この絵はだめね。だってあなた(初)がいないじゃない。」このとき初代はもう初のことを家族だと認めていたのでしょう。

 

 

ついに加穂子が羽ばたく?

 

毎回ドラマが始まるときのオープニングでも話題だった過保護のカホコ。

 

回を重ねるごとに、赤ちゃん→小学生→高校生・・・スーツ姿の大人にどんどん成長していく様子が面白かったですね。

 

そして第9話ではとうとう白い布に包まれた姿、これはさなぎをイメージしていたのではないでしょうか?

 

次回の最終回ではさなぎから何になるのかが楽しみですね。

 

次回あらすじ予想

スポンサーリンク

 

 

初代亡き後、つらいときこそ結婚すべきだという初の言葉に後押しされて、加穂子は泉と正高に結婚を認めてもらえるように頑張ると宣言。

 

同じ頃、初代を失った悲しみから、家から姿を消してしまう。衛に協力してもらい福士を探すが見つからず・・・。

 

加穂子が「二人の思い出の場所」といえば家しかないと考え、家に戻ると福士が隅で小さくなっているのを見つけます。初代を幸せにできなかったと悲しむ福士に加穂子は初代から聞いた話を始め・・・。

 

離婚してギクシャクした関係の衛と環に、「今の自分たちを信じて。」と伝える加穂子。

 

そしてチェロを売り払おうとするイトからチェロを奪い逃げる加穂子。自分がチェロを買いとり、必要になったら返すと説得する加穂子。どんなに離れても、家族との糸は切れないと話す加穂子に呆れながらもチェロを受け取るイト。

 

子供たちのための施設を作ると頑張る根本一家だが、まだ教子の借金の問題が残っていました。加穂子は、自分の貯金で借金を返す代わりに、自分が保育士の資格を持ったら、施設で働かせてほしいと伝えます。

 

家族の問題が解決したとき、結婚式を挙げるべきだと正興と多恵に後押しされ、加穂子と初は改めて結婚を認めてもらおうとします・・・。

 

そして、泉の同意を得られないまま結婚式が始まり・・・。

 

 

予告はここで終わりました。

最終回も目前、泉田だけがかたくなに結婚を認めませんが、加穂子の思いが伝わり泉も結婚を認めてくれることでしょう。

 

そして夢がかなって、加穂子は子供たちに愛される自立した女性になっているはずです。

 

まとめ

 

過保護のカホコというタイトルの子のドラマを見ている視聴者の中にも、自分は過保護だと気づいている方、もしくはこれって当たり前じゃないの?と思っている方もいるはずです。

 

ですが、加穂子の成長とともにこれじゃだめだと感じて自立したいと感じている方も中に入るかもしれません。

 

もちろん親心で見ていた方も多いでしょう。

 

親子で楽しめる内容でしたが、いつも全力な加穂子に励まされることも多かったと思います。

 

次回とうとう最終回です。

お楽しみに。

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!