小林麻央夫人が放射線治療に自身の想いと闘病中の生活を自身のブログKOKOROへ


はじめに
前回小林麻央さんについてのブログを書かせて頂きました。「海老蔵に、ござりまする」の番組の中で、今の麻央夫人の生活や想いなどが語られていました。

海老蔵さんも話の中で家族で支え合っているという話などされていました。話を聞けば聞くほど、お二人の芯の強さを感じました。

自分が同じ状況だったらどうなるんだろうとしきりに考えると、耐えられない気持ちになります。今回は小林麻央さんのブログKOKOROに放射線治療のことが書かれていたので見てみてください。

スポンサーリンク

放射線治療をして
小林麻央オフィシャルブログより

イメージにて
“今日は、放射線治療へ行く間、
車椅子に乗りながら、目をつむり、

揺られて、
遊園地のジェットコースターや
コーヒーカップを楽しんでいる
健康な自分をイメージしました。

放射線の台に寝て、放射線の光が
癌の部分にあたって
はじけ、健康な光が広がるイメージを
つくってみました。

今は薬の力を存分に借りています。”

ここから、麻央夫人の前向きになろう、ポジティブであろうという姿勢がうかがえます。笑いっているとNK細胞が活発になり、癌細胞が弱るという話を聞いたことがあります。

麻央夫人は自分自身が元気になった時のセルフイメージができてて、それを楽しんでいるようですね。楽しいことで、ポジティブに、内面からも闘っているのではないでしょうか。

変な話しですが、健康に気を使っている神経質な人より、明るく元気で、少しぐらい気にしない人の方が遥かに元気なのは、内面からくるものという気もします。麻央夫人はそういう部分からも元気になろうとしているようです。

闘病中の生活
現在、麻央夫人の乳がんは「がんの全身転移」である「ステージ4」ということです。だからと言って、今現在の更に細かい情報はないのですが、調べてみると、
専門家の話では、乳がんは抗がん剤や放射線治療が比較的有効という話もあります。

現在はブログからも分かるように、放射線治療をしているということです。抗がん剤治療の為に入退院を繰り返している大変な日々という話です。

確かに闘病生活は大変な物かもしれませんが、それは一側面にすぎず、穏やかで普通の夫婦、家庭なのかもしれません。

子供の世話は海老蔵さんの母親がしているという話しがありますが、ブログを見ると海老蔵さんもよく見ているようですね。麻央夫人にも海老蔵さんにも子供が大きな支えになっているように思えます。

スポンサーリンク

まとめ
小林麻央さんの放射線治療のことて、ブログを見て記事にさせて頂きましたが、ブログの言葉がとても前向きだなと感じました。

それは、麻央夫人のもともと持っているほがらかさのような、明るさなのでしょうか。周りの人を温かくするような明るさがあると感じました。

そういう部分にも海老蔵さんは惹かれたのではないのかなと思いました。自分もこの家族のような、絆の深い家族になれたらなと強さを頂き、感動しました。

みなさん、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

新潟県在住の子持ちリーマン36才の男性。 ADHD発達障害ありや、うつ病になった時期もありますが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系(ドラマや映画など)の記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでも世のためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!