ドラマ小さな巨人第3話にて警察内部に裏切り者?感想考察とあらすじ


はじめに

 

スポンサーリンク

 

今回は、警察の内部に裏切者がいるということで、いくら捜査しても情報が漏れてしまうという大変な事態に。

今回は小野田一課長とどう戦っていくのか、それとも協力して捜査をしていくのか、楽しみですね。

 

あらすじ

香坂(長谷川博己)は、渡部(安田顕)とともに捜査を続け、山田(岡田将生)の助けもあり、風見京子(富永沙織)を殺害した真犯人を池沢菜穂(吉田羊)から聞き出そうとするも、供述を一転されてしまい、捜査一課と所轄は深い痛手を負った。

そんな中、小野田(香川照之)は事件を解決するためならなんでも使うと、所轄との合同捜査本部を設置する。
この事件の最重要人物とされる隆一(加藤晴彦)は、バーのオーナー・山本アリサ(佐々木希)の証言からアリバイが成立していた。

だが、アリサの写真を見た香坂は、左遷させられた一件の時に、隆一とアリサが一緒にいたことを思い出す。

二人の関係次第ではアリバイを崩せると考え、指示に逆らって捜査をするため、一課に合流した中村(竜星涼)から情報を得てアリサの店に向かうが…。

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/story/

捜査一課は手柄を横取りされた上に、取り調べで供述を一変されて、メンツをつぶされた形になった。

捜査一課は風見京子の事件で、所轄に捜査協力を求めてきた。

小野田は捜査一課と所轄が共に捜査協力をして、真相を突き止めるという。

香坂は、この発言に違和感を感じている。小野田はこんなことをいう人物ではない。

この事件の最重要人物とされる隆一(加藤晴彦)は、バーのオーナー・山本アリサ(佐々木希)の証言からアリバイが成立していた。

所轄に捜査協力を求めてきたが、事件の場所以外の地域を全員でカメラに映ってないか調べるというもの。所轄の刑事は、意味がないんじゃないか、これは捜査と言う名の拘束ではないかと。

山田が二課で調べているが、そのコネも利かなくなってなってきている。

所轄の代表として、中村が捜査会議に出席して情報を所轄に流している。

柳沢監査官が捜査二課員と話をしている。なぜか。

小野田に山田は香坂でも何でも使って情報をとるように言われる。

香坂と渡部はバーで聞き込みをしているが、店員は嘘を言っているようだと香坂は読んでいる。

なら、隆一とアリサはどういった関係なのか、渡部が探ってみるという。

一課から、さらに映像の捜索範囲を広げるように言われる。

所轄が動けないように拘束する為だ。

山田と香坂が話をする。

こそこそ何をしているんだ。

香坂さんこそ何を隠しているんだと。

一課に手柄を持っていかれて、こんなんでは信頼関係を築けない。

香坂は山田に、なぜキャリアにならないというと、山田は声を荒げてぼくだってそう思っていた!ぼくの絶望はあなたにはならないと。

キャリアではなれない、捜査一課長になりたい、それがぼくなりの戦い方なんですよと。

めずらしいな、お前がそんなに感情を表に出すなんて。

その原因は小野田捜査一課長だな。あの男が何を考えているか。

山田は一課長が何を考えているかなんて関係ない、捜査をするだけだと。

 

家では美紗が家で断捨離している。

その時、シューズの箱が目に留まる。adidasの三本線で、前に隆一を飲酒運転で取り調べようとした時に、一緒にいたアリサの持っていた紙の封筒のようなものにL字の三本線のようなものが入っていたことを思い出す。

リバー証券のマークじゃないか。

前に隆一もこのマークの封筒を持っていた。

つまり、前から隆一とアリサが繋がっていたということなのか。

それを山田が聞いて怒っている、何が信頼関係だ、重要な情報を黙っていて。

香坂がお互いに手を組もうと呼びかける。

山田、捜査二課も山本アリサを追っていたんだ。インサイダー取引で。

任意でアリサを引っ張ろうということになる。

すると、バーにはすでに一課がいて、アリサがすでに拘束されていた。

香坂は、これ以上動くと処分されているという。

それより、所轄で誰かが一課に情報を流しているという。

だが、今やるべきことはそちらの犯人捜しではない。

今やるべきことは監視カメラの映像を確認していくことだという。

所轄は昼夜を問わず、作業を続ける。

中村は一課の手伝いをしていて、何かを言いだそうとするが、香坂に応援される。俺も昔はそうだった、チャンスをものにしろと。

渡部がカメラの映像から、バーの高瀬を見つける。

先日バーの店員が人気のゲームを持っていた。

そのゲームを買うために彼は店を並んでいた。

つまり、彼のアリサは店にいたという証言はうそだということが判明した。

他にも何かないか、引き続き探すんだ。

中村、手伝ってくれてありがとう。中村はどこか浮かない表情だ。

誰かが所轄に忍び込んで、CDのコピーを持ち出す。

それは、杉本副所長だった。

それを香坂に見つかる。

所轄全員で、杉本所長を囲む。

杉本所長は、私は情報なんて漏らしていない、お前らの中にいるんじゃないのか。

香坂なら分かっているんじゃないのか。

ぼくです。(中村)みなさんの情報を漏らしていました。

それは、副所長の指示でだな。

一課を目指している中村に口を利いてやると言われたんだ。

人事を盾にして、そういったことをしたんだ。

杉本所長はこれは中村に言われてやったんだという。

香坂は器材室には、監視カメラを設置したという。

CDを盗んだ証拠があるという。

これはその・・・

香坂:言い訳をするな、この泥棒が!

中村:本当にすみませんでした!

渡部、お前が一課に情報をもらしたということは、上司に報告しただけだ。

中村さんは正直すぎるよ。

 

証拠?この映像を突き付ければ、アリサは証言するかもしれません。

一課長は私が説得します。

小野田に電話をすると、いいだろう、お前たちが手にした証拠だ、責任を持ってお前たちがやれという。

小野田はまた誰かに電話している。

香坂はバーに向かうが、すでに誰もいない。

なぜ、どうやって情報を知った。

警察内部に裏切者がいる、中田隆一との内通者がいたということになる。

誰だ誰だ誰だ誰だ。

まさか、小野田一課長が頭をよぎる。

 

スポンサーリンク

 

場面は変わって

山田:山本アリサの口座情報を入手しました。

そこに見覚えのある名前が。

小野田一課長の奥様の名前が。

中田和正、中田隆一と小野田が一緒に料亭で飲んでいる。

今回は救われました。

 

香坂:小野田一課長と山本アリサが繋がっていたのか。

一か月前の酒の席で、私に会いに来たが、山本アリサと中田隆一のつながりを知られたくなかった。

だから、香坂さんが左遷されたのでは。

だとしたら、小野田一課長は犯罪に手を貸したということになる。

敵は味方の振りをしてきた。

だとしたら、我々の敵は小野田一課長。

絶対に許さない。

我々のすべきことはただ一つ、戦うしかない。

 

次回予告

 

 

感想と考察

今回は捜査一課と所轄が協力するというので、どうなるかと思ったが、所轄に捜査をさせない為だったとは。

山田と香坂のタッグがカッコいいなーと思いました。できる男たちって感じで!

杉本副所長が、がつんとやられた時は、半沢直樹的なすかっとする気持ちになりました!

しかし、黒幕は中田隆一だと思ったが、その裏にさらに大きな存在がいたとは。

まさか、捜査一課長が。。。

これではいくら捜査しても捜査一課長のもとに情報がいけば逃げられてしまう。

これから、上司に内密に捜査して証拠を見つけていかなければならない。

そのせいか、次回の予告は懲戒免職の危機ということになる。

だが、それを打開する方法は、どうやっておこなっていくのか、見ものです!

出来る香坂が、どう切り崩して、小野田はまたあの土下座が出るんですかね!?

来週どうなっていくか、楽しみですね。

 

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

参考サイト

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

 

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!