小さな巨人5話小野田が裏切った相手とは?あらすじとネタバレを考察


日曜劇場『小さな巨人』第5話では芝署編の完結編ということですが、ついに風見京子の殺害事件が解決する。

今までの展開で、三笠署長にぎゃふんと言わせてやりたいところですが、さてどうなるのでしょう!

小野田が裏切った相手についても、考察していきたいです!

ネタバレも含みます。

 

スポンサーリンク

小さな巨人(ドラマ)ヒロインの芳根京子はいる?演技力とレビューまとめ

 

あらすじ

 

香坂(長谷川博己)は、山田(岡田将生)とともに内通者を暴き出すために罠を張るそこに現れたのは、三笠署長(春風亭昇太)だった!

だが、100%となる確証がないため逮捕までには至らない。すべての真相を暴こうとするが、小野田捜査一課長(香川照之)から「内通者が所轄のトップにいるのであれば、捜査情報が漏れる恐れもある。所轄は指示があるまで待機」と言い渡されてしまう。

そんな中、芝署では待機の間でもできることはあると渡部(安田顕)ら署員と資料に目を通す。
すると、自首してきたアリサ(佐々木希)が、隆一(加藤晴彦)から預かったUSBを警察に提出していたことを知る。

それは京子(富永沙織)のものであり、少し曲がっていて端も欠けていた。京子が飛び降りたときに、衝撃でUSBが欠けたのではないかと仮説を立て現場に向かうが、破片は見つからない。

さらに、鑑識の報告にもなかった。だが長年、三笠の下で働いていた香坂は、鑑識が入る前に三笠が証拠を持ち去っている可能性がある、と捜査を始める。

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/story/

ドラマ小さな巨人(第二話)の真犯人は誰?あらすじや感想ネタバレも

 

証拠は三笠のデスクにあると踏んだ香坂は、会議の時に三笠のデスクを調べるが、机のカギのかかっている引き出しに入っているようだ。

香坂はその引き出しに、わざとカギを開けようとして擦ったような跡をつける。戻って来た三笠はそれを見て、懇親会があるのでそれを持ち歩くのも嫌なので、第三の場所へ隠すという。

その第三の場所は証拠保管庫であった。

隆一は海外へ高飛びするという。小野田は証拠がなければ逮捕状は出せないというが、申請してから3時間はかかるが、タイムリミットが決まる。

5000もの証拠品があり、それをすべて探さなければならない。所轄総出で探すが、なかなか見当たらない。無理だと思ったその時。

ノンフィクション (初回限定盤) [ 平井堅 ]

価格:1,350円
(2017/5/15 01:01時点)

捜査一課が助けに来る。所轄の手伝いをしろという命令を小野田から受けていた。

香坂:ここでは立場の違いは関係ない。ここにいる全員が同じ使命を持つ同じ警察官だ。

我々は犯人逮捕に向けて、必ず証拠品を見つけ出す!使命を果たそう!

所轄と捜査一課が一致団結して、証拠を探し始める。

そして、タイムリミットがやってくる。その時山田が発見する。「間違いない、これが証拠だ」

 

空港で隆一がいる。行こうとすると、捜査員がたくさんいる。逮捕状を持って逮捕される。

警察署では、取り調べがはじまる。三笠もあわてて取り調べを見学にくる。そして、そこには小野田がいる。

隆一は余裕な表情だが、USBの破片を見せる。

これは京子さんと共に落下した際に衝撃でかけたものだという。この欠片を隠し持っていた人物がいる。

三笠署長あなたですよね?(マジックミラー越しに言う)

隆一は証拠を見せるとおびえた様子。

この破片から京子さんの血液が付着していたことや、40mの高さから落下した際にこのようになるという。

そして、このUSBはあなたが持っていた。これが風見京子さんを殺害した何よりの証拠だという。

三笠がマイクでどうやってそれを見つけたというと、香坂は警視庁のプライドですと答える。

あなたはもう、警察官ではない。犯罪者だ!

 

所轄に戻り、ありがとうみんなのおかげだというと、歓声があがる。

その後、香坂と山田は握手をする。

 

山本アリサは捜査二課によって、インサイダー取引にて逮捕される。

隆一は、企業からも親からも見放される。

 

昏睡状態にあった風見康夫は意識を取り戻した。

そして、渡部があながた送ったお守りで真犯人を逮捕することができました。あなたたち親子のおかげです。

 

一方

柳沢監察官によって、記者に情報をリークした件で、香坂は処分を受ける。

豊洲署に異動になる。

 

そして、

三笠の処分は別の所轄への横滑りでの転出となって終わった

 

香坂は一課長に抗議するが、もっと根深い問題があったという。

三笠は業務の傍ら、警察幹部の天下り先うぃお斡旋していたという。

その中で中田社長と大きな癒着関係になっていた。

その為に断ることができなかった。今回のことが表に出れば困る人間がたくさん出るという。

三笠の処分に待ったをかけたのは、そんな警察組織そのものだ。

 

三笠の言葉が甦る。警察組織そのものを敵にすることだ、結局何もできないんだよと。。。

 

そうだとしても、私は私の正義を貫き通してみせる!

 

廊下を出ると三笠がいる。

お前はあいつ(小野田)の本当の怖さを知らない。現場畑からここまで出世できたためには、仲間を裏切って来たんだ。という。

 

ここで終わる。

 

第6話 予告 豊洲署編

ドラマ小さな巨人第3話にて警察内部に裏切り者?感想考察とあらすじ

ドラマ小さな巨人第四話三笠署長が黒幕?あらすじやネタバレ考察まで

 

感想

今回は風見京子殺害事件を解決することとなったが、所轄や捜査一課も手を組んで、いい感じになったのだが、どうも最後はすっきりしない感じになる。

それは、処分の不平等さであるが、これはまるで半沢直樹のようだ。

上はたいした処分はなく、なぜか自分だけが・・・というやつですね。

でも、まくし立てるように三笠をやり込めたのはすっきりしました!

やっぱり小さな巨人は、見ていて飽きないというか、好きなドラマだなーと感じました。

 

小野田一課長の過去を考察

 

はじめから怪しい雰囲気を出していた小野田だが、今回三笠署長が口にした、「小野田の本当の怖さを知らない」とか、「出世する為に仲間を裏切った」という言葉がある。

 

まず、小野田の本当の怖さを知らないとはどういうことだろうか。

スポンサーリンク

三笠よりも根深いダークサイドがあるということでしょうか。

三笠のように中田と癒着をしているだけというだけでなく、もっと大きな政治家など繋がっているということでしょうか。

そして、権力のような大きな力で事件をもみ消してきたということではないでしょうか。

これからもそのようなことが起こって、香坂もそれを目の当たりにしていく。とか。

結局もみ消されたりして、『勘』でまた探し出すということになりそうですね。

 

昔仲間を裏切ったことがある。

これは、三笠のことかな?とも思ったのですが、それもあるのかもしれませんが、それで一課長から下がってしまったのかということも考えられます。

それか、現場畑の時に渡部を裏切った過去があるとかあったら、おもしろそうですね。

しかし、これから豊洲編なので、まだ登場していない人物の可能性もありますね。

伏線がこれから張られていくと思うので、そういった視点でも見ていこうと思います。

 

 

まとめ

今回で芝署編が終わりました。

たくさんの圧力や邪魔にも負けないで事件を解決していく、香坂の優秀さは本当にカッコいいですね。

ぼくもそんな優秀でカッコイイ人間になりたかったなー!(涙)

せっかく解決されたのに、報われないですが、豊洲編になって、メンバーも変わるので、また楽しみですね。

次回、豊洲編では和田アキ子や、ユースケも出るようですが、どうなっていくのか、期待しましょう!

 

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

リバース5話黒いパーカーの男と村井の失踪は?原作ネタバレと感想も

ドラマCRISIS第5話稲見の危険な潜入捜査でついに権力に逆らうのか

 

参考サイト

日曜劇場『小さな巨人』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

 

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!