バレンタインデーやホワイトデーの日にちと意味や由来まで2017年


はじめに

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
バレンタインデーやホワイトデーが近づいてまいりましたね。今はバレンタインデーやホワイトデーも形はさまざまで、恋人だけでなく、友達やお世話になっている人、自分に送る人もいるという話ですね。

みなさんはどんな日になりそうですか。正直ぼくにはあまり馴染みのない日ですが、親や奥様からもらえたりもらえなかったり忘れられていたり・・・という感じでしょうか。ところでその意味や由来についても今回は話していきたいと思います。

日にち

バレンタインデー

2月14日です。

恋人に告白するというイメージもありますが、家族、友人、友達や普段お世話になっている人に贈る人が多いようです。最近では男性でも自分の為に贈ったり、作ったりするというこもとあるそうです。

ホワイトデー

3月14日です。

バレンタインデーのお返しですね。

キャンディ、マショマロ、ホワイトチョコのお返しが一般的なようです。

ホワイトデーで友チョコ返しをしている様子がみられています。

意味や由来

バレンタインデー

由来は諸説あるようですが、聖バレンタインという教師祭・医師をしていた人が起源となっているようです。英語で「St.Valentine’s day」といいます。「聖バレンタインの日」という意味になります。

聖バレンタインはローマ帝国時代、皇帝の命令に逆らって、秘密裏に恋人を結婚させていたということで、罰せられました。
ローマ皇帝は若者の戦意が削がれるのを防ぐために、若者同士の結婚を禁止していましたが、それを哀れに思ってバレンタインは密かに結婚させていたのです。

それがきっかけで処刑されるのですが、2月14日になります。処刑される前にバレンタインは「From Your Valentine」と書き残したと伝えられています。

Wikipedia参照

当時は、2月14日は結婚を守護する神「ユーノー」を讃える日であり、翌日の15日は豊作を祈願してルペルカリア祭という男女の出会いの場になったようなお祭りがありました。

ルペルカリア祭の生贄として前日の2月14日に処刑されたという話です。

バレンタインが恋人たちの結婚をさせて、2月14日に処刑され、結婚の女神「ユーノーの日」だった為に、2月14日は愛を誓う日とされてたそうです。

ヨーロッパでは、男性から女性にプレゼントを贈るという文化があるそうです。

ホワイトデー

スポンサーリンク

日本ではバレンタインのお返しの日という考えが一般的ですね、バレンタインで告白した人のお返しということで、ドキドキしますね。

いちようこのような説が有力だそうですが、お菓子を返すというホワイトデーは日本が先に行ったそうです。

1978年、全国飴菓子工業組合がバレンタインのお返しの日として、ホワイトデーを制定したそうです。

もらったらお返しをするという考えですので、すぐに浸透していきました。

現在は、日本だけでなく、中国や台湾などのアジアに拡大していっています。

まとめ

今回はバレンタインデーホワイトデーの日にちと意味と由来についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。甘い記念日という雰囲気から一変して、深い過去があったということを理解しましたね。

これからは、それを踏まえたうえでのバレンタインデーやホワイトデーを過ごしてみてください・・・重いか(-_-;)

でも、愛を誓う日という意味では深い理由があったんですね。参考にしてみてください。

それでは、今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!