乳幼児の爪の切り方が難しい方へ?おすすめの方法や注意点は?

乳児・幼児の小さな爪の手入れはパパママにとって、とても気を遣う作業です。

 

何といっても小さくて薄いその爪を、怪我をさせないように、痛くないように、しかも素早く切るというのはなかなか大変なケアなのです。

 

伸びたら、その薄い爪が顔や口の中の粘膜をひっかいて傷になるし、指を舐めたり口に入れたりする時期には、雑菌がそこに溜まりやすくなるのも避けたいですよね。

 

爪は小さいパーツですが、だからこそまめにチェックして、清潔に安全に保っていかなければいけない大切なポイントなのです。

【乳児の爪の切り方でおすすめの方法は?】

 

乳児期の爪のお手入れに適しているのがハサミ型の爪切りです。

 

 

もっともポピュラーなこのアイテムは、シンプルですが刃先が丸くなっていて、肌や爪を傷つけないよう配慮された構造になっています。

 

新生児期の薄い爪を切るにはもっとも適しています。クリップ型の、いわゆる一般的な爪切りタイプ生後数か月以降に使うのがお勧めです。

 

大人が使い慣れている形状なので、概ね作業時間が短く、きれいに整えられます。ハサミを使うのが怖いと感じる場合には、爪ヤスリがお勧めです。

 

 

肌や爪に対する刺激も少なくて、怪我をする心配がないので安心して使えるという親御さんも少なくありません。

 

最近では、こうした爪のお手入れアイテムをケースに収めたセットや、電動のヤスリなどのアイテムもあり、選択肢が増えています。

 

 

【注意点は?】

 

乳児期の爪のお手入れは、赤ちゃんが眠っている間に済ませてしまいましょう。

 

ハサミやヤスリでそっと気づかないうちに済ませられたら、赤ちゃんのストレス軽減にもつながります。

 

動いてしまうのを無理に押さえつけるのも難しいですから、手足の爪をまとめてお手入れするよりは、

 

気になった部分をチェックして少しずつ切ってあげるくらいが良いですね。

 

大人はお風呂上りに爪を切る人が多いですが。赤ちゃんの場合、爪が柔らかくなりすぎますので注意しましょう。

 

手の爪を切る時には、その指をそっと固定して動かないように配慮してあげましょう。

 

深爪や傷を作らないように、赤ちゃんの指先と、ハサミやヤスリの先端が良く見えるよう、明るい場所で作業することも大切です。

 

切り落とした爪は赤ちゃんの周囲に残さないよう気を付けましょう。爪の長さは、先端の白い部分を一ミリ程度残しておくことが最適な目安です。

 

【幼児の爪の切り方でおすすめの方法は?】

 

幼児期になると、外遊びで土や砂に触れることも増えますし、家の中でもクレヨンや粘土などを使うことにより、爪に汚れが溜まりやすくなります

 

また、巻き爪やスプーンネイル、爪を噛む癖などの症状が出てくる時期でもありますので、歯磨きと同じくらいに爪にも注意を払う必要があります

 

この時期になると子供用の爪切りで処理することが増えますが、無理やり押さえつけて切ると痛くて嫌がったり、爪切りに恐怖心をもってしまうこともありますので、ヤスリなどを使い分けて手早く手入れをしてあげましょう。

 

外遊びも増える活動的な時期です。

 

伸びすぎは生爪をはがしたり、雑菌が溜まったまま指を舐めたり口に入れてトラブルになることもありますので、こまめにチェックすることが大切です。

 

こんなものもあります!

 

 

 

 

 

【注意点は?】

 

対象となる年齢・月齢のサイズの爪切りを使いましょう。刃のカーブが爪の形状と合っていれば、一度にさっと切れて、ケアの作業時間も短縮できます。

 

子供用品や刃物のブランドの製品は丈夫で耐久性があり、切れ味も良く、最近では男性(父親)が使いやすいような仕様のものも増えています。

 

最初に良いものを選べば、ずっと使えますね。

 

この時期は、お子さんがそうしたグッズにも興味を示し始めますので、使い終わったら手入れをして、ケースに収め、引出しなど、お子さんの手が届かないところに保管することもお忘れなく。

 

【まとめ】

 

乳幼児の爪のお手入れの主流はやはり専用のハサミのようですが。最近では電動の赤ちゃんの爪のお手入れグッズも増えています。

 

乳幼児用の電動の爪切りには滅菌消毒機能やLEDライトが付いていたり、電動の爪ヤスリには月齢に合わせたパーツや大人が使えるアタッチメントもそろった製品まで作られています。

 

こうしたアイテムを使うことで爪のケアの時短につながったり、乳幼児のストレスや、そうしたものに対する恐怖心が軽減されるのは良いことですね。

 

一般的な爪切りグッズに比べると電動のアイテムはお値段も少々高めなので、出産祝いなどのプレゼントに選ぶと喜ばれるかもしれません。

 

舐めてしまう可能性のある指先の清潔を保つこと、そして怪我の予防のために必要な日々のそうしたケアを楽しくさっと済ませられたら、パパ・ママにもお子さんたちにも余裕が生まれますね。

 

いろいろ試してみて、お子さんが嫌がるようであれば、他の方法に切り替えるなど、その様子を見ながらお手入れしてあげましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!