【3年A組】ブッキーの3つの目的とは何?モノクロ無音の部分をネタバレ予想

Pocket

3月3日(日)に放送された「3年A組‐今から、皆さんは人質です‐」の第9話。

 

第9話では、モノクロ無音シーンが放送となりました。今回は、このモノクロ無音シーンについて注目していきます。

 

生徒たちには明かされた真実。一体あのモノクロ無音シーンでは、どのような真実が明かされたのでしょうか。

 

 

【3年A組】9話のあらすじ

 

3年A組の生徒たちは、監禁された10日間を終え、それぞれの人生を送っていた。そして数年後の3月9日に、再び3年A組に集合する。

久しぶりにあるクラスメイトにはしゃぐ生徒たち。甲斐隼人が介護士として働いていたり(ダンスは継続中)

兵藤新は寿司職人になっていたり、辻本祐香はCDデビューしていたり、

結城美咲はチャンネル登録者数22万人越えの人気YouTuberになっていたり、

魚住華と須永賢は、華の猛アプローチの末付き合うことになっていたり、

クラス一のモテ男・里見海斗は金沢玲央と交際の末ゴールインしていたり、

熊沢花恋は真壁翔を専属トレーナーにしオリンピックの強化合宿に呼ばれるようになっていたり、

堀部瑠奈がめっちゃくちゃ美人になって男子のテンションを上げさせたり、

西崎颯真はスーツアクターになっていたり、

諏訪唯月は事務所を変えグラビアに登場など活躍していたり、

中尾蓮と水越涼音は現在もお付き合いを続行中など変わったり変わっていなかったりしていました。

 

 

久しぶりに3年A組が集まったその理由、それは柊一颯の三回忌でした。

 

そこで逢沢博己が撮影してきた影山玲奈のドキュメンタリー映像の全貌が映し出される。

そこに茅野さくらが登場。

 

そして物語は、現在の3年A組へと戻ります。

武智大和が影山玲奈を殺した犯人とされ、SNSでは武智大和への誹謗中傷が止まらない。

しかし、ある一つの動画がSNSに挙げられると、誹謗中傷の矛先は柊一颯へと変わる。

ある一つの動画とは、影山玲奈と思わしき生徒と一緒にビルに入っていたのは、武智大和ではなく柊一颯だったという動画であった。

 

そして目を覚ました柊一颯が教室へと現れる。

柊一颯が誹謗中傷され炎上に次ぐ炎上であることを生徒たちは心配していた。しかしこれもすべて柊一颯は「計算通りだ」という。

そして、柊一颯が俺の授業を開始する。全ての真実を話す授業が…。

 

 

3月3日(日)に放送された第9話のあらすじはこのような感じです。

 

柊一颯がすでに死亡しているというネタバレからのスタートとなりましたね。

 

 

3年A組の生徒たちの未来のシーンは情報量が多すぎて、「ちょっと待った!」状態でした(笑)

 

放送後、何度も未来のシーンを巻き戻したのは私だけじゃないでしょう。

 

【3年A組】ブッキーの3つの目的とは何?

 

「全ての真実を話す授業」が行われた第9話。

 

まず話始めたのは恋人の話。武智大和の不正を知り訴えようとしたところフェイク動画を流されてしまい精神を病み自宅へ引きこもってしまう。

 

柊一颯は彼女を陥れた武智大和の悪事を暴くために転任。しかし、学生のときに患っていた癌が再発してしまう。

 

悪事を暴くどころじゃなくなったとき、影山玲奈のフェイク動画がSNSに流れてしまう。柊一颯は影山玲奈の相談に乗り、影山玲奈は武智大和を説得するために一人で会いに行く。

そして、その次の日に自殺により亡くなってしまった…。

 

柊一颯はそこで、「本当の犯人は……だ」と生徒たちに話す。そして続いて、「俺の目的は3つある」と話しだす。

 

1つ目は、設楽文香と影山玲奈を陥れた武智大和に自分の犯した罪を償ってもらうこと

2つ目が最大の目的で……。

3つ目は生徒たちに傷みを感じない大人になるなということ

 

自らの手に刺した柊一颯。(甲斐隼人が持っていたナイフ)まさに体を張った授業を展開しました。

 

第9話で生徒たちに明かされた本当の犯人、そして3つの目的。しかし、このシーンはモノクロの無音となり、私たち視聴者には明かされませんでした

 

モノクロ無音の部分をネタバレ予想

 

そこで、モノクロ無音の部分をネタバレしていきたいと思います。SNSでは、このように予想されています。

 

 

多くの人が、本当の犯人は「影山本人だ」であると予想しています。

 

 

2つ目の口パク無音シーンは、「マインドボイス」ではないかと予想されています。

 

 

みなさんはどのように予想しますか!?口パク無音シーンの真相は、第10話、最終回で明らかとなるのでしょうか。

 

口パク無音シーンの真相が最終回で明らかに!

 

3月10日(日)に、「3年A組」の最終回が放送されました。

では、以前予想していた口パク無音シーンの答え合わせをここではしていきましょう!

 

まずは、ブッキーの3つの目的についてです。

第9話では、2つ目の目的が最大の目的で、口パク無音シーンへと切り替わり明らかになりませんでした。

 

第10話で明らかとなった、2つ目の本当の目的は、「SNSによる暴力を世に知らしめること」でした。

この短期間で、SNS民はコロコロと意見を変えていきました。

 

  • 1日目 生徒を監禁しているということで柊一颯を叩く
  • 2日目・3日目・4日目 柊一颯を凶悪犯に仕立てる
  • 5日目 柊一颯が生徒を殺していない、何か目的があることを知るとヒーローとはやし立てる
  • 6日目 黒幕は武智大和なのではと騒ぐ
  • 7日目 フェイク動画により武智大和が犯人であると断定し追い詰める
  • 8日目 証拠もないのに武智大和をどんどん追い詰める
  • 9日目 フェイク動画に映っていたのが柊一颯と分かると柊一颯を叩き出す

 

周りに流されすぐに意見をころころ変えるSNS民。

お前らがしているのは人を殺すことになりかねないということを伝えることが本来の目的でした。

 

 

そして、もう一つの口パク無音シーンは、影山澪奈を殺した本当の犯人についてでした。

この本当の犯人は、SNS(マインドボイス)だったのです。

 

今回「3年A組」で、本来の目的と影山澪奈を殺した犯人を無音シーンにしたのはなぜなのか。

おそらく、視聴者により注目させるためだと思います。

 

 

ドラマ側ができる全ての演出を使って、SNSの恐ろしさを私たちに伝えたかったのでしょう。

 

SNSは知らない誰かと繋がることができる素晴らしいものです。

活用している人は多いでしょう。

 

しかし、無責任な発言により、人を傷付け、死に追い込んでしまう可能性もあります。

 

影山澪奈も世間の目に怯え、自殺してしまいましたよね…。

 

私たちは、「3年A組」で学んだことを、しっかり覚えておく必要があるでしょう。