パンプスの踵が脱げる人や痛い人の靴のサイズの選び方は?靴下など対処法は?

Pocket

ビジネス、プライベート、冠婚葬祭など女性であればさまざまなシーンでパンプスを履くことがあるでしょう。

 

20代後半の私、パンプスを履く機会が多々ありますが、どうにも好きになれません。

 

その理由は、かかとがすぐに脱げてしまったり、足が痛くなったりするから。

 

きっと、同じような理由からパンプスが苦手であるという女性は少なくないと思います。

 

そこで今回は、パンプスを履いてかかとがすぐに脱げてしまう、足が痛くなってしまうという悩みを抱える女性のために解決方法を紹介していきます!!

 

 

パンプスは踵が脱げる人や痛い人はサイズの選び方が間違っている?

 

 

パンプスを履いていて、かかとがすぐに脱げてしまう、足が痛くなってしまうという人は少なくありません。少なくとも私はこれに当てはまります。

 

では、なぜこのようなことが起きてしまうのか、その理由をあなたは知っていますか?

 

その理由とは、自分の足のサイズパンプスのサイズが合っていないからでした。

 

みなさん、パンプスを足のサイズだけで選んでいませんか?パンプスを購入するときには、正しくサイズを測る必要性があります。

 

では、次の見出しでパンプスの正しいサイズの選び方について紹介していきましょう!

 

 

正しいサイズの選び方は?

 

 

まずは足のサイズをチェックします。(22.5cmや24cmといった足のサイズのこと)

 

ベルメゾンネットでサイズの図り方がありました。

 

そして、ワイズを測っていきます。

(ワイズとは、足の親指と小指、それぞれの付け根にある骨の出っ張り部分をグルっと一周して測った寸法)

https://www.bellemaison.jp/pc/popup/s_guide/size_shoes.html

https://www.bellemaison.jp/pc/popup/s_guide/size_shoes.html

 

・靴を履いた状態で足の指の形が見える

・履き口に指が入る、隙間がある

・つま先立ちしたときにかかとが浮く

・靴を履いたとき、指先に1cm程度の余裕がない

 

パンプスを履くときには、これらのチェック項目を一度確認してみて下さい。

 

もし一つでも当てはまるようであればそれはサイズとワイズが合っていないということとなります。

 

また、つま先の形によって、パンプスの相性があるということを知っていましたか?

 

親指が長い「エジプト型」

このタイプの人にはオブリークトゥパンプス、ラウンドトゥパンプスが相性抜群

 

人差し指が一番長い「ギリシャ型」

このタイプの人にはポインテッドトゥパンプスのパンプスが相性抜群

 

親指と人差し指の長さが同じ「スクエア型」

このタイプの人にはスクエアトゥパンプス、オブリークトゥパンプスが相性抜群

 

 

このようにつま先の足の形により、相性の良い悪いパンプスがあるのです。

サイズ、ワイズの測り方、つま先にあったパンプスを選ぶということで、踵がすぐ脱げてしまったり、足が痛くなってしまったりというトラブルを少しでも緩和させることができるでしょう。

 

 

靴下などの工夫や対処法はある?

 

では最後に、踵がすぐに脱げてしまう、足が痛くなってしまう場合の工夫や対処法について紹介していきます。

 

 

インソール

サイズがやや大きめのパンプスの場合はインソールを使用するようにしましょう。

インソールを使用することで大きめサイズのパンプスでも脱げることなく履くことができます。

パンプス用のつま先用のインソールもあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

パンプス用靴下

パンプス用に作られた靴下は優秀で、足の裏に滑り止めがついていたり、

つま先がクッション素材になり足が痛くならないよう考えて作られたものもあります。

そういった靴下をパンプスを履くときに選ぶことで、足が痛くなくなります。

 

かかとずれないジェル

100均でも対処グッズは販売されています。

かかとずれないジェルはキャンドゥから販売されているものです。

かかとにつけることでクッションとなり、靴擦を防いでくれる効果があります。

 

ドライヤーでパンプスを柔らかくする

パンプスを履いて痛いという場合、多くがパンプスがまだ足に馴染んでいなく硬いことが原因となっています。

そこで対処法として登場するのが、ドライヤーです。

ドライヤーの温熱でパンプスを柔らかくし、足に馴染ませていきます。

パンプスを自分で履いた状態で、ドライヤーを当てていくようにして下さい。

 

パンプスを履いていて踵がすぐ脱げたり、痛い思いをしている場合には、このような方法で対処していきましょう。

 

かかとがすぐに脱げる、痛い思いをしないためにも、パンプス選びから今回のことを意識して下さい。

 

パンプスを購入するときは、絶対に試着するようにしましょう!パンプスは特にネットで買うと失敗することが多いので…、個人的にはおすすめしません。

 

今回紹介した記事が、多くの女性の役に立つことを願っています。