ドラマわにとかげぎす1話手紙を出したのは誰?あらすじやネタバレ感想


みなさんこんにちは。

どうも、今日は夜中の二時に目が覚めてパソコンを打っています。

ついに、あの「行け稲中卓球部」の古谷実さんが原作の「わにとがげぎす」が始まりました。

 

キャストが有田哲平本田翼という豪華というか、おもしろいキャストなので、どうなるかちょっと未知数なのですが、主人公があごが長かったので、有田は合っているなと思います!

 

たぶん、おもしろくなるだろうと予想していますが、さて、どうなることやら。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

第1話のあらすじ(ネタバレ含む)

 

頭から血を流して倒れているシーンからはじまる。屋上でラジオを聞きながら筋トレしている。セミのメスは一生に一度しか交尾しないオスはガンガンやっているらしいけど。

 

 

でも、オスとメスの比率は同じ数だから、やれないまま死んでいくオスがすごい数いるっということ。富岡「うわ俺そっちだ」

富岡ゆうじ 38歳 警備員

 

 

37%は童貞のまま死んでいくらしいよ。「セミ-!」俺は今ビビっている、困難という困難を避け続けて、気付いたら周りに誰もいない。

大切な時間をぐうぐう、ぐうぐう眠り倒してきただけだ。そこへ流れ星が、「友達を、友達をください。」

 

 

屋上から外を見ていると、誰かがアパートからこっちを見ている。こっちを指さしている。「やばいやばい、なんかあいつ気持ち悪かったな」

 

 

スーパーを見回っていると、扉にあやしい手紙がある。「警備員へ、お前は1年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という内容

 

 

 

アパートの隣人の羽田(本田翼)が部屋から出てくる。飼っている犬にを止めよとして、富岡の上に大かぶさる。犬にぺろぺろ舐められる。

 

 

ハンカチのを差し出すが、受け取らないので落とす。「すいません、これで」

 

 

昔を思い出す、子供のころの体育祭で自分と誰も手をつながないということで会議が開かれた。結果的に、なるべく手をつなぐという訳の分からに結論に至った。

 

嫌な夢をみる。手紙を出した男なのか、ハンマーを持ってこっちに迫ってくる。「うわぁー!」となりから壁越しに声がする。

 

 

羽田「大丈夫ですか、大きな声だったので、私、羽田といいます。犬は知人から預かったものなので、大家さんには黙っていてください。」

 

 

自分の普段の生活を思い出す、ソファーに足をぶつけたり、サッカーの試合で国歌斉唱したり、AVを見たり・・・「全部聞かれていた!」

 

昨日警備の時に、こっちを見ていて、指をさしていたマンションを訪ねる。他の部屋から誰か出てきたので、聞いてみると、その部屋には誰もいないという。

 

突然その部屋からホームレスが出てくる。「わかったわかった、出ていくよ」 あなた、夜に指をさしたり、こっちを見たりしていたでしょう。

 

ホームレス:そんなことはしていない。 富岡:神に誓って? ホームレス:神なんかいねーよ。

 

だが、手紙を出した人を知っているという。その代わり、風呂、メシ、酒という。銭湯に行って、新しい服に着替えて、その後酒を飲みに行っている。

 

なぜか羽田が、富岡ゆうじの出勤表を見ている。ストーカーか?

 

ホームレスと富岡が酒を飲んでいる。 クマに襲われたというニュースが流れる。 ホームレス:知らなきゃよかった豆知識!

 

人間て不安に耐えられないらしいよ、医学的にそうらしい。完全に治らなくても、進行を遅らせる薬があるそれが金だってよ。

 

富岡:くだらない

 

酔いつぶれたホームレスをマンションへ連れ込む。 羽田はシャワーを浴びていたが、慌てて服を来て、出てくる。 富岡:あの、なんでビショビショなんですか。

 

羽田がズボンのチャックを上げてなくて、パンツが見えている。 富岡がびっくりして、ホームレスを階段から落としてしまう。 富岡:パンツ見えてますよ

 

羽田は慌ててズボンのジッパーを上げる。大丈夫ですか、と言って一緒にホームレスを運ぶ。

 

血だらけの男がクマのニュースを見ている。麦茶を飲んでいる。

 

おじさんがごはんを作ってテーブルに並べてある。お食事の用意ができました。 おい、こんな食材なかったはずだぞ。

 

ホームレスの親父が富岡の財布を持っている。この財布には触るな!

 

富岡が食べると、「出しが深いな、おいしい」 財布を見直すと、おい、万券入ってたはずだぞ。

 

ホームレス:焼肉おごってくれたじゃないすか、俺たち友達じゃないすか!  ともだち・・・(ちょっとうれしそうな顔をする富岡)

 

万券を持って、パチンコ屋へ行くホームレス。そこでやくざに捕まる。

 

富岡の部屋にまた手紙が入っている。「お前は一年以内に、頭がおかしくなって、死ぬ」

 

羽田が扉を開けて、セミと格闘している。 セミを殺そうとしているが、富岡が止める。セミはダメだ!

 

羽田と手が触れ合うが、すぐに離す。そのうちセミが逃げていく。  羽田:ありがとう。

 

仕事から富岡が帰ってくる。 黒い車が来て窓が開く、片目が義眼の男に呼ばれる。  富岡はそそくさと家に帰る。

 

部屋に戻ろうとすると、羽田が出てきて羽田の部屋に連れ込まれる。やばいやつらがいるという。

 

羽田のうちにあの不気味な手紙があって、それを隠す。壁にコップを当てて、耳に当てる。

 

富岡:なんかやり慣れてますね。  羽田:やばい人たちがいるんです。  富岡:大丈夫ですよ、おじさんの友達の一人や二人。

 

富岡が気にせず部屋に戻ると、入ると、タトゥーだらけの男がいる。 お疲れ様で、疲れたでしょう。 すみませんね、勝手に入って。 

丁寧な言葉だが、明らかにやくざである。

 

このあたりで終わる。

 

第1話の感想

 

今回は初回ということで、原作の雰囲気をどのように再現していくかというところで気になりました。

有田はキャラクター的にも配役素晴らしいと思うのですが、もうちょっとテンションを上げてやってもいいのかなと思いました。

なんか、イケメン感を出している感じがして、コントっぽい雰囲気のような・・・でも、おもしろいんですけどね。

 

本田翼は、やっぱり可愛いですね!有田に覆いかぶさった時は、ドキドキしました。

しかも、設定が羽田は富岡がかっこよくてたまらないということで、ストーカーみたいになっているのもいいですよね。

 

ストーリー的には原作を忠実に守っているという感じですね。個人的にはその方がうれしいんですけど・・・

 

ここから、不気味な手紙を出してきた犯人がわかったり、たくさんの事件とか困難が待ち受けているわけですけれど、どうなっていくのか有田や他の俳優陣の演技なども楽しみですね。

 

ドラマわにとかげぎす本田翼のブルゾンや可愛いシャツのブランドは? 

 

 

手紙を出した犯人は誰!?ネタバレ

スポンサーリンク

 

 

これは原作では、雨川勇という男です。

出展:http://www.tbs.co.jp/wanitokagegisu/chart/

 

理由は、夜に自由だし、自分の好きなやくざの女性(吉岡華)のマンション?の部屋がのぞけるから警備員になりたいというもの。

その為だけに富岡をやめさせようとしていた。猪突猛進タイプで冗談がきかない。この先に大事件を起こす人物。

 

 

次回ネタバレを予測

 

 

次回は、今回の家に帰ると、やくざがいて、ホームレスのおやじが暴行された後ということで、そのおやじには多額の借金があった。

おやじの命を救うためには、多額のお金が必要になる。

 

羽田は富岡の身を案じて、見捨ててしまえばいいというが、富岡は貯金のお金をすべて使って、おやじを助ける。

おやじはなんとか、富岡に恩返しをしようと思って、勝手に勘違いしてホモになろうとしたりいろいろする。

そして今度は羽田が勘違いしてしまう。

 

それから、手紙の犯人が雨川だとわかったり、警備会社に若手が入社したりといろいろありそうな予感!

 

わにとかげぎす最後に倒れていた男は誰?ドラマ最終回をネタバレ予測

 

まとめ

今回はドラマ自体は、富岡の紹介と、羽田のキャラクターだったり、ホームレスおやじの影などまだまだこれからって感じですが、これからさらにたくさんの事件や、目が離せなくなるような展開になるので、原作を知っている人でも見たいという気持ちになるのではないでしょうか。

 

今回も、最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

参考サイト

テッペン!水ドラ!!『わにとかげぎす』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/wanitokagegisu/

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!