フライパンのテフロン加工が剥がれたら有害?洗い方のコツや修理は?


スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!

 

最近のフライパンにはくっつかないようにとテフロン加工がされています。

 

しかしこのテフロン加工って使い方が悪かったりするとすぐに剥がれてしまうんですよね…。

 

実はテフロン加工が剥がれると、人体に有害らしいので使わない方がいいのだそうです。

 

そこで今回はテフロン加工が剥がれない洗い方、また修理方法はあるのかなどをまとめていきます。

 

 

フライパンのテフロン加工とは

 

 

フライパンは、調理したものがくっつかない、焦げ付かないようにと表面に加工がされています。中でも、テフロン加工がもっとも普及しているようです。

 

テフロン加工されたフライパンは焦げ付かないことでも知られています。さらにテフロン加工は汚れが落ちやすいのです。

 

使いやすいことで知られるテフロン加工されたフライパンは、低価格で手に入れることもできることから、人気のフライパンとなっています。

 

テフロン加工されたフライパンがくっつかなく焦げ付かないのには、理由があります。テフロン加工は、フッ素樹脂を使用して加工されています。

 

 

このフッ素樹脂は摩擦係数が非常に小さくなっています。そのためくっつかなく焦げ付きにくくなるのです。

 

私たちはフッ素樹脂のおかげで、ストレスを感じることなく料理が出来ているんですね。

 

 

最近流行りのダイヤモンドコーティング、マーブル加工のフライパンもテフロン加工されたフライパンなのです。

 

私はネット通販でダイヤモンドコーティングのフライパンセットを購入しました。セットだったので高くついたのですが、現在買って1年、問題なく使用することができています。

 

フライパンは主婦であれば毎日使うものだと思います。

 

安いものを買いなおすよりも、いいものを長く使った方が安くつくので、フライパンを新しく購入しようと考えている方は、いいものを購入されることをおすすめしますよ。

 

 

テフロン加工が剥がれたものは有害?

 

テフロン加工されたフライパンが魅力的であることが分かったでしょう。しかし実はテフロン加工されたフライパンはいいことばかりではないのです。

 

テフロン加工は、剥がれた時が問題で、剥がれてしまったテフロンを万が一口に入れてしまったら有害なので危険といわれているのです。

 

一度に大量の剥がれたテフロン加工を摂取してしまうと、最悪腸閉塞などの病気になってしまう恐れがあります。

 

そのため有害といえるでしょう。

 

しかし一度に大量に摂取するなんてことはまずありえないですよね?

 

少量であれば、便と一緒に出ていくので問題ないようです。

 

少量でも気になるという方は、テフロン加工が剥がれかけているフライパンは使わないようにするといいでしょう。

 

 

 

洗い方のコツや修理について

 

 

テフロン加工されたフライパンの寿命は2年~3年となっています。しかしきちんと扱うことで寿命を伸ばすことができるのです。

 

どのように扱うことで寿命を伸ばすことができるのでしょうか。またテフロン加工されたフライパンは修理することができるのかもみていきましょう。

 

 

洗い方のコツ

 

テフロン加工されたフライパンを使用した場合、調理したものをそのままにしないですぐに洗う必要があります。

 

すぐに洗うといっても、熱いままのフライパンにいきなり冷たい水をかけてはいけません。

 

急に温度が変わってしまうとコーティングが剥がれやすくなってしまいます。洗う時は、なかなか落ちない場合であってもタワシ、クレンザーは使用してはいけません。

 

 

柔らかいスポンジで洗う必要があります。洗ったらすぐに布巾などで水気をふき取ります。このように丁寧に扱うことで、4年5年とフライパンを使用することができるようになるのです。

 

 

フライパンっていいものだと結構いい値段がするのでできるのなら長く使用していきたいですよね。汚れがなかなか落ちないとついタワシを使ってしまいますよね。

 

 

スポンジで磨いてもなかなか汚れが落ちない時は、お湯をフライパンに入れて少し時間を置いておきましょう。

 

そうすることでしつこい汚れを浮かすことができ、スポンジで簡単に汚れを落とすことができるのです。

 

 

修理は有効?

 

スポンサーリンク

 

高い値段を払って買ったテフロン加工のフライパン。

 

テフロン加工が剥がれてきたらショックですよね…。

 

そんな方に朗報です!修理することができます。

 

テフロン加工のフライパンは、今はネットで修理可能です!

 

フライパンを送れば修理をしてもらうことができるんです。

 

結婚祝いなどお祝いで買ってもらったものや高かったものなどは修理に出すのもいいかもしれませんね。

 

私は修理に出したいと思うような高級なフライパン、思い出のあるものはないですが、修理できるのはありがたいよなと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回はテフロン加工についてまとめていきました。

 

・テフロン加工はくっつきにくい、焦げ付きにくいフライパンである

 

・テフロン加工が剥がれたものは有害であるが少量なら問題ない

 

・洗う時はタワシではなく柔らかいスポンジで洗う

 

・テフロン加工のフライパンは修理が可能で、きれいに復活する

 

などのことが分かりました。テフロン加工のフライパンは、きっとどの家庭にも1つはあると思います。正しく使用して長く使用できるようにしていきましょう。

 

 

参考サイト

 

https://life.pintoru.com/frypan/teflon/

https://matome.naver.jp/odai/2139082768038932501

http://furaipan-osusume.com/

http://www.sentec-jp.com

 

ライターAさん

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!