僕らは奇跡でできているの7話で山田さんは一輝の母親?隠した理由はなぜ?

Pocket

みなさんこんばんは!カンテレの高橋一生さん主演の『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』7話が放送されました。

 

主人公の相河一輝(高橋一生)は動物行動学を教える大学講師で変わり者の役で、毎回ハラハラしてしまいますが、今回7話では感動した内容でした。

 

そして、7話の最後に一輝が気になる発言をしました。今回はそのことについてお伝えしていきたいと思います。

 

※ネタバレ注意!

 

スポンサーリンク

 

僕らは奇跡でできている7話最後で山田さんは一輝の母親?

 

僕らは奇跡でできているの7話の最後で、山田さんが水本先生と一輝をくっつけようとしていることで、山田さんが「一輝さんもいつか結婚とか考えてもいいんじゃないですか」というと、一輝が「山田さんはどの席に座るんですか?」「僕は山田さんから生まれたんですよね」と言います。

 

えぇ~!!

 

山田さんは住み込みの家政婦ですよね。

 

そういえば、父親や母親は!?^^;

 

もしかして、父親と母親が離婚して、父親に親権があったとしたら、それでも一輝と一緒にいたくて、家政婦として一緒に住んでいたのかもしれませんね。

 

これは、個人的な予想になりますが・・・とにかく深い過去がありそうです!

 

 

 

追記

第8話で、山田さんがお母さんと知ったのは大学生の時だということが分かりました。

知ったのは、一輝が海外に行く機会があり、パスポートをとるためには戸籍が必要だったからということでした!

 

 

スポンサーリンク

 

今後の展開は?

 

8話のあらすじを見てみます。

 

公式サイトの8話あらすじでは「僕は山田さんから生まれたんですよね」の後は、どうしていいか分からず、気まずいまま眠れない夜を過ごしたということです。

 

樫野木先生は、元妻に新しい恋人ができてることにショックを受けます。

 

そして、琴音(矢作穂香)がいつもと様子が違うということで、新庄(西畑大吾)がある動画を見つけるという・・・

 

山田さんは義高(田中泯)さんの工房を訪ねて、一輝のこれまでの気持ちを考えるといたたまれないと、義高に話す。

 

一輝は、電話で夕食はいらないと連絡がくる。元の関係には戻れないのか?

 

山田さんは一輝に「どうして私が産んだと思ったんですか?」と訪ねます。すると、一輝が真実を知ったきっけと、今までそのことを黙っていた意外な理由を明かすのでした。

 

一輝も、なぜ今まで何も言わずに家政婦として働いてきたのか尋ねるが、「一生言わないと決めていた」と答えるだけだった。。。

 

というあらすじでした。

 

次週では、一輝が真実を知ったキッカケは分かりますが、なぜ山田さんがそのことを言わなかったかの理由は分からないかもですね。

 

ということで、やっぱり山田さんは一輝の母親のようですね!!

 

ただ、山田さんは一輝が傷つくからと渋っていました。

 

スポンサーリンク

 

山田さんが一輝に母親であることを隠した理由は?

 

※ここからは、8話のネタバレになります。

 

山田さんが一輝に母親であることの理由を話します。

 

その時のセリフをメモしてみました。

 

一輝さんを妊娠した時 本当に嬉しくて幸せいっぱいでした。

 

一輝さんが生まれて会えた時の感動は 忘れたことがありません。

 

なのに私は一輝さんが4歳の時 家を出ました。

 

あの頃の私は 一輝さんの個性を 欠点だと思い込んでいました。

 

だから欠点を直そうとしました。自分の思い通りに 思い描いた通りに 子育てが出来なくて

 

自分はダメな母親だと思いました。周りからも ダメな母親だと思われてるって 思いました。

 

だから余計に一輝さんのことを みんなと同じことができるように と必死になりました。

 

一輝さんは3歳の時

 

洋志さんが・・・一輝さんのお父さんが亡くなりました。

 

私はもっと頑張らなくてはいけないって 必死になりました。

 

必死になればなるほど 一輝さんを苦しめてるって事に 気づきませんでした。

 

そしてあの日 買い物に出かけました。

 

そのまま家には戻らず 温泉に行きました。

 

一泊したら帰るつもりでした。

 

明日は帰ろう 明日は帰ろうって 思っているうちに

 

帰ることはありませんでした。

 

取り返しのつかないことをしました。

 

お義父さんとお義母さんが  一輝さんを育ててくれました。

 

一輝さんが15歳の時 ばったりお義父さんに会いました。

 

こっそりと 一輝さんの運動会を見に行った時でした。

 

お義母さんが 少し前に亡くなったことを 聞きました。

 

そして戻ってこないかって 言っていただきました。

 

私は母親としてではなく 家政婦として この家に戻ることにしました。

 

母親だと一生名乗らないって決めました。

 

それが私が自分に与えた罰です。

 

家政婦として 一生ここにいると決めました。

 

これが全てです。

 

申し訳ありませんでした。

 

一輝:他に何かありますか

 

いえ。

 

一輝:わかりました。

 

そういって、一輝は部屋に戻るのでした。

 

話をしていて、山田さんが涙ながらに話しているのですが、その話を一輝を涙を浮かべて静かに聞いていました。

 

山田さんは、今でこそ一輝が発達障害であることを知っているのかも知れませんが、当時は自分の育て方は悪いから勉強ができなかったり、うまく人と関われなかったんではと悩んでいたようですね。

 

そして、自分を追い込んでいって、戻ることができなかった。。。

 

なんだか、そこまで追い込まれるの、悲しすぎますね。

 

僕らは奇跡でできているで一輝はなぜタコが嫌いなの?理由のネタバレ

2018.11.27

 

 

スポンサーリンク

 

ドラマを見逃した方に動画のネット配信について!

 

それから、ドラマ『僕らは奇跡でできている』を見逃した方や、初回の1話からもう一度見たいという方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる公式動画サービスがあるということで!もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>僕らは奇跡でできているを1話から見逃した?ネットで無料でフル動画を見る方法

※FODは31日間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!