貴族探偵6話切子は亡霊で1年前の事故の真相?ネタバレ感想とあらすじ


貴族探偵第6話になりました。今回は桜川家の婿候補の殺人事件の後編で、続きになります!

金山に毒を盛ったのは誰か、他の3人を密室で殺したのは誰か?

トリックはどうなのかなど、楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

貴族探偵(相葉雅紀)高徳愛香(武井咲)が立会人となった桜川家、婿選びの儀式で、凄惨な連続殺人が起きてしまった。

儀式は桜川家当主、鷹亮(竜雷太)の孫娘、弥生(北香那)の婿を決めるもの莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた。

 事件は、婿の第一候補となった金山俊市(忍成修吾)が毒を盛られて病院に運ばれたことを皮切りに始まった。そして、その夜別棟に宿泊していた他の婿候補3人が次々に殺されてしまう。しかも、彼らが宿泊していた別棟は密室状態だった…。

警察の捜査が始まる中、弥生の従姉妹、豊郷皐月(加藤あい)が彼女の身を案じる。それ以上に弥生を案じていそうなのが、桜川家の使用人、愛知川友也(白洲迅)。

友也は足を引きずりながら弥生に寄り添っている。愛香が皐月に尋ねると、友也の足は名誉の負傷だと話した。友也は、幼い時に弥生を助けるために大怪我を負ってしまったらしい。

 鷹亮の書斎に呼ばれた愛香は、改めて事件の捜査を依頼された。愛香は事件の真相を解いたら貴族探偵の正体を教えてもらうことを条件に引き受ける。だが、鷹亮は貴族探偵にも捜査を依頼していた。

 愛香が鼻形雷雨(生瀬勝久)と天幕に行くと、貴族探偵は婿候補3人の殺害事件それぞれを、佐藤(滝藤賢一)田中(中山美穂)山本(松重豊)別々に調べさせると言う。呆れる愛香は、独自に捜査を進めて事件の犯人を割り出すのだが…。

ストーリー第6話 | 貴族探偵 | オフィシャルページ - フジテレビ

http://www.fujitv.co.jp/kizoku/story/story_06.html

 

あらすじ続き(ネタバレ)

 

愛香の推理がはじまる。

 

お嬢様は使用人の友也に想いを寄せていた。

自分の為に人生を投げうった友弥を裏切るなんてできない。

女性一人で、男性三人を殺すのは不可能。

なので、一人一人にお互いを狙いあうように言葉巧みに話を持ち掛けた。

・水口さんには高宮さんが水口さんを殺して、それを尼子さんのせいにしようとしていると。

 

もともと毒殺事件によって、疑心暗鬼になっていたので、恐怖にあおられて、また桜川家の当主の座を狙い、次々と凶行に走りました。

惨劇の後、生き残ったのは水口さんだったはずです。

ナイフという最も力のいらない凶器を使ったのは彼女でしょう。

 

そして、彼女は本宅に戻り、水口さんから電話があったかのように嘘をついた。

皐月:そんのあなたの推測でしょう。

愛香:だから確かめたいんです。この推理が間違っていないか。

友也:お待ちください。別棟は内側からカギが掛かっていて、外側からはその鍵かけられないはずです。

推理には続きがあるという愛香。

 

弥生が何かしたのではという予感がした、知也はお嬢様を守ろうという気持ちで別棟に走る。

3人の死体を見て、お嬢様がやったのだと確信した。

愛香達が別棟に向かっている中、ある行動にでます。それは密室を作ることだったのです。

これが、事件の真相です。

反論はよろしいですか。

 

友也:違う、私は確かに別棟に走りましたが、水口様は生きておられました。

水口様は本当にお嬢様に電話をしたんです。

高宮様と尼子様は水口様が殺し、水口様は私が殺しました。

その後私は、自分の罪を逃れるために密室を作りました。

 

弥生:おやめなさい!もういいの、もう充分よ。

友也:私はお嬢様をお守りするって誓ったじゃないですか。

弥生:ありがとう友也。

 

鼻形:カッコよかったよ、あとは署で聞かせてもらいましょう。

 

貴族探偵:拍手をしている。ブラボー。

愛香:不謹慎じゃないですか、私の推理に拍手はいらない。

貴族:私が拍手をしたのは、桜川家に脈々と受け継がれる、主従関係にです。

あなたの妄想浪花節推理は聞いてて恥ずかしくなりました。

自分に酔っている探偵ほどはずかしいものはない。

 

愛香:弥生さんは罪を認めてるんですよ。

貴族:だが真実は語られていない。

愛香:だったら真実を話しなさいよ。

貴族:もちろんお二人を冤罪によって引き裂くわけにはいきませんからね。

山本、田中、佐藤、聞かせてやれ。

 

愛香:こういう時こそ自分で話したらどうですか。

貴族:推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ。

では、山本。

 

山本:最初の推理を披露させて頂きます。

愛知川友也さんのお心遣い、同じ使用人として深い感銘を受けました。

私が仰せつかったのは、高宮悟様が殺された事件についてでした。

モニターが用意され、貴族探偵が移動している。

映像が始まる。

今回は殺害現場が3か所もあり、複雑なので分かりやすく解説付きです。

高宮の殺害された現場で、左手には水口のジャケットの左袖のボタンが握りしめられていた。

この為、水口が犯人のようだが、これは偽装工作だと考えられる。

紐で首を絞めるとき、一度交差させた方が力が入りやすいが、実際には背後から紐をかけ、瞬時に紐を締めなければなりません。

この時、高宮の左手の後ろにあるのは、犯人の右手。

つまり、もし抵抗して犯人の袖のボタンをもぎ取ったのならば、右袖のボタンということになるはずだったのです。

つまり、左袖のボタンを持っているということは犯人の偽装工作があったからです。

水口を犯人にしようとしていたいのだから、当然尼子ということになります。

尼子は考えが浅い方ということ。

 

証拠はありますか?

尼子の部屋にあった、灰皿です。

高宮を殺す時に抵抗して、メガネが灰皿に落ちてしまった

メガネはわずかに割れて、破片が中に落ちていました。

尼子は証拠を残さない為に、この灰皿と、自分の灰皿を交換しました。

自分の部屋に行くと、御前の名刺の上に灰皿を置きました。

にもかかわらず、灰皿からは尼子の指紋は検出されません。

尼子が手袋をして交換したからです。

じゃあ、あの名刺は重要だったんだ。

まってください、尼子は殺されているんですよ。

 

貴族:田中お前の出番だ。

田中:メイドの田中と申します。尼子様の事件を仰せつかりました。

ワイドショー風に始まる。

尼子は右側頭部を正面から殴られ殺されていました。

一見犯人は左利きの高宮のように思われますが、やはりこれも偽装工作でした。

その証拠がこちらになります。

凶器はオブジェの鉄の棒でしたが、ぴったり並んだ3本の棒の右側が抜かれておりました。

しかし、左利きならこのように左が引き抜かれるはずです。

鼻形:じゃあ、尼子は誰に殺されたんだ?

田中:水口様です。

水口が弥生にかけた電話に不審な点があったという。

「尼子の部屋の前を通った時、ちらっと中を見たんです。そしたら、あいつが頭の左側を殴られて殺されていたんです。」

水口は頭の左側を殴られて殺されていたと言いました。

しかし、実際は頭の右側を殴られていました。

じゃあ、なぜ水口は間違えたのか。

水口は、尼子を殺した張本人だったからです。

高宮の犯行だと思わせるために、あえて左手で殴った水口は左を意識するあまり、自分から見た左が殴られていたと言ってしまったのではないでしょうか。

以上、現場から田中がお伝えしました。

水口も考えが浅い方だということでした。

 

運転手の佐藤です。水口様のことを知らべました。

ナイフで背中を刺されて殺されたが、そこには一つ疑問が残されていました。

鼻形:なんでサングラスかけてんの?

それは、凶器のナイフが小さく、殺傷能力の低いものの、なぜか犯人は一度しか刺していなかったという点です。

恐らく犯人は、尼子の指紋がついたナイフを使い、指紋が消えないように尻の部分を押し込むように刺したのでしょう。

もちろん、尼子が犯人と思わせるためです。

鼻形:佐藤さんのサングラスが気になって、頭に入ってこなかった。

結局佐藤さんは誰に殺されたの?

佐藤:高宮様です。

高宮もまた考えが浅い方だったと伺っております。

鷹亮:3人がそれぞれ誰かを殺して、他の誰かを犯人に仕立て上げようとしていたということか。

愛香:でも、それぞれが殺しあったら、最後の一人は誰が殺すんですか。矛盾してます。

貴族:この女探偵さんはまだ、真相が見えていない。山本。

山本:では昨夜起きたことをすべてお見せします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鳥かごの花婿たち

~三匹の子豚殺人事件の真相~ というタイトルが出る。

まず、水口様がオブジェの棒をとるために部屋を開けている間、尼子様は水口様の部屋でボタンを取り、高宮様の部屋へ。

高宮様は尼子様の部屋で、ナイフを取り、水口様の部屋に行き、潜んでいたのです。

最初に被害に会われたのは、水口様です。

尼子様の撲殺を計画していた水口様は、オブジェの棒を取り、部屋に戻りました。

しかし、隠れていた高宮様に刺されおでこを打ち付けます。この時、こぶができました。

もちろん凶器に使われたものは、尼子様の指紋が着いたものが使用され、これで尼子様の犯行と見せることができると、部屋に戻った高宮様でしたが、尼子様に首を絞められてしまいます。

この時、尼子様のメガネが灰皿に落ちて割れました。尼子様は用意していた水口様のボタンを高宮様の手に握らせると、メガネが入った灰皿を手に自分の部屋へ戻り、それを御前の名刺の上に置き、灰皿を交換したのです。

一方その頃、刺された水口様が意識を取り戻されます。

小さな果物ナイフだったため、即死は免れたのでしょう。

水口様は考えました。尼子様を左手で殴り殺して、高宮様のせいにすれば、すべて高宮様のせいになる。

自分が桜川家の婿になれると。

水口様は残す力をすべて振り絞り、尼子様の部屋へ向かいました。

そして、灰皿を入れ替えて、自分の部屋に戻って来た尼子様を左手で殴り殺した。

自室に戻った水口様はすぐに弥生様に電話をしました。

しかし、電話の途中で息絶えたのでした。

この時、再びおでこを打ち付けたのです。

そして、誰もいなくなった。

 

貴族:愚か者たちにはふさわしい最後ですね。

鼻形:じゃあやっぱり、3人で殺し合っただけだったのか。

お前、顔すごいことになってるぞ。

貴族:ご覧ください桜川家のみなさん。

まるで丘に上がった、デメニギスのようですね。

 

ところで佐藤、私の名刺だが。

佐藤:正確に状況を伝えるため、あのようなぞんざいな扱いをさせて頂く、苦渋の決断をいたしました。

貴族:正しい判断だ、よくぞ決断してくれた。

貴族:田中、死に方が怖すぎる。皐月さんが驚いてしまう。

田中:ご無礼を。

皐月:私、結構好きなんですのよ。ホラー、スプラット。

貴族:山本、お前の芝居がもっと見たい。

佐藤:同意です。

田中:心が震えました。

鼻形:こぶのクオリティーあれでいいの?

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!