ドナルド・トランプ大統領とはどんな人日本への影響はまとめ


はじめに

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。今日は世界的にも大きな影響を与えているアメリカの大統領のドナルド・トランプ氏について解説していきたいと思います。みなさんはトランプに対してどんなイメージを持っていますか。

大統領になる前から、度々失言を繰り返したり、過激な発言で世間を騒がせてきました。今更ですが、そんなトランプの経歴や日本への影響などまとめてみました。

ドナルド・トランプ大統領

“ドナルド・ジョン・トランプは、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第45代アメリカ合衆国大統領。不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長を務め、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。身長191cm。 ウィキペディア
生年月日: 1946年6月14日 (70歳)
身長: 191 cm
純資産: 37億アメリカ合衆国ドル (2017年)フォーブス
政党: 共和党
配偶者: メラニア・トランプ (2005年から), マーラ・メープルズ (1993年 – 1999年), イヴァナ・トランプ (1977年 – 1992年)

簡単に経歴を

トランプは生粋のニューヨーカーでした。父親も不動産開発者でトランプはペンシルベニア大学在学中から会社を手伝い社員になります。頭もよくて父親も不動産の仕事をしていて、不動産の家系なんですね。

1971年には経営権を任せられ、社名も「トランプ・オーガナイゼーション」となります。その後はホテル、カジノ、ゴルフなどの不動産を建設してく行きます。

テレビ番組に出演したり、タブロイド紙に結婚歴が3回ということで報じられたり知名度が上がっていった。話題に事欠かない人ですよね。2015年にアメリカ大統領選挙へ共和党から出馬することを表明する。

メキシコ系やヒスパニック系の不法移民に対しての発言は外国人嫌悪と取られ、各メディアから批判を浴びました。

親しい黒人女優のオマロサ・マニゴールトと共に黒人有権者らと自撮りしたり、赤ちゃんを抱っこしたり、一緒に踊ったりして差別してきたことを理解しているとアピール活動をしましたなんだかパフォーマンス的な感じもしますが、たぶん思ったことをそのまま発言してしまう人なんでしょうね。

共和党はリンカーンの党で誰も排除されない労働者の党を目指すと宣言しました。1期目の就任時に年齢が70歳というのは歴代大統領の中でももっとも高齢で、政治や軍人の経歴がないのもはじめてだそうです。経歴としては、おもしろいですが偏った考え方もしていますので、これからどうなるのか楽しみですね。

日本への影響は

大統領選挙中、トランプは日本について否定的な発言を繰り返してきました。

トランプはアメリカ人の利益やアメリカの為の政策をしていくということですので、
日本がアメリカにしてもらっていることは否定的になっていくかもしれません。

安全保障・金融政策・経済政策の3点でいうと

安全保障

ドナルドトランプの発言
「日本はアメリカにただで守ってもらっている。日本人のためにアメリカ兵が死んでいる」
という発言をしています。この時はトランプは米軍の駐留費用を全額払っていると思っていたみたいですが、割合的には半分ずつくらいのようです。日本における在日米軍の意味は日本を守るということ以外にもハワイより東と戦闘になったときに、米軍の弾薬庫という意味もあるということので、この地域一帯の平和も担っているそうです。

イスラム教徒を入国禁止にするという発言をしていますが、もしイスラム国との戦争を始めた際は日本の自衛隊も集団的自衛権によりアメリカへの協力を断れない可能性がありますね。

金融政策

大きな影響として、金融政策があります。発言については特別なことはないですが、財務長官にカール・アイカーンという方が起用さました。この方は投資家の一人で、企業の「乗っ取り屋」としても有名で、株価重視の政策が取られると予想されて、金融緩和が強まると考えられます。
乗っ取り屋って怖いですけど、有名な投資家ということなので期待されているそうです。

日本でも日本銀行が金融緩和を行っているので、アメリカも緩和を行うとその効果が弱まってしまい、日本の株価の低下が予想されると考えられます。

経済政策

スポンサーリンク

経済政策は、トランプが言っていたアメリカのための利益ということで、アメリカで雇用を産むということです。TPPからの離脱やトヨタの米国以外に工場を新設する企業を厳しく批判していることなどあります。税制改革でも「輸出は非課税」ということだと、世界経済に影響がでるかもしれません。

トランプ経済政策は米国以外にとってはいいことは何もないそうです。しかしながら円高になるかもしれないが、株式市場が低迷することはないと考えられるそうです。

まとめ

今回は「ドナルド・トランプ大統領とはどんな人日本への影響はまとめ」ということでお送りしてきましたが、経歴はさすがというところですし、政治や軍人の経験の無い大統領としてこれからどうなるか楽しみということろもあります。しかし、日本への影響は見る限り良いことはなさそうです。

今までの日米関係が今後どうなるか不安さえあります。ただ、リーダーシップと行動力はすごいものがあるので、楽しみな部分もありますが、日本としてはこれからどうしていくか、苦しい結団をせまられそうです。

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

参考サイト
Wikipedia

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!