映画【バースデーワンダーランド】の原作者や内容ネタバレは?監督は誰?

Pocket

2019年も、アニメーション映画が熱い!!

 

今回は、4月26日(金)に公開が予定されている映画「バースデーワンダーランド」について注目!!

 

2019年に公開が予定されているこちらの映画。

 

原作はあるのでしょうか!?

 

今回は原作について、内容のネタバレ、監督は誰なの!?という気になることを検証していきます!

 

 

映画『バースデーワンダーランド』の原作は?

 

2019年4月26日(金)に公開が予定されているアニメーション映画「バースデーワンダーランド」!

 

YouTubeに公式の予告動画がアップされていましたので、こちらに載せておきます。

 

予告を見るだけでなんだかわくわくしますね~!!

 

「バースデーワンダーランド」で主人公のアカネの声を担当するのは、女優・松岡茉優さんです。

 

 

主人公の声を担当する方は、オーディションにて決められたようです。

 

松岡茉優さんが見事勝ち取った主演!評価はなかなかの高評価のようですよ♪

 

では、今回注目している「バースデーワンダーランド」の原作についてみていきましょう。

 

こちらの映画には、原作があります。

 

原作となったのは、児童書「地下室からの不思議な旅」です。

 

地下室からのふしぎな旅 (新装版) (講談社青い鳥文庫) [ 柏葉 幸子 ]

 

 

1981年に講談社より出版された児童書となります。

 

今から38年も前に出版された児童書がアニメ映画化ということで、

 

当時こちらの児童書を読んでいたという方は驚かれたのではないでしょうか。

 

自分が子供の頃に読んでいた作品のアニメ化された映画を

 

自分の子どもと見に行くという人は多いでしょうね♪

 

原作者や監督は誰?

 

 

映画「バースデーワンダーランド」の原作となった児童書「地下室からの不思議な旅」を書いたのは、

 

児童文学作家として知られる柏葉幸子さんです。

 

よって、今回の原作者は柏葉幸子さんということとなります。

 

柏葉幸子さんといえば、1991年から現在も続く「モンスター・ホテル」シリーズが有名。

 

これまでに数多くの児童書を出版し、多くの子どもたちに読まれてきました。

 

そんな有名な児童文学作家の柏葉幸子さんが今回原作者ということで、期待している人は多いようです。

 

 

そして映画「バースデーワンダーランド」の監督は、原恵一さんです。

 

原恵一さんは、日本を代表するアニメーション監督となります。

 

監督の名前を聞いて、「聞いたことある!」と思った方は多いのではないでしょうか。

 

原恵一さんと言えば、「クレヨンしんちゃん」でしょう!

 

過去に関わった(監督・脚本・絵コンテ)しんちゃんの映画は、なんと13本!

 

中でも

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2011年)」

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2012年)」

 

こちらの作品は数々の賞を受賞

 

私は当時小学生で、こちらの作品はどちらも映画館へ見に行きました!

 

もうどちらも号泣で(涙)映画が公開されてから年月が経ちますが、

 

今でも多くの人に支持されている作品です。

 

「バースデーワンダーランド」は、原作も監督も評判の高い方です。

 

そのため、多くの方に期待されています!!

 

 

2016年に大ヒットしたアニメーション映画「君の名は」を超える作品となるでしょうか!?

内容はどんなものかネタバレ

 

 

今回注目しているアニメーション映画「バースデーワンダーランド」

 

一体どのような内容なのでしょうか。

 

主人公は、ちょっと自分に自信が持てない女の子・アカネ。

誕生日の前日に謎の錬金術師ピポクラテスとその弟子というピポが表れ、

「この世界を救って欲しい」と懇願される。

必死に頼まれたアカネは、地下室から繋がるワンダーランドへと強引に連れ出され、

救世主として大冒険へ出ることに!

アカネは救世主になれるのか!?

 

という作品となります!!

 

おそらくアニメーション映画なので、ラストはハッピーエンドになると思いますが(笑)

 

自分に自信がない主人公が、どのように成長していくのかというところが注目ポイントかなと思います。

 

どのようにストーリーが進んでいくのか。感動して泣ける映画なのか。ほっこりしたラストなのか。

 

気になる方は、劇場へ足を運んで下さい!