僕らは奇跡でできているで虹一君の魔法のメガネとは?アーレンシンドロームか

Pocket

高橋一生さん主演のドラマ「僕らは奇跡でできている」が、後半にさしかかり謎が解き明かされてきた感じですね。

 

「僕らは奇跡でできている」を見ると心が温かくなったり、発達障害について深く考えることのできるドラマだとも思います。

 

第8話で虹一君がかけていた「魔法のメガネ」も話題になっていて、ネット上でも様々な感想がありましたね。

 

ここでは虹一君がかけていた「魔法のメガネ」についてや、アーレンキシンドロームとは何なのかを書いていきます。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできているで虹一君の魔法のメガネとは?

 

 

「僕らは奇跡でできている」に登場する虹一君は、動物が大好きで高橋一生さん演じる相河と歯医者さんで知り合っていますね。

 

相河は大学で動物学の講師をしていますので、虹一君ともすぐに仲良くなっていますが、相河も自分と同じ何かを感じたのかもしれません。

 

虹一君は普通の人よりも光に過敏なので、太陽の光を浴びると苦痛を感じてしまいますね。

 

光の刺激を受けると頭痛がしてしまったり、文字を読もうとするとストレスで体調不良に陥っていました。

 

虹一番君は光の刺激にとても弱い感じなので、外がまぶしくて仕方ない視覚過敏で間違いないと思われます。

 

メガネを新しくした虹一君は光の刺激も緩和されて、文字も読むことができるようになったので、虹一君にとってはまさに「魔法のメガネ」ですね。

 

実際には虹一君が着けているメガネに魔法のような力があるわけではなく、光を避けることのできるメガネです。

 

ただ虹一君がかけていたメガネはカラーレンズで、色が入っていることで文字が見えやすくなっているのは間違いなさそうでしたね。

 

今まで光に苦しめられていた虹一君が「魔法のメガネ」と出会えたことで、塾にも通えるようになったりと、虹一君の心に魔法がかかったと思いましたね。

スポンサーリンク

 

アーレンシンドロームか?

 

「僕らは奇跡でできている」の虹一君ですが、その病状からアーレンシンドロームではとの声もありましたね。

 

日常でアーレンシンドロームという言葉はあまり馴染みがないと思いますが、アーレンシンドロームは光の刺激を脳が上手く認知できない症状があります。

 

また光に関する障害の他にも様々な症状があり、歩いていて距離感を掴めなかったり、人一倍の集中力がないと文字が読めないケースもあります。

 

普通の人は苦痛に感じることのない光であっても、アーレンシンドロームを抱えていると光が苦痛で仕方ないといったイメージですね。

 

特に光の刺激に弱いから視力が悪いというわけでもなくて、ただ光の刺激に弱いという場合が多いようです。

 

まばたきをする回数が異常に多くなったり、眼精疲労も異常なほど悪化することもよくあります。

 

アーレンシンドロームで文字が見にくい場合には、色付きメガネをかけると文字が見えやすくなりますね。

 

「僕らは奇跡でできている」の虹一君がかけていた「魔法のメガネ」も、色レンズのメガネなので虹一君の苦痛が劇的に和らいでいます。

 

ただアーレンシンドロームの患者によって適応する色は違いますが、文字や光の問題を解決してくれる最善の方法でもありますね。

 

文字が見えにくいという症状に中にはより深刻な状況の場合もあり、文字自体が歪んで見えてしまい読めない場合もあります。

 

アーレンシンドロームの有効な対策としては、カラーレンズを装着したり遮光レンズも併用することで症状を緩和することもできます。

 

アーレンシンドロームで悩んでいた一人の少女が、クリアファイル越しに文字を見たらまぶしく感じることなく文字を読むことができてビックリしたという体験談もありましたね。

 

これも色のついたクリアファイル越しに文字を見ているので、カラーレンズでをつけている時と同じ効果があるからです。

 

アーレンシンドロームはまだまだ認知度は低い病気だと思うので、社会全体がで病気への理解を深めることが大切だと感じました。

スポンサーリンク

『僕らは奇跡でできている』を見逃した方。動画のネット配信は?

 

それから、ドラマ『僕らは奇跡でできている』を見逃した方や、1話からもう一度見たいという方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる公式動画サービスがあるということで!もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>僕らは奇跡でできているを1話から見逃した?ネットで無料でフル動画を見る方法

※FODは31日間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!