節分の由来や意味について豆まきの仕方や食べる豆の数ついてのまとめ


はじめに

スポンサーリンク

今回は「節分の由来や意味について豆まきの仕方や食べる豆の数ついてのまとめ」ということで、何気なく過ごしていた節分について由来や正しい豆まきの仕方を調べてみたいと思いました。なんとなく節分で何となく豆を豆ていたという人も多いのではないでしょうか。ぼくもその一人です。

しかし、行事があったり、子供に聞かれたらということもあり、今回このテーマになりました。みなさんも参考にして、正しい豆まきをして福を呼び込んでください。

節分の由来

節分とは何かと聞かれれば、季節の変わり目を意味するものです。昔であればせ「せち分かれ」と言って立春、立夏、立秋、立冬の季節の始まりの日の前日を節分と言ったそうです。

現在、冬から春になる立春の前日の、2月3日だけが節分として残りました。立春は1年の始まりと考えられていたということもあり、立春の1日前の節分は大晦日にあたるそうです。悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎えるために、春の節分だけが行事として残ったと言われています。

では、なぜ豆をまくのでしょうか。

季節の変わり目には鬼が出るという言い伝えがあり、節分には豆をまいて鬼を追い払うのは、室町時代から続いているようです。

豆をまくようになった理由については諸説あります

・豆には力が!
昔から米や豆には、邪気を払う力があるなんて言われていました。
豆の持っている邪気払いの力なんかで、鬼を追い払うために、豆をまく!ということのようです。

・鞍馬山の近くの鬼が村人を困らせていたそうです。その時に鬼を追い払うのに豆を使ったということから、
豆をまくようになったそうです。

・鬼が暴れている際に、神様のお告げでもって豆を鬼の目に投げたら、鬼を退治することに成功したというもの。

「魔(鬼)の目 → 魔目 → まめ」 と 「まめ → 魔滅 → 魔を滅する」と言葉遊びみたいに考えられた
という説もあります。

豆まきの豆は必ず炒った豆を使うそうです、豆(魔目)を炒るは鬼をやっつける意味があるそうです。

炒る → 射る ということのようです。

拾い忘れた豆から芽(目)が出ることが演技が悪いとされているので、生ではなく炒ったものになると言われているそうです。

炒った豆のことを福豆というそうです。

正しい豆まきの仕方、食べる豆の数について

・福豆を升に入れ、豆まきの直前まで神棚にお供えして、神様の力を宿すようにする。
※神棚がない時は、目線より上のタンスの上などに白い紙をのせてお供えをする。
・夕暮れに、窓を開けて、家の奥から外に向かって豆をまく。
・豆をまくのは、家の主人か年男とされている。
・掛け声は「鬼は外、福は内」と元気よく。
・鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。
・窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数だけ豆を食べる。
・豆を食べることで、鬼退治が完了したことになる。

数え年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられると言い伝えられています。

節分に食べるもの

スポンサーリンク


これは豆まきに使うものなので、食べると思いますが、鬼を退治するという意味と、福を自分の中に取り込むということですね。基本数え年の分だけ食べましょう。

イワシ
丸焼きにして食べることの多いイワシは、焼いた頭をヒイラギの枝の先につけて、玄関先にさしてあるのを見かけますが、これはヒイラギの棘や焼いたイワシの強い臭いで、鬼を追い払うものとされています。ヤイカガシと呼ばれています。(イワシがない地域はその地方地方でその土地の魚だったり、棘も竹や杉などいろいろあるそうです。)

そば
これは昔の大晦日という意味で「年越しそば」を食べていたそうです。先ほど説明したように立春が一年の最初の日と考えられていたからですね。そばを食べるのには、お金がためるとか、災難を断ち切るとか、長生きできるなどの説があるそうです。

まとめ

こうして調べてみると、昔の人が考えて意味のあることだったんだというのがわかりますね。みなさんもほーなるほどと思ったのではないでしょうか。少しでも参考になった方はすぐにアウトプットしていってください。由来を知って正しい豆まきを行えば福が呼び込まれることでしょう。今年も楽しい一年になるといいですね。

それではみなさん、今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!