沼にハマってきいてみた(沼ハマ)ペットボトル沼!キャップ投げやアートなど

Pocket

本日のMCは松井愛莉ちゃんとサバンナ高橋さん。ゲストはTIMのレッドさん。高校球児だったという彼に勝負を挑むハマったさんも!

 

神業連発の“ボトルフリップ”や、新スポーツとしてじわじわと広がっている“キャップ投げ”。見る者を驚かせるすばらしいキャップアート___今、ペットボトルが激アツなのです!!

 

様々な沼を紹介してきた沼ハマですが。今回はペットボトル沼___高橋さんが「どういうこと?」と不思議に思うのも無理はありません。

 

しかし、世の中には面白いハマり方をしている若い世代がいるのです。その中でも今日は三組のハマったさんたちが登場します。

 

まずキャップ投げでは、さいたま市の開智中学・高等学校のキャップ投げ倶楽部から、たくみ代表・せいなくん・ゆうへいくん。

 

ボトルフリップでは双子のユーチューバー・コウくん&ヒロムくん。

 

キャップアート大阪府立堺工科高等学校エコデザイン部からりょう部長、りょうせいくん、かんじくんです。

 

 

キャップ投げって何?

 

開智中学・高等学校のキャップ投げ倶楽部では、放課後の空き教室で黙々とペットボトルキャップを投げています。

 

壁打ちするように自分で投げて跳ね返ったキャップをキャッチしたり。その表情は真剣そのもの

 

この倶楽部が創設されたのは2017年6月ハマったさんたち三人で立ち上げました。そんな彼らを見て、集まり始めた仲間たち。

 

「普通投げようと思わないものに楽しみを見出したところが凄い」

 

「部員が投げてるのを見て…『アッ、みんなやってんの?』って衝撃を受けて、やってみたらめっちゃ楽しいじゃんコレ、ってなりました」

 

ということでメンバーも増え、中高合わせて約20人!キャップ投げ上達の練習として推奨されるのがキャッチボールです。

 

 

「二人一組になって、相手の投球に対してアドバイスをしたり、褒め合ったりできるのが最大の利点」なのだと。理想は「ナイスコントロール!」と言える投球!

 

さて、そんなハマったさんたちの中でもコントロールNo.1なのがゆうへいくん。彼によるレクチャーで、その投げ方のポイントを聞いてみました。

 

ポイント1:デコピンする感覚で、親指と中指でしっかり挟んではじく。

ポイント2:その際、腕を相手に向かって真っすぐ押し出す。

 

そんなゆうへいくん、3メートル先のペットボトルを狙うと三連発ばっちりヒットするという素晴らしい腕前でした。

 

たくみ代表変化球が得意とのこと。

カーブ:ストレートの握りから45度傾けて投げる

シュート:カーブと反対側に45度傾けて空気を押し当てるように投げる。

ライジング:ストレートの握りで上から下に空気を押し当てるようにして投げるとふわりと浮き上がる。

 

それぞれ小さな工夫で見事に球筋が変わります。これらの技を駆使する彼らが今ハマっているのがキャップ投げ野球。ネットでも話題になるほどの面白さなのだそうです。

 

こんな風にバリエーションが膨らむキャップ投げですが。基本的には、いつでも、どこでも、誰でも楽しめる遊びであること、一見簡単そうなのに、とても奥深い遊びだということが魅力なのです。

 

 

レッド吉田 vs 開智高校?!

 

“キャップ投げをやってみよう”となったきっかけは、YouTuberの日野湧也さん(京都大学法学部・キャップ投げの第一人者)。

 

彼が2014年頃からその投げ方の解説動画をTwitterにUPしていたのを見たのがきっかけでした。日野さん2017年に「日本キャップ投げ協会」を設立。

 

キャッチフレーズが「いつでも、だれでも、どこでも。」たくみ代表は加盟団体として名前を連ねています。

 

学校で団体を立ち上げたときの経緯を高橋さんが尋ねました。確かに、その活動を先生に説明するのも難しそうです。

「あのう、キャップ投げたいんですけど、ご協力いただけませんか?」先生も、最初の反応は「え?」だったのが、今では時々投げにいらっしゃるのだそうです。

 

というわけで、ペットボトル野球で元高校球児のレッドさんと対決するたくみくん。彼は野球未経験者です。

「絶対に負けられない!」とバッターボックスに入ったレッドさん。

 

一球目:カーブ 「老眼なんで見にくいんですよ!」

 

二球目:シュート 「ボールになるかと思った!」

 

ここで、高橋さんが「テレビなんで、見逃し三振だけはご勘弁ください」と囁きました。

 

三球目:ライジングボール 「浮き上がった!」

 

結果三振してしまったレッドさん。

 

これを見て愛莉ちゃんがトライ!「たくみくん女子に弱いですから~!」と言われ緊張を隠せない代表、フォアボールとなりました。

 

最後にバットに当てて欲しい、ということで、高橋さんがバッターボックスに。しかし運動が苦手な高橋さんへっぴり腰で全く歯が立たないままに三振!

 

ではピッチングにチャレンジ!ということでキャップ投げを教えてもらった高橋さん。意外な好投を見せてMCとしての意地を見せました!

 

沼ハマ(沼にハマってきいてみた)の見逃し配信は?再放送や過去の動画は?

 

神業ボトルフリップ!

人気YouTuberツインズのコウくん(兄)とヒロムくん(弟)。彼らの“神業ボトルフリップ”の動画は約26万回再生されています。

 

ボトルフリップとは、水の入ったペットボトルを投げて着地させる、という技です。彼らがいつも撮影しているというスタジオで、基本の技を教えてもらいました。

 

ペットボトルを空中で一回転させて着地させるのです。

 

ポイント1:ペットボトルの形

底が円形で平らなものがやりやすい。

四角いものや凹凸があるとバランスを崩しやすいのです。

 

ポイント2:水の量

ボトル容量の1/5程度がおすすめ。

多くても少なくてもダメです。

 

ポイント3:投げ方

上に投げることを意識する。

前に投げると水平方向の力が加わって倒れやすくなります。

 

ハマったきっかけは、海外のひとがやっていたものを目にしたこと、さらにスーパーでもコンビニでも買えて、小学生でもおじいちゃん・おばあちゃんでもやれる、そこが面白いと思った、とのこと。

 

達成感をすぐに味わえるのもボトルフリップの魅力です。

 

一日中ひたすら投げ続けて、幅わずか2センチの薄型テレビのてっぺんに着地させたり、背中側から投げてノールックで棚に着地させたり。

 

極めつけはキャップ側で上下逆の着地を試みるなど、その挑戦は続いています。

 

 

ボトルフリップにチャレンジ!

 

ボトルフリップをやる時には、ペットボトルに炭酸飲料は入れてはいけません。キャップはしっかり締めましょう。

 

「まずやってみましょう!」と予備知識なしで投げた高橋さんのボトルは卓上にぼとっと横倒しで落ちました。「センスないなー」と残念そうな高橋さん。

 

ヒロムさんが教えてくれた投げ方は、キャップの部分をつまむようにして軽くもち上に向けて放ります

 

愛莉ちゃん、いきなり成功!飛び跳ねて喜ぶビギナーズラックぶりでした。続いてレッドさんも成功。高橋さんもコツを教わってついに成功!

 

「超気持ちいいです!」と愛莉ちゃん。

 

では、この日のためにツインズのお二人もチャレンジということで、新技を披露して頂くことになりました。

 

二人の間に橋(台)を置いて、お互い向かい合って立って、一人二本ずつボトルを持ち、交差させて並んで着地させる、と言う難易度の高いものです。

 

利き腕ではない腕も使って同時に行うので、ペットボトル同士がぶつかって上手くいきません。スタジオで…一発OKが出るとは思わなかったのが、マジで一回で成功!

 

「君ら、凄い持ってるなぁ!」全員で大喜び!でした。

 

 

キャップアートって?!

 

大阪府立堺工科高等学校のエコデザイン部が手掛けるキャップアートは、規模が凄いです。基本的にはキャップをつなげて絵をモザイクアートにしていくのです。

 

部員は12名。

 

普段は近隣の古墳のお堀水質調査と水質浄化活動を行っている彼らですが。彼らのもう一つの活動がキャップアートなのです。

 

エコデザイン部顧問の先生が経験者だったこともあって、6年前から手掛けるようになったのだということです。一昨年制作したものを学校で披露して頂いたのですが。

 

まず、規模が凄い。

使用したキャップ数:40万個

キャップの収集と仕分け:1年

キャップ貼り付け:3か月

 

地面に広げられたものを、屋上から見下ろすと、巨大な仁徳天皇陵の迫力のある絵が!

 

実はこの学校のすぐそばに本物の仁徳天皇陵があることから、世界遺産登録の後押しになるようにということで製作されました。

 

作り方1:元になるポスターを画像処理ソフトで取り込む。

作り方2:絵を構成する点を8色のキャップに近い色に変換。

作り方3:「色の設計図」を作って、数百枚に分割する。

作り方4:キャップを紙の上に貼る

 

この中で最も大変なのがキャップの仕分け作業です。色別に分けて、必要な個数を揃えるために、一年以上かかることもあります。

その様子を見て高橋さんが「これはやばい作業やなぁ」と一言。そうした地道な作業の末に出来上がった巨大な絵。

 

しかし、さらなる“最高傑作”があるのだそうです。しかも3D!なんと大阪ならではの巨大構造物「太陽の塔」でした!大阪万博のシンボル10万個のキャップで再現したのです。

 

全長6メートル、制作期間は一年ということで、文化祭で披露したところ、クオリティの高さが話題になり、次の大阪万博のPRのために自治体やNPOなどから展示の依頼が舞い込むほどでした。

 

太陽の塔

 

スタジオにはその太陽の塔の実物の一部が登場しました。ちょうど顔のあたりです。ぱっと見は良く解らないのですが、少し離れたところから見るとその造形と色使い、陰影が素晴らしいことがみてとれます。

 

立体造形物の作り方は、キャップをドーナツ状に貼った紙を何層にも重ねていく、という手法が用いられます。

 

キャップの向きが表のものと裏のものを混在させることで、上にも下にも紙が貼れるようになっているのです。

 

そうしてブロック分けしたパーツをさらに重ねていくことで、巨大な構造物も再現することが可能なんですね。

 

 

 

ぬっしーのお願い!

 

そんなエコデザイン部の皆さんに、ぬっしーがとあるお願いをしました。MCの高橋さん、愛莉ちゃん、そしてぬっしーの姿を、キャップアート作品にしてもらえませんか?と。

 

快諾して頂きましたが、そのスタジオでのお披露目までの期間はたった11日!早速作戦会議に入ったりょう部長たち。

 

ここで、愛莉ちゃんの髪の毛がポイントになりました。使用するキャップはNPO団体や学校・家庭から集めていますが、黒のキャップはもともと少ないのです。

 

画像ソフトでデザインを工夫しつつ、黒のキャップを探す日々が続きました。その様子を見て「ごめんなさーーーーい!」と思わず謝ってしまった愛莉ちゃんでしたが。

 

なんと、部員らの努力の甲斐あって、制作は間に合いました!使用キャップ数1万個製作日数11日の大作です。

 

まるで写真がそのまんま再現されている不思議な絵。髪も、黒一色ではなく緑や赤、青をまぜて髪の光沢を表しているのです。

 

作った部員たちのこだわりはやはり「黒」!在庫が全くない状態だったので、日曜日にも集まって素材を集めたのだそうです。

 

そんな苦労のかいあって、素晴らしいクオリティの絵が出来上がりました。レッドさんが「これ持って帰んなさいよ!」と二人に勧めますが…「これ家に置かれへんで!」という高橋さん。

 

確かに飾れるところがなさそうなサイズです。「じゅうたん代わりに使ってください!」というりょう部長。良い足つぼの刺激になりそう、と笑いが起こりました。

 

レッドさんが「身近にあるペットボトルでこんなに楽しめるってすごい」と言うと、

 

高橋さんが

まず飲んで楽しんで、ちょっと残してボトルフリップやって、飲みきったら野球やって、最終的にここに送ったらいい!」___

 

こんなふうに、余すところなく楽しめる、それが“ペットボトル”の魅力なのです。

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)でチアリーディング!住吉高校ランサーズ出演

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)メーヴェみたい?紙ヒコーキ全国大会の激闘

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)人気YouTuber!スカイピースやりくも出演

 

 

日本キャップ投げ協会

https://wakuyahino.wixsite.com/jcta

YouTuber TWINS

https://www.youtube.com/channel/UC0JR9ZTJIvB9VX8xz7LyujA

大阪府立堺工科高等学校

https://sakai-t.ed.jp/club/#eco