ドラマ小さな巨人第四話三笠署長が黒幕?あらすじやネタバレ考察まで


はじめに

 

スポンサーリンク

 

 

今回は小さな巨人第4話ということで、小野田一課長の不正に切り込んでいく。どこまで一課長を追い詰められるのでしょうか、そして、どこまで香坂は戦えるのでしょうか。

事件も解決するのでしょうか。楽しみでですね。

ネタバレありますので、ご注意ください。

 

ドラマ小さな巨人第3話にて警察内部に裏切り者?感想考察とあらすじ

小さな巨人 第4話 あらすじ

香坂(長谷川博己)は山田(岡田将生)と手を組み、風見京子(富永沙織)殺人事件の真相を突き止めるため、鍵となる山本アリサ(佐々木希)の身柄を押さえようとするが、寸前の所で取り逃がしてしまった。

警察内部に内通者がいることに気付き、この事件の背後には小野田(香川照之)がいると悟った香坂は、小野田が警察の情報を外部に流しているのならこちらも、と供述を変えた菜穂(吉田羊)の一件を新聞社にリークする。その狙いは、記事を見た中田(桂文枝)が憤慨し、小野田と接触する様子を押さえるためだ。

予想通りの動きを見せた中田と小野田。
「チャンスはこの一度きりだ」と、渡部(安田顕)ら芝署員とともに二人が会合する店に潜む香坂だが…。

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/story/ep4.html

→続き

中田は小野田の部屋に行く一歩手前で立ち止まり、携帯を見て引き返す

小野田が隣の部屋の襖を開けると香坂がいる。

ここで何をしようとしていた。

内通者が小野田だと疑っていることがバレ、マスコミに情報をリークしたこともわかる。

もし違ったらどうなるかわかってるなと脅される。

結局は小野田一課長と中田社長の内通の場を抑えることはできなかった完全な敗北となった。

家に帰ると美沙が、新しい靴を買って待っている。

警察をやめるかもしれない言っても、好きにやればいいと励ましてくれる。

そしてまた、覚悟を決める。

 

警察所に戻り、新たに捜査をする。

今回の情報のリークは山本アリサに揺さぶりをかけたものでもあるという。

山本アリサが自分の状況を理解してない、ましてや中田隆一が人殺しの容疑が掛かっていることもわかってないかもしれない。

そして、ようやく状況が理解できてきたかもしれない。

自分が危うい状況にいることや、殺人の手伝いをさせられていたかもしれないことなどだ。

アリサは直接連絡をとってくるかもしれない。

 

山本アリサはなかなか姿を見せない。

山田はすでに小野田に、香坂の手伝いをしていることを見破られている。

それでも、自分を切らないのはなぜか、香坂も小野田の考えがわからなくなってきていた。

山本アリサは監視システムにAIを搭載したものを開発している会社に、多額の投資を決めたが、開発にはいたらず大損害を被ったという。そして、アリサがすべての責任を負った。

 

その時、アリサが姿を現せる。

中田隆一と接触している。

 

山田がすぐに捕まえようとするが、止められる。

 

隆一とアリサが隠れていたところへ行く。

隆一に言われる。お前もすでに犯罪者なんだよ

 

山田と香坂はその場所を突き止めて、アリサに自首を勧める

 

逮捕をしないのは、あなたも私も犯人を逮捕するのが目的ではなく、犯罪そのものがなくなる世の中を作りたいという。隆一の言いなりになって、すべての罪をなすりつけられないように。

アリサは泣いている。

名刺を渡して、連絡を待っています。

しばらくして、香坂のもとに連絡がくる。

アリサが自首を決めた。

 

捜査会議で報告する。

これでアリバイが崩れて、隆一を逮捕できるかもしれない。

小野田の渋い顔がある。

 

隆一から小野田に連絡がいく。

アリサから自首のメールが来たこと、警察に見張られていて動けない、権力でもなんでも使ってくれ!

 

だがそれは、すでにアリサが自首したあとだった。

実際は、すでに自首しており、その後でメールを送ってもらった。

そして、アリサの隠れていた家で見張っていると、そこに現れたのは、三笠だった。

 

三笠は小野田が内通者だと言ってたじゃないかというと。

先日の料亭で、小野田は堂々と身を隠すこともしないで、こちらの真意を問うてきた。もし、中田社長との関係を知られたくなかったらそんなことはできはずがないという。

三笠が内通者だとすると、今までのことが説明がつく。

所轄に送られたあの料亭でお酒を飲んだことを知っていたもう一人の人物。山本アリサに逃げられたことも説明がつく。

三笠は、大声で言う。証拠がなればどうにもならん。99%黒でも100%でなければゼロだ。隆一が逮捕されようが、私には何の関係もない。ゼロだ!

香坂:あなたは100%黒です。それは私の勘です。

三笠:勘だと?私はそんな言葉を教えた覚えはない。今まで私の後ろ盾が会ってここまでこれたんだ。その私に向かって無礼な口を利くな!この親不孝者!今なら許してやる。地べたに這いつくばって謝れ!

香坂:あなたは正義を第一に考え、その為に組織の規律を重んじてきた方です。私もその姿勢を尊敬し、親のように育てて頂き、あなたから多くのことを学んできました。

ですが、それはすべて虚像でした。私にとってあなたは、もはや親ではない。

ただの敵だ。私があなたにすることは、許しを請うことではなく、真実を明らかにして、あなたを裁くことだ。今は確かに勘でしかない。だが、必ず確証を得る。99%を100%にしてみせる。私はあなたのことを絶対に許さない。その為に、真相を突き止めて見せる。

三笠:お前たちには何もできんよ。この私を敵に回すということは、警察組織全体を敵に回すということなんだよ。いずれわかるよ、お前たちのやってることは、お前たち自身を否定することになる。結局ゼロなんだよ。

敵は味方のフリをする。私の最大の敵は、私の恩師だった。

 

情報漏洩の件について、柳沢が一課長に話を聞きにくる。

小野田:ああ、香坂のことですか。

 

山本アリサの証言を元に、三笠を逮捕するはずだった・・・

アリサは捜査一課によって連れていかれる。

警察全体を敵に回すというのがどういうことになるか、この後知ることになる。

 

小さな巨人第4話 感想

今回は、小野田と中田の内通の現場を押さえるというすごい現場を押さえるかと思ったが、さすがにそれは簡単にはできないだろいうなと思った。それどころか、言い負かされる始末。

山本アリサが運よく出てきてくれたお陰で救われたが、ひやひやもんでしたね。

今まで見ていたら、どう考えても一課長が内通者だったのに、なんで三笠に?

三笠の急な変貌ぶりに少し笑いました。

三笠の余裕はなんなのだろうというのも気になりますね。

これから、さらにくるしい闘いになりそうですね。

 

小さな巨人第4話 三笠は本当に黒幕か?考察

スポンサーリンク

 

小野田の今までやっていたことが、すべて三笠に切り替わっているが、それもおかしい話な気がします

三笠も内通者なのかもしれないが、やはり影に潜んでいるのは小野田なんではないでしょうか。

さすがに、この二人を敵にはできないので、一人ずつなのだろうと思うのですが、さすがに部が悪すぎますね。

監査官も何かを探っているようですが、小野田はこのことをひどく気にしているようです。

香坂と柳沢との絡みもこれからどうなっていくのか、伏線を張っているようで気になります。

今後読めない展開が期待されますが、検査官が気になりますね。

 

まとめ

今回は、ゴーンバンク社での殺人事件の真相に近づき、隆一を逮捕までいくのか、小野田の不正をあばいてすべて解決になるかと思いましたが、さすがにそこまでは難しいですよね。逆に三笠署長がひょっこり現れたもんだから・・・・

三笠が敵に回る事で、より複雑で解決しづらい状況になったと思います。今後、三笠を相手にどう戦っていくのか、楽しみですね。

 

ドラマ小さな巨人(第二話)の真犯人は誰?あらすじや感想ネタバレも

小さな巨人(ドラマ)ヒロインの芳根京子はいる?演技力とレビューまとめ

 

参考サイト

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/intro/

 

スポンサーリンク

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!