マツコ会議のデジタルアートバトルで上田バロンやアオガチョウなど


スポンサーリンク

 

 

みなさん、こんにちは!

 

4月もなかばになってきましたが、まだまだで天候も不安定ですが

みなさん、体調は大丈夫でしょうか?

 

来月のゴールデンウィークの予定を考えている方もいると思いますので

思いっきり楽しむために体調管理も気を付けていきましょう\(^o^)/

 

さて、今回は最近、注目されている「デジタルアートバトル」という

絵を書いて勝敗を競う大会で世界大会も行われているそうです!!

 

その大会に出場する夢を追っている

情熱ある人や個性的な人たちが出演している人達をご紹介します\(^o^)/

 

 

今話題のデジタルアートバトルに注目!!

 

そもそもデジタルアートバトルとは

制限時間20分以内でその場で決定したテーマに関するイラストを

デジタルで描いて表現することで、今回はその世界大会の予選会場に

潜入取材をしたようです!!

 

 

プロ・アマ問わず参加できるようなので

個性的なアーティストの方々をご紹介したいと思います\(^o^)/

 

 

上田バロン(職業:イラストレーター)

 

出典:https://medium.com/fraze-craze/gakugeicafe1410-dc4d74f60203

 

 

上田バロンさんは上記のような画風を得意とされているようで

今までにもスイーツショップの壁画なども手掛けており

 

壁画の大きさにもよるみたいですが高いもので駅構内の壁一面を

手掛けた際は100万はいっていたそうです!!

 

 

こうゆう話を聞くと夢がある仕事ですよね(●´ω`●)

 

私もキャラクターとか絵が上手かったら

イラストレーターの道も選択肢に入れたかったですが

まったく絵心は無いので残念です・・・(´;ω;`)

 

でもこうゆう特技や好きなことを生かして仕事にできるって

本当に素晴らしいことですよね!!

 

ただただ素直に羨ましいです(笑)

それに、上田バロンさんのタッチのイラストは大好きです!!!

 

 

  • アオガチョウ(前回の世界王者)

 

出典:http://www.span-art.co.jp/artists/aogachou/artworks1.html

 

 

アオガチョウさんの作風はとってもリアルで少し気味悪い感じですが

とても強いメッセージ性があることが伝わってきます!

 

アオガチョウさんはこのデジタルアートバトルの初代世界チャンピオンのようで

ネット上でもすぐに出てきてて、上田バロンさんと並ぶ有名な方です。

 

最近の仕事はゲームアプリのモンスターや悪者などのキャラクターデザインが多い

とTVで話していたので、普段何気なく遊んでいるゲームのキャラクターが

アオガチョウさんデザインのものかもしれないですね(●´ω`●)

 

大会のオープニングは上田バロンさんとアオガチョウさんとの

デモンストレーションで幕が上がりました!!

 

二人の作品はとても素晴らしくとても20分で書いたとは思えない

クオリティでとても感動しました!!

 

 

 

3.ユウキリリー(職業:専門学校の先生 兼 イラストレーター)

 

ユウキリリーさんの作風に関しての画像が見つからずすみません(´;ω;`)

しかし、ユウキリリーさんのイラストはとても綺麗で繊細なタッチで

描かれていると思います!

 

番組で出していたイラストは凛々しいパンダが弓矢を引いている姿

かっこよかったです\(^o^)/

 

ユウキリリーさんに関するツイートがあったので

そちらを載せたいと思います!

 

 

 

 

 

4.まほ(シングルマザーの似顔絵士)

 

まほさんは島根県のイオンで似顔絵士として働いている女性です\(^o^)/

とても暖かく優しい作風をしていて

本物の人物よりも3割増しは当たり前!なんだとか(笑)

 

まほさんは、プロではないからなのかあまりネット上には

イラストの画像は出てきませんでした(´;ω;`)

 

5.森魚(職業:フリーター)

 

こちらの森魚さんもアマチュアのイラストレーターで

東京藝術大学卒で手書きで書くことを得意とされているそうです!

 

森魚さんの作風の画像もなかなか見つかりませんでしたが

森魚さんの作風はとても独特的かつ独創的・・・とのことです。

 

まほさんと森魚さんはマツコ議事録で

特集されていました\(^o^)/

 

 

マツコ会議公式HPで見れるので気になった方は是非ご覧ください!

 

 

マツコ会議公式HP

https://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/

 

 

 

マツコ会議の反響は?

 

スポンサーリンク

 

放送後の反響はどんな感じだったのでしょうか(^^)/

 

 

 

 

 

Twitter上ではイラストレーターの収入に関する

ツイート多かったようです!

 

上田バロンさんやアオガチョウさんなどの売れっ子さん達は

相当、仕事内容によっては数百万の収入になりますもんね!

 

やっぱりみなさんが気になる部分ではありますよね(^^)/

 

私は「夢ある仕事だなぁ~」と思う反面

確定申告とか税金とかも大変なんだろうなぁ・・・

 

なんて考えてしまいました(;^ω^)

 

ヤボですね・・・すみません・・・(´;ω;`)

 

 

まとめ

 

・イラストレーターは売れれば稼げる夢のある職業!

 

・いまやイラストも「デジタル」

 

・身近な似顔絵士の人も専門学校の先生なども世界を目指せる世界

 

・誰にでもチャンスはあるのでチャレンジあるのみ!

 

今回は、イラストレーターの人たちが集うLIMITSという

デジタルアートバトルの世界について特集していました!!

 

小さい頃はほとんどの人はお絵かきをして遊んでいたのではないでしょうか?

 

でも成長するにつれて、だんだんと絵を描くことを苦手に感じてくる人も出てきて

美術が苦手と思う人もいますよね。

 

私の学生時代は今みたいに「オタク」がメジャーではなかったので

休み時間に漫画やアニメのイラストを描いているクラスメイトの周りには

若干の距離感が出来ている感じでした(>_<)

 

でも、今思うとそうゆう人たちが有名になっていたり

イラストを仕事や副業として成り立たせることが出来たりして

1つの才能なんですよね。

 

そのことにもっと早く気が付いていればよかった・・・

と、いまさらながら後悔しています(;^ω^)

 

今回の大会はアマチュアの人も参加できるようなので

興味がある人は調べてみてはいかがでしょうか(●´ω`●)

 

LIMITS公式サイト

http://limits.jp/

 

今回の最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!!

 

 

執筆ライター:ルアナ

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!