TAG しぜんミュージアム

しまじろうのわお!

しまじろうわお!透明標本作家の富田伊織とは?活動内容や作品の購入は?

富田伊織さんが言うには、透明標本というのは生き物の生きたままの骨の形を見るために作られたものであるということを言っています。
標本にはさまざまなものがありますが、恐竜などの標本はバラバラになってしまったものを人の手によって組み合わせていきます。しかし透明標本はそうではありません。人の手は加えずそのままの形、姿で標本にしているんです。