最終回小さな巨人の本当の意味は?感想と結末ネタバレと黒幕も


日曜劇場小さな巨人第10話最終回です!

「まだ終わっちゃいない」最後の戦い、本当の犯人は!?ということで、最後の最後まで引っ張った犯人や、裏の大きな黒幕とは誰なんでしょうか!?

最終回寂しいですね!!

 

 

スポンサーリンク

 

小さな巨人9話最終回で小野田と富永が逮捕?最新ネタバレ予想と感想

小さな巨人8話山田と横沢に何が?小野田が逆らえない理由ネタバレ予想

 

結末ネタバレと黒幕は誰!?

 

江口殺害時に富永が電話をしていた相手とは

江口殺害犯行当時に、富永と電話していたのは小野田ということでしたが、もうひとつプリペイド携帯を持っていて、豊洲署の須藤課長と連絡を取り合っていた。

須藤課長は富永に内通していて、捜査状況を漏らしたり、捜査資料を隠したりしていた。

そして、江口殺害当時富永とその携帯で電話していたのは、金崎だった。

 

江口殺害の犯人と証拠は?

 

証拠として、江口を殺した現場で横沢が蹴った何かとは、早明学園のボールペンのキャップだった。

 

そのキャップが犯人のものである可能性が高いということでした。

しかし、当時は現場からは見つかっておらず、配水管に落ちて流れた可能性が高いということでした。

配水管を探っていた姿を見て、小野田が怪しかったのですが、どうやら本当に犯人の証拠を見つけるため?のようでした。

 

金崎も配水管を探していたということで、ボロを出しましたね。

金崎が江口を尾行して、クレーンを操作して鉄骨で殺害した。そしてそれを富永が横沢がやったように偽装小作をした。

 

17年前の事件と黒幕

 

当時、金崎は学園を設立できない為に、山田勲に賄賂を贈って便宜を図ってもらった。

それが松山という運転手にバレた。裏帳簿をバラすと言われ、金崎ともみ合いになり殺す。

金崎は裏帳簿は取り返したものの、松山が切れ端を持ったまま落ちたので、取り返せなかった。

その上、もみ合いになって自分の血痕が残っていた。

 

その裏帳簿の切れ端を、当時事件の担当だった香坂の父親が発見して犯人も分かった。

組織に立てつくか迷った末に、金崎(当時は山田)は自首するというし、自分もやめる覚悟でこの事件を扱うとした。

しかし、当時の捜査一課長だった富永に隠蔽される。

そして、その裏帳簿の切れ端を小野田に隠蔽するように指示して渡す。

 

 

その切れ端は、小野田の金庫の中に眠っていた。

破棄しなかったのは、小野田の正義だという。

その切れ端があれば、金崎の血痕が残っていて、DNA鑑定すれば証拠になるという

 

すべてを丸め込んで、結局一番の黒幕は富永ということになる。

 

小野田の説得

 

17年前の証拠となる切れ端を持っている小野田をどう説得したか。

香坂は17年前の真相のことや、小野田が裏帳簿の切れ端を持っていたことを一課長の正義だとして説得した。

小野田がすべて話すと、香坂はそれをボイスレコーダーにとっていた。

 

これで関係は対等だとし、小野田の正義を信じてボイスレコーダーを小野田に渡す。

小野田は泣きながら、香坂に切れ端を渡す。

小野田の演技は、歌舞伎的な感じもしたけど、すごい迫力のある場面でしたね。

 

 

感想

 

今回は最終回ということで、どうなるかと思ったが、小野田一課長が逮捕されると思いきや、実は証拠を隠してはいたものの、正義の心を持ち合わせていた人物だったとは予想外だった!

江口が殺害された現場に残された、横沢が蹴ったものが何かずっと気になっていたが、早明学園のキャップで、それが金崎のものだったとは。っというか、小野田も紛らわしいですよね、ちょうどキャップがないなんて。

香坂も、小野田が犯人だと決めつけて、あれだけ詰め寄ったのに肩透かしを食らった形になった。小野田も案外心が広いんだなーと。

 

 

最終回というだけあって、言い合い?がすごかったですね。というか、よく噛まないで言えるなというぐらいの畳み掛けるようなセリフの連続が、すごい。半沢直樹みたいで、見ごたえがすごかった。

富永と、金崎が逮捕されるとは思ったが、小野田は所轄に行くという人事で、山田勲は職を降りるという形で、無難なところに落ち着いた感じでしたね。富永も処罰されないし!

 

 

終わってみて、最初は注目してないドラマだったのですが、回を増すごとに面白くなっていきました。

最後は、一気に解決という感じでしたが、いくところまでいった感じがして、見た後の爽快感がありました!

見た感じ、捜査一課長に上り詰めるまで、続編や映画化などされないかなーと期待しています!

 

小さな巨人というタイトルに込められた本当の意味

 

スポンサーリンク

 

 

日曜ドラマ「小さな巨人」ということで、最初はなんとなく敵と思われていた小野田が、敵として大きい存在なのかなと思っていました。

それぞれに感じ方は違うと思いますが。。。

しかし、最終回で香坂が山田の辞表を破り捨てて、小野田の元に向かったときのセリフで、やっとタイトルの意味が分かりました。

 

 

「香坂さん、あなたはそうやっていつも背負わなくていいものまで背負ってきた。

ぼくらは、組織の中ではとても小さな存在なんです。ですが、あなただけは違う。

たくさんのものを背負ってきたあなたの背中は、僕にはとても大きく見えた。

それはきっとみんなも同じです。

 

あなたは、組織という巨大な怪物に立ち向かえる、小さな巨人なんだ。」

 

この山田のセリフを聞いたとき、ぞくぞくっとしました。

 

小さな巨人とは、香坂のことだったんだと知りました。

言われてみれば確かにそうだ、まっすぐブレることなく正義を貫いてきた香坂は大きな存在、組織に立ち向かう小さな巨人なんだと感じました。

かっこいいなー!

 

小さな巨人7話富永専務は逮捕できるか?あらすじとネタバレ感想

小さな巨人6話山田の逮捕はハメられた?ネタバレ感想と黒幕を予想

 

まとめ

 

今回は最終回でしたので、小野田がいつ逮捕されるのか、また土下座するのかなんて、勝手に思っていましたが、意外な展開での結末でしたね。

結局のところ富永が黒幕ということでしたが、小野田は利用されていただけで、大きな闇というのは富永でしたね。

原作がなかったので、ネタバレがなかったのですが、おもしろかったですね。

最終回が寂しいですけど、これで終わりなんですね。

 

みなさん、最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

 

ドラマ小さな巨人第四話三笠署長が黒幕?あらすじやネタバレ考察まで

小さな巨人(ドラマ)ヒロインの芳根京子はいる?演技力とレビューまとめ

 

 

参考サイト

 

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

 

スポンサーリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!