3年A組が映画化で犯人は謎のまま?公開時期やTwitterの反応は?

Pocket

3月3日(日)に放送された「3年A組‐今から皆さんは、人質です‐(以下3年A組)」の第9話。第9話も、いろいろと考えさせられる内容でしたね。

 

菅田将暉さん演じる柊一颯の言葉が、今回も胸に突き刺さりました。いよいよ来週で第10話、最終回を迎えます。

 

影山澪奈の自殺という事件の犯人は一体誰であるのでしょうか。最終回ですべてが明らかにされるだろうと思っていたみなさん。

 

実は「3年A組」は映画化が決定し、ドラマは犯人が謎のまま終わるという噂があることを知っていますか?

 

今回はこの噂が本当なのか、それともデマであるのかについて調査していきます!

 

 

3年A組が映画化

 

3月3日(日)に第9話が放送され、残るとこ最終回のみとなった「3年A組」実は今、SNSでこのような噂が出回っています。

 

 

3月10日(日)に放送される予定の「3年A組」第10話ですが、ここでは犯人は明かされず、映画化され、映画の中で犯人が明らかになるという噂です。

 

視聴率の高いドラマが、急遽シナリオを変更するという話は聞いたことがあります。「3年A組」は、今期ナンバー1視聴率ドラマで、第9話はなんと12.9%と高視聴率を記録しました!!

 

そのため映画化というのは充分に考えられる話であると言えるでしょう。

 

犯人は謎のまま?

 

「3年A組」が映画化されるという噂をチェックしてみると、どうやらドラマの最終回では犯人は明らかにされないようです

 

第9話で、柊一颯が生徒たちに本当の犯人を話すシーンがありました。モノクロの無音シーンです。

 

 

生徒たちには犯人が明らかにされましたが、視聴者には犯人は明らかにされていない…。犯人がこのまま視聴者に明かされないまま、ドラマが終了してしまえば、

 

おそらく大炎上となるだろうと思われます。それでも興行収入のため、映画化するのでしょうか…。

 

ドラマで完結しないなんて、ドラマを見てきた視聴者にしてみれば「なんだそれ」ですよね。でもやっぱり犯人が気になるので、映画を見てしまうのかなー…。

 

公開時期は?

 

「3年A組」が噂通り映画化されるのだとしたら、公開時期はいつ頃になるのでしょう。

 

おそらくその場合、間はあまり開けないと思います。間をあけてしまうと、ドラマの高視聴率のいきおいが薄れてしまうかも…。

 

もし本当に映画化されるだとしたら、映画の公開は2019年の秋または冬になるのではと思われます。あくまでも予想ですが…。

 

Twitter反応は?

 

 

「3年A組」がドラマで犯人が明らかにならず、映画化され、映画で犯人が明らかにされるという噂について、Twitterではこのような反応となっています。

 

 

「3年A組」が映画化されるという噂を、信じている人は少ないようです。

 

なぜ多くの人がこのように思うのか。それは、ドラマをこれまで見てきた人であれば理解することができると思います。

 

2月10日(日)に放送された「3年A組」第6話。冒頭で、柊一颯が始めたのは、”信じる信じないゲーム”でした。

 

柊一颯のトレードマークとも言えるメガネ。

 

メガネを付けているときには、信じる。メガネを付けていないときには、信じない。

 

これが、柊一颯が考案した”信じる信じないゲーム”です。

 

ドラマをちゃんと見ている人であれば、”信じる信じないゲーム”を覚えているはず。

 

では、今回の「3年A組」の映画化という噂についてみていきましょう。

 

 

柊一颯はメガネをかけていません!”信じる信じないゲーム”が続行されているとするならば、この噂は嘘ということとなります。

 

 

おそらく、今回のこの噂はフェイクニュースだったのでしょう。

 

「3年A組」では、噂が回ることの恐ろしさ。また、一度踏みとどまってよく考える「グッ、クルっ、パッ」ということを生徒たち、そして視聴者に伝えていましたよね。

 

おそらくこのフェイクニュースを流すことで、ドラマが私たちに伝えたかったこと、ネットの怖さを知ってもらうためにドラマ関係者が流したのだと思われます。

 

この情報が嘘なのか本当なのか、

すべては3月10日(日)に放送予定の第10話で明らかとなるでしょう。最後まで目が離せませんね!