乾電池の液もれでバネや金属が錆びたら?サビの除去でおもちゃが復活?


 

スポンサーリンク

 

充電いらず。交換するだけ。の手軽さで、様々な家電、おもちゃなどで利用される乾電池

 

便利な反面危険な面も知っておかないといけません。もし”液漏れ”してしまったら!?もしくは”液漏れ”って何!?という、場合はぜひ、電池の事知っておいてください。

 

乾電池の液もれについて

 

 乾電池の液漏れについては、調べてみると”アルカリ電池”に多いようです。

 

内部で発電中にたまったガスにより、乾電池本体が破裂するのを防ぐため、一定の圧力に達したら、乾電池自体がガスを逃がすために、開く仕組みになっています。

そしてそれと同時に電解液が出てくるのが液漏れです。

 

液漏れと言っても”液体”が出てくるわけではなく、青白い粉が散乱し、それも気づかずに放置しておくと、電化製品や、おもちゃ自体がサビてしまうので、早期発見が大切です。

 

特に長期使っていないおもちゃや、リモコンなど、電池が入りっぱなしになっている物はチェックしてみてください。経年劣化によっても液漏れは起こりやすくなります。

 

乾電池を入れていたバネや金属がさびる?

 

 アルカリ電池が液漏れした場合、液漏れを早期発見できれば、液体状のため、電池と接触している部分は錆びていきます。

 

ただ、電解液は酸素に触れると、化学反応を起こし粉状になるので、たぶん見つけた時にはすでに粉状になっていることが多いと思います。

 

接触部分がさびてしまうと、故障の原因にもなるので、丁寧にサビを早急に取り除く必要があります。サビが残っていると、元気な部分に侵食していくので気をつけましょう。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 サビをとればおもちゃや機器が復活する?

 

 思い入れのあるおもちゃ、今はもう売られていないリモコンなど、買い替えが難しく使い続けたい場合もあります。

 

そんな時は目の細かいやすりなどで、きれいにサビを落とせば、再び使用できる可能性がありますが、あくまでも自己責任で行ってください。

 

もしくは”おもちゃの病院”や古い家電を直す”専門科”にお願いするのが、安全に素早く復活させる手段かもしれません。

 

個人で復活させている方はどのように頑張っていらっしゃるんでしょうか。Twitterからの声を拾ってみます。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 やはり皆さん、思い入れのある物が液漏れでダメになっていらっしゃいますが、その思い入れでサビをきれいに落とし、見事復活させていらっしゃいますね。

 

一応、そういったグッズもありました。

 

錆落とし

呉工業(クレ) サビ取りクリーナー1042 1本(150g)

 

知恵袋には、KURE CRC5-56をかけて、やすりをかけてみたら?なんてコメントもありましたが、やってみる価値はありそうですね。

 

呉工業 KURE CRC5-56 320ml【1twe】

 

サビがひどい時は、銅板を乙の形にしたら通電したとう話も。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

・乾電池の液漏れは電解液の仕業 

 

・液漏れでサビてしまうのは、粉状の前、電解液は液体だから

 

・サビも思い入れの力で落とせば復活できる 

 

子供の時大切に遊んでいたおもちゃ。でも、電池を入れっぱなしで液漏れして、おもちゃが壊れてしまった。

 

でも、我が子にも遊ばせたい。自分ももう一度。と言う場合は、ぜひ思い出の分だけ頑張っておもちゃをなおしてあげてくださいね。

 

関連記事

 

乾電池の液もれの原因や処理の仕方は?手についたら害なのか怖いので調べた

 

参考サイト

名称:にほんのいろは

 

ライターHさん執筆