青春18切符とは何か使い方など簡単に説明してみた


はじめに

みなさんこんにちは。今日は青春18切符について簡単な使い方の説明をしてみたいと思います。

自分自身あまり電車に詳しくないので不足な部分もあるかも知れませんが、大まかな使い方という感じで見ていただけたら幸いです。全線乗り放題の愉快な切符ですので、楽しんでください。

青春18切符とは

青春18切符はJRの普通列車に全線乗り放題の切符になります。1枚で5日分で11,850円、1日で計算すると2370円になります。

5人で使うこともできますが、その場合はみんな一緒のルートで行くことになります。5人だと1人2370円払えばいいということになりますね。

年齢制限なし。

乗り降り自由ですが、鉄道で遠出したことのない人は、近距離から試した方がいいそうです。

発売期間・利用期間

春季用
発売期間 平成29年2月20日~平成29年3月31日
利用期間 平成29年3月1日~平成29年4月10日

夏季用
発売期間 平成29年7月1日~平成29年8月31日
利用期間 平成29年7月1日~平成29年9月10日

冬季用
発売期間 平成29年12月1日~平成29年12月31日
利用期間 平成29年12月10日~平成30年1月10日

使い方

使う際に、当日に1日ずつ改札で日付を入れてもらいます。
利用日は連続しなくても大丈夫だそうです。
複数人で使用する場合は人数分の日付を入れれば一枚で使うことができます。

例えば

1泊2日で往復に使おうとすると、2日間分が使用され、残り3日間になります。
2泊3日で往復の場合も行く日と帰りに使用するので、残り3日間になります。

次のシーズンに持ち越すことはできません。
余りは利用期間内なら後日、別の人が使うことも出来ます。金券ショップやオークションでも売られていることがあります。

使用することができる列車
JR全線の普通と快速
BRT(バス高速輸送システム)
JR西日本宮島フェリー

平成22年冬より変更

青い森鉄道の青森から八戸間で青森~野辺地~八戸を通過利用する場合。(青森、野辺地、八戸では途中下車可。他の駅で途中下車する場合は青い森鉄道の運賃が必要。)
平成27年3月14日より変更★
氷見線、城端線、七尾線を利用する場合で、あいの風とやま鉄道の富山から高岡間、IRいしかわ鉄道の金沢から津幡間を通過利用する場合。(富山、高岡、津幡、金沢では下車可。他の駅で途中下車する場合はあいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道の運賃が必要。)”

引用サイト

青春18切符さかなのページ

http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakana/18kippu.htm

発売場所

みどりの窓口
旅行会社
kaeruくん
指定席券売り機
※車内では変えません。

基本的にはJRの列車で使えるということですが、もちろん違う会社の鉄道もありますので注意してください。

詳細が更に気になる方は
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

まとめ

今回は青春18切符の使い方や発売、使用期間など簡単に書かせて頂きました。

青春18切符がとんなものかくらいは分かって頂けたと思います。ぼくもこの切符を使って電車の旅をしたいと思います。みなさんも電車にゆられて自然を楽しんでみてください。

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!