朝ドラ【なつぞら(夏空)】の脚本家は大森寿美男!評価や他作品は?

Pocket

4月1日から放送がスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」記念すべき第100回目ということで期待が高まっていますね!

 

今回はそんな「なつぞら」について概要や期待の脚本家大森寿美男さんについて紹介していきます!

 

 

朝ドラ【なつぞら(夏空)】概要

 

【あらすじ】

 

昭和21年初夏の終戦後まもなく、奥原なつは柴田剛男という男性に連れられ、北海道・十勝にやって来た。

柴田は北陸からの開拓移民。なつの父とは戦友で、お互いもしもの時は家族の面倒を見るという約束をしていたのだった。

 

柴田家の泰樹は偏屈者で知られていたが、内心ではなつを不憫に思っていた。なつは子供ながらに覚悟を決め、牛馬の世話を懸命に手伝うのだった。

なつのに心動かされた泰樹は、なつのために生きる術を教えた。そして、なつは子どもらしさを少しずつ取り戻していったのだった。

 

なつは馬の絵を描く山田天陽という少年と出会う。なつは、天陽から当時アメリカで流行っていたアニメ映画について教えももらい、絵が動く世界があるのかと感動を覚えたのだった。

高校生になったなつは天陽の影響で、絵を描く仕事に興味を持ち始めていた。が、そんな折、生き別れた兄が東京で働いていると知らされた。なつに旅立ちの日が近づいてくるのだった。

 

 

という感じのあらすじで始まった今回の朝ドラ、設定の年代が近いこともあり初回1話目の雰囲気が以前に人気になった「ひよっこ」と似ていました。

 

戦後まもなくの日本、戦争孤児の主人公・奥原なつ(9)は父の戦友・柴田剛男と一緒に北海道十勝に向かう所から物語はスタートします。

 

柴田剛男の妻・富士子は我が子としてなつを受け入れようとする中、富士子の父・泰樹は働き手にもならないとなつに冷たく当たる

 

しかし、なつは子供ながらにここで生きる覚悟を決め柴田家の家業、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝いを通して泰樹との関係を築いていく・・・

 

朝ドラのなつぞら(夏空)ヒロイン奥原なつは実在する?モデルや元ネタは?

 

なつぞらの出演者

 

広瀬すず ヒロイン・奥原なつ役

岡田将生 なつの兄・奥原咲太郎役

藤木直人 柴田剛男役

松嶋菜々子 剛男の妻・柴田富士子役

草刈正雄 富士子の父・柴田泰樹役

清原翔 柴田家長男・柴田照男役

 

出演者、かなり豪華ですね!今回は出演者だけでなくスタッフの方もものすごいですよ!

 

◯脚本・大森寿美男

 

同じNHKの大河ドラマ「風林火山」の脚本を担当された方です!

大森寿美男さんについては次でさらに深掘りをしていきますよ!

 

◯音楽・橋本由香利

 

橋本由香利さんは主にアニメーションの方で大活躍をしている作曲家で「なつぞら」のキーワードでもあるアニメーターにぴったりの方です。

所々に見えるNHKの本気を感じます(笑)

 

 

◯主題歌・スピッツ「優しいあの子」

 

言わずと知れた人気バンド、スピッツの3年2ヶ月ぶりのシングルとなる「優しいあの子」

聞いていて、澄み渡る空とこの後に待っている楽しみなどが感じられるいい曲です!

 

NHK朝ドラマ【なつぞら】ロケ地や撮影場所はどこ?十勝の帯広や新得など

 

脚本家の大森寿美男さんプロフィール

 

 

名前:大森 寿美男

生年月日:1967年8月3日(51歳)

出身地:神奈川県横浜市

事務所:光和インターナショナル

 

◯経歴・脚本家になったきっかけ

 

10代で演劇活動を始め、劇団「自家発電」を旗揚げし、そこで作品・演出を手掛けました。

 

1990年代前半に、渡辺えり子主宰の「劇団3〇〇」の公演

「1の1の6」

「クレヨンの」

「月に眠る人」

などに出演。

 

1997年には「男的女式」が第3回日本劇作家協会新人戯曲賞にノミネート、

同年オリジナルビデオ「新・静かなるドン」で脚本家としてデビューしました。

 

代表作

精霊の守り人

風林火山

てるてる家族

 

NHKでのドラマ脚本も多く手掛けており、NHKからかなり信頼が厚いのがわかりますね。100回目の朝ドラに相応しい脚本家だと思います。

 

朝ドラ【なつぞら】子役のキャスト一覧!なつや咲太郎の幼少期や子供時代など

 

評価や他作品は?

 

そんな期待の脚本家大森寿美男さんの評価ですがツイッターを見てみると

 

 

やはり風林火山、てるてる家族などの実績から安心感がある意見が多いですね。

他にも

 

 

日本テレビの綾野剛主演「フランケンシュタインの恋」の印象が強いみたいです。私もフラ恋は見てましたが大好きなドラマです!

 

 

同じNHKドラマとして精霊の守り人もとても評価が高いですね!

 

そして驚くことに脚本家としての引き出しがとても多い!上で紹介した三作品とも高評価かつ、ジャンルに被っているものがありません。

 

視聴者の声をまとめてみると「全体的に安定して面白い」、「大森さんなら安心」などの声が多くみなさん今後の展開にかなり期待していることが伝わってきます。

 

朝の連続テレビ小説第100回目ということもありヒロイン役に広瀬すず、外した作品なしと言ってもいいほどの脚本家大森寿美男さんを起用したNHK、かなりの自信を感じます。

 

今後、アニメーションがどんな感じで物語に関わってくるのかと気になる展開に胸がワクワクしてきます!

 

『なつぞら』を見逃した方へ!見逃し配信

 

それから、『なつぞら』を見逃した方や、1話からもう一度見たいという方に朗報があります!

 

なんと、お得に見逃したドラマを見られる公式動画サービスがあるということで!もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>NHK朝ドラ【なつぞら(夏空)】を見逃した!再放送やフル動画のネット配信は?

※U-NEXTは無料登録するとポイントがもらえたり、31日間の無料トライアルがあるのでおすすめです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!