小さな巨人9話最終回で小野田と富永が逮捕?最新ネタバレ予想と感想


日曜劇場『小さな巨人』TBSテレビ第9話セミファイナル!巨大な組織との戦い!本当の裏切者は!?

前回はやっと横沢を逮捕したが、山田が横沢を連れて逃げてしまったところからですね。

 

今回は山田と横沢が無事に捕まるか、そして何を隠しているのか、早く知りたいですね!!

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ小さな巨人(第二話)の真犯人は誰?あらすじや感想ネタバレも

 

あらすじ

香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちは苦労の末に、元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害したとして、容疑者・横沢裕一(井上芳雄)の身柄を確保。

だが、山田(岡田将生)が横沢とともに姿を消してしまった。香坂は山田と共犯の疑いがあると自宅謹慎を言い渡されてしまう。

一方、山田は父親であり内閣官房副長官勲(高橋英樹)の家に乗り込むが…。

 

あらすじ続き(ネタバレ)

 

山田と横沢は、香坂の家に鳴りを潜めていた。香坂が帰ってくると、事情を説明する。

横沢は事件の夜、呼ばれた場所に行くと江口が倒れていて、その際に富永が毛髪を現場に置いている姿を見たという。

そして、富永は誰かに電話をしていた。

 

 

山田は裏帳簿のコピーを持っていて、山田勲の名前がある。早明学園から賄賂が送られた証拠だという。そして、破れた箇所があるという。

そこに何が書かれているか分かれば、17年前に何があったか分かるという。小野田と富永の両方を知っている人物がその空白のページを知るカギになるという。

その人物は香坂の父親だという。

 

 

山田と香坂は、父親の香坂敦史に会いに行くが、老人ホームにいて分かる状態ではなかった。

渡部率いる捜査一課が、山田を探しにくると、ボケていたはずの香坂敦史が「お前ら捜査令状はあるのか。捜査一課長はすなわち正義、帰りたまえ」と一括する。

香坂と山田が話を聞くと、「これは山田さんとの絆だ」という言葉を残した。

その後、山田は父親の山田勲に会いに行く。裏帳簿のことを話すが、好きにすればいいという。まったく相手にされない様子。そして、そこに小野田がいる。

小野田に連行されていく。

 

香坂が監察官の柳沢に呼ばれる。

小野田は上司を内部告発して、所轄へ追いやった。

その後、小野田も飛ばされるが、ありえないスピードで出世したという。

内部告発された上司は、香坂の父親の香坂敦史だ。

香坂は言う。絶対に許さないと。

 

所轄の部下が香坂の元へ行く。捜査を開始する。そこで、金崎理事長の旧姓が山田だということに気付く。

そして、金崎は事件の当日、屋上に鉄骨が落ちたにもかかわらず、何も気づかなかったという。

金崎の元を訪れる。

ドンと大きな音がする。

金崎はびっくりする。「何この音!」

これは鉄骨の落ちた音です。あなたは事件の当日何も聞こえなかったそうですね。

富永専務と金崎理事長は嘘をついている。あなた達が江口を殺したんだ。

富永が邪魔に入る。

 

 

香坂、今回は小野田の許可は必要ないという。今回は捜査一課ではなく、捜査二課が事情を聴くという。

帳簿に関して話を聞くという。これは贈収賄の疑いなので、知能犯罪の捜査二課が担当になります。

任意同行を断れば、マスコミにバレてしまうでしょう。

と、金崎を連れて行ってしまう。

 

山田は小野田に呼ばれて、取引を持ち掛けられる。

17年前に山田勲が何をしたか、金庫の中にすべて隠されているという。

すべてしゃべるなら、その中身を見せるという。

 

捜査二課、金崎を落とすためにはコピーだけでは不十分です。

裏帳簿の原本が必要になります。

 

香坂は、裏帳簿の原本を手に入れるべく、渡部にお願いする。

しかし、あと一歩ということろで捜査一課に邪魔される。

 

香坂は小野田に呼ばれる。

山田は何もしゃべらなかったという。

だが、渡部は香坂との信頼があついから、渡部をマークしていたという。

部屋には裏帳簿が並んでいる。

金崎は釈放されるという。

早明学園の裏帳簿の1ページ目のこの切れ端の部分には、小野田の名前が載っているという。

これが分かればすべて終わりだと。

富永専務と繋がっているのも、すべてこういった関係によるものだという。

小野田なら教えてやろう。と切れ端を香坂に見せる。

小野田:お前は捜査一課長になる覚悟はあるか。

香坂:覚悟ならある!

小野田:よく言った、見せてやろう。

 

 

香坂は裏帳簿の切れ端を見る。

そこに書かれていた名前は、香坂敦史だった。

金崎理事長から賄賂を受け取っていたのは、小野田ではなく、香坂だったという。

震えて崩れる香坂。

小野田:本当の裏切者は、お前の父親なんだぞ。

香坂:うそだ、違う、違う!

 

ここで終わる。

 

感想

 

スポンサーリンク

 

 

今回は逃げた山田と横沢が、まさか香坂の家にいるというところから始まった。

美沙の、のんきさがなかなかおもしろかった。あと、まずはお風呂に入ってくださいとか。

裏帳簿もコピーだけではダメで、原本が重要だけど、見事に持っていかれましたね。

捜査二課かっこよかったなー!

 

山田勲も冷酷な人間だなと思った。息子がお父さんという姿が切なかったです。

香坂の父親も急に、しゃべり出したが、今でも捜査一課長を目指しているというのが、香坂にとっては辛い姿ではないでしょうか。

しかも、裏帳簿の切れ端には香坂の父親の名前があったというので、崩れ去っていたし。

これから、どう大逆転があるのか、楽しみですね!

 

小さな巨人(ドラマ)ヒロインの芳根京子はいる?演技力とレビューまとめ

ドラマ小さな巨人(第二話)の真犯人は誰?あらすじや感想ネタバレも

 

 

次回最終話ネタバレ予想

今回は、裏帳簿の切れ端が香坂の父親という最悪の結末で八方ふさがりというところで終わってしまいましたね。

ここからどう大逆転していくのか。

次回予告とあらすじを見てみましょう。

元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された事件の真相究明に努めていた香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちであったが、事件の鍵を握る横沢裕一(井上芳雄)の身柄と早明学園の裏帳簿を小野田捜査一課長(香川照之)率いる捜査一課に奪われてしまった。

香坂は、この事件と17年前の事件に関係していると疑う小野田を問い詰めると、17年前に金崎玲子(和田アキ子)から賄賂を受け取り、裏帳簿に名前を記されているのは父親の敦史(木場勝己)だと打ち明けられる。
愕然とする中、留置場に入れられ、山田(岡田将生)も逮捕されてしまう絶体絶命の状況に追い込まれる。

だが、藤倉(駿河太郎)が、事件の夜に富永専務(梅沢富美男)が電話をしていた相手を調べ上げると…。

 

小さな巨人8話山田と横沢に何が?小野田が逆らえない理由ネタバレ予想

 

最後の一文を見ると、藤倉が事件の夜に富永専務との電話の相手を見つけてくるということですね。

そこから崩していくということが分かります!

その相手は小野田か金崎なのではないでしょうか。

個人的には小野田と予想します。

 

小野田に殺した報告や、どう隠蔽するかなど話していたのではないでしょうか。

それから、殺人の現場に横沢が何かペンのようなものを蹴ったようだったが、それが何かの証拠になるのではないでしょうか。

 

監査官の柳沢も何かを調べていたが、小野田を追い詰める手がかりを持っているのではないでしょうか。

 

裏帳簿を取り返して、金崎は捜査二課に追い詰められていき、賄賂の件を話してしまうのではないでしょうか。

 

そして、昔の不正を芋ずる式に、小野田、富永、金崎と逮捕されるのではないでしょうか。

警察組織もたくさん関わった人間がいて、大きな騒ぎになりそうですね。

 

香坂の父親は、何か弱みを握られて、片棒を担がされたのではないでしょうか。

例えば、息子を一生面倒見るというような。。。

 

そして、まだ謎を残して終わるという感じもします。

それが、映画化や続編に繋がっていくのではと予想しますが、みなさんいかがですか!?

 

 

小さな巨人5話小野田が裏切った相手とは?あらすじとネタバレを考察

小さな巨人6話山田の逮捕はハメられた?ネタバレ感想と黒幕を予想

 

参考サイト

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

 

スポンサーリンク

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!