国産や外国産の食品について外国産の食材は本当に悪いのか加工品の罠

Pocket

はじめに

 

最近食品のニュースをよく見かけます。スーパーやコンビニで何かと安い食材が並んでいますが、それは本当に安全なのでしょうか。

 

大量の食材を仕入れて、大量に売るにはたくさんの薬品が必要です。外国産というと中国の毒餃子事件などあり中国産というとそれだけで印象が悪かったりします。

 

しかしながら、我々の食生活では輸入に頼らなければ手に入らない食材も多いし、国産が必ずしも安心とも限りません。

 

有機農法でなければ農薬も使っていますし、加工品であれば腐らないように保存料も使っています。

 

つまり、完全に国産で無農薬、添加物なしという生活はほぼ不可能だと言えます。

 

あまり安い食材は注意が必要ですし、加工品はできるだけ避けて、自分で調理していった方がいいですね。

 

 

 

農産物の産地表記に関して

農産物の産地表記は基本的に栽培された地域を原産地として表記されます。悪質な業者は産地表記した上にテープで違う産地を偽装するところもあるそうです。

 

中国産もその中に入っていたそうです。この場合も信用できるブランドや意識的に選んでいく必要があると思います。実名や顔写真など入っているものは信頼できますね。

 

 

お米の偽造

最近お米の偽造のニュースがありました。これも昔からあったのかもしれません。

 

2013年に三重県で米の偽装事件がありました。これはブランド米なのですが、外国産米や加工米などがコシヒカリに含まれていました。

 

その米はイオンの自社ブランドとして販売されていたこともあり、世間を賑わせました。

 

産地表示基準というものに問題があるようで、ブランド米は産地や産年を表記しなくていいそうです。

 

これらは30年も前から暗黙の了解になっていたそうです。

 

これらを避けるためには、あまり安い米を選ばないか、信頼できるブランドの米など、意識を持って厳選していくことが大切でしょう。

 

 

韓国産食品

時折ニュースでもありますが、韓国は輸出基準が中国ほども厳しくないため、衛生管理に疑問が残ります。寄生虫だけでなく、

 

犬や猫の糞尿やウジ虫カビ類が浮いている食材を使ったりというケースもあるそうです。

 

日本では禁止されている化学薬品や、添加物が使用されていることもあるそうです。

 

すべてがすべてそうだとは言いませんが、食品衛生の基準が低いので選ぶ側がきちんと厳選していかないといけないという点で、やはり怖いなというのが本音ですね。

 

 

ミネラルウォーターについて

ミネラルウォーターはミネラルが入っているものというわけではなく、地下水や天然水ろ過水や水道水などペットボトルに詰めたものを総称した呼ばれています。

 

私たちが抱いている天然の湧き水や天然水というものが必ずしも使われているとは限らないのです。

 

「六甲のおいしい水」は有名ですが、同じ表品で実際の採水地は数キロ離れたところだそうです。

 

地名が商品名になっていても、採水地が違うということがあるということです。

 

時には採水地が枯渇したりすることもあるので、複数の採水地を表記するブレンドしているところもあるそうです。

 

ミネラルウォーターに関しては、水道水より基準が甘いそうです。

 

水道水は「一生飲み続けても害のないもの」として「水道法」によって決められていますが、ミネラルウォーターは「食品衛生法」により、

 

嗜好品として位置づけられていますので、健康に関しては明らかに疑問が残ります。

 

これも他の食品、食材と同じで厳選して選んでいくか、水道水を飲んでいくかというところでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回外国産の食品や産地の記事を書きましたが、世の中の食材、加工品などどれだけ安全かわからない部分が大きいです。

 

それだけに、選ぶ立場にある我々消費者が厳選して意識的に選んでいく必要があるということです。外国産というだけで、かならずしも嫌がる必要もないとおもいます。

 

なぜなら多くの食材を外国産に頼っているのですから。それから、加工品に関しては、何が入っているかわからない場合も多いので極力避ける必要があります。

 

これからは、安全性の高いものを食するという意識を持って、食材を選んでいくという感覚で生きていかなければなりません。

 

コストてきなこともありますので、上手にバランス良くやっていくこともいくことも大切だと思います。

 

自分の目、自分の舌、自分の感覚を大切にして選んでいくことが大切だと思います。

 

今日も、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!