AGA改善を目指して発毛剤育毛剤を使わずに髪の毛を増やす生活習慣のまとめ


はじめに
みなさんこんにちは。今日もこのページを見てくださってありがとうございます。
今回のテーマは髪の毛を増やすということですが、このテーマを取り上げた理由は何を隠そう自分自身が薄毛だからです。自分の育毛の為にも、調べてまとめる必要がありました(-_-;)

昨今、育毛剤、発毛剤やAGA治療などいろいろな言葉が流行っていますが、そういった治療法は一時的には髪の毛が生えてくることもありますが、高額だったり、その場しのぎの治療だったりと言われています。

薬を使わず、生活習慣から脱毛を防ぎ、髪の毛を増やしていければ、長期的に見ても身体的、精神的にも一番いいわけですでの、お勧めします。基本的には、体に良いことが髪の毛にもいいということです。食事や運動、睡眠などの生活習慣を整えることで育毛を実践していきましょう。

スポンサーリンク

髪の毛に効果のある食べ物

みかん
血管の拡張効果があり、栄養が頭皮までスムーズに届くと言われています。
みかんの皮には頭皮を柔らかくし、毛細血管を増やす成分が含まれるため、
みかんの皮を焼酎に漬け込むだけの簡単無添加の育毛剤を使っている方もいます。

ナッツ類
亜鉛が含まれています。
亜鉛がないとタンパク質が髪に変わらないので、必要になってきます。大豆製品ではタンパク質を摂取できますのでなるべく無塩、無添加のものをお勧めします。

ピーナッツには毛母細胞の働きを活発にする作用があります。

毛母細胞とは薄毛改善の鍵になるもので、頭皮の表面、表皮の下にあり、この皮膚の見えない層に根本部分があります。毛母細胞が髪をつくっているそうです。

黒ゴマもナイアシンや鉄分など多く含まれています。頭皮の結構を促進する効果があります。


タンパク質も豊富で、髪に必要なミネラルも含まれています。
ごはんにかけたりするようにしましょう。

唐辛子
血行を促進するカプサイシンが含まれているので、抜け毛や発毛に効果があるとされています。キムチなどでとれば食べやすいですね。
キムチは発酵食品なので、腸内環境を整えるのにも効果があります。

カプサイシンは大豆イソフラボンと一緒に取ると、IGF-1という成長因子が増えて発毛促進効果が得られます。

豆腐や納豆には髪の毛の原料のタンパク質が含まれています。キムチと一緒に食べると効果的かと思います。

海藻類
ワカメ、めかぶ、もずく、海苔、昆布などの海藻類にフコイダン成分には発毛促進効果があると言われています。
味噌汁の豆腐とワカメはいい組み合わせですね。

コラーゲン
コラーゲンの不足で頭皮が硬くなるそうです。
コラーゲンを多く含む食材は、豚バラ肉、手羽先、鳥の皮、魚の皮、エビ、カレイ、ゼリー、プリンなど高カロリーなものも多いので注意してください。脂質の多いものはあまりとらないほうがいいです。少しずつならいいと思いますが、一度にたくさんとると栄養バランスが悪くなるので注意してください。

野菜と果物
ビタミン・ミネラル・食物繊維の三大栄養素は糖質や脂質やタンパク質の働きを高めてくれます。
ですが、多くのビタミンやミネラルは体内で作ることができないので、少量でいいので野菜と果物からとりましょう。

胃腸や腸内環境を整えて、発毛環境を促進しましょう。
胃腸が弱い人に薄毛やハゲの方が多いそうで、有効成分を摂っても吸収できないので、胃腸を整えていくことが重要です。

腸内環境を整えるには、発酵食品をとり、ストレスをためない、運動するなどがあります。

肉を食べすぎないこと
脂の多い肉を食べすぎると消化に時間が掛かりますので、減らすことで胃腸の調子が良くなり、食事の吸収率がアップします。
たまにならいいと思いますが、食べすぎないように注意してください。

食事の組み合わせ
午前中はフルーツのみを食べ、昼食と夕食は野菜とタンパク質という組み合わせにすると胃腸の調子が良くなります。

フルーツの組み合わせ的には、基本単品の方がいいと思いますが、リンゴとバナナなどの組み合わせはいいと思いますが。

ぼくは、低速ジューサーを使って朝は野菜ジュースか果物ジュースのみを飲むようにしてます。ジューサーを使うメリットは、たくさん摂取できることと、吸収率が3倍になるとのことなので。野菜と果物を混ぜるのは消化的にはあまり良くないようです。ぼくの使っているジューサーを紹介します。よかったら使ってみてください。

ヒューロムジューサーはとても使いやすいですので、よかったらどうぞ。低速ジューサーなら他の物でもいいと思います。
健康に対することは自己投資は重要だとぼくは考えているのでこれを買いました。

お勧めは朝食はフルーツ、昼食ご飯と野菜、夕食は魚と野菜の組み合わせが理想です。

飲み物
アルコールやお茶、コーヒーの量はできるだけ減らします。ミネラルウォーターは多くとるようにしましょう。ぼくは朝起きてミネラルウォーターを500ml飲むようにしてます。

胃腸の調子がよくなると体が軽くなって、栄養も周り、頭皮にもいいというわけです。

一週間でも胃腸の調子に変化がでますので、行ってみてください。

生え際・頭頂部に効く食事
毎日4種類以上の野菜
脂質の少ないタンパク質
リコピン、亜鉛、ビタミンDを摂取する

大豆製品と野菜を多く摂取しましょう。

運動をする
毛母細胞を活発にするには、栄養を運んでくれる結構を良くすることです。頭皮まで血液を送れるように日頃から運動し、体全体の筋肉を活性化し、代謝をよくすることを心がけましょう。運動といっても、散歩や体操でもいいのです。毎日やっていることが積み重ねになります。

頭皮の血行を促進するために頭皮マッサージをしましょう。
耳のあたりまでは太い血管が通っているので、細い血管しかない頭頂部や前頭部に血液を送るイメージでマッサージしましょう。

睡眠
人は寝ている時に成長ホルモンが分泌され、体の再生や、血液の循環も行われると言われています。特に睡眠のゴールデンタイムと言われる22時~2時は眠った方がいいです。人にとって、一番眠っていることが自然な時間になりますので。

スポンサーリンク

まとめ
今回髪の毛の増えるにはというテーマでしたが、やはり体に良い習慣が頭にもいいという結果になりました。
野菜を多くとる、肉を減らす、適度な運動、睡眠をとるということになりますね。薬は体に良いものではないので、どうしても取れない栄養はサプリで摂るのもありかもしれません。ですが、こういった生活習慣を整えるだけで、髪の毛も身体的にも、内面的にも変化をもたらすでしょう。急激な変化ではなく、少しずつ改善していくという心構えが大切なのではないでしょうか。

ここまで見てくださってありがとうございます。参考になれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!