ダンスの曲の振り付けが覚えられない!原因や覚えるコツはあるの?

エアロビクス、ジャズダンス、ヒップホップ、ベリーダンス、フラ、そしてバレエ。

ダンスって…覚えるのが大変!

 

間違えるのが怖くて、委縮して動けなかったり。

憧れても、「自分には無理」と回れ右してしまったり。

 

「やってみたい」と勇気を出して習い始めても、途中であきらめてしまう人もいます。

むしろ、その方が多いかも…。勿体無いですよね。

 

もちろん、本人の素質、センスもありますが、上達のポイントはそれだけではないのです。

 

 

ダンスの曲の振り付けが覚えられない!

 

例えばジムでダンスのクラスがあったとしても、いきなり踊れる人は殆どいません。

振り付けが覚えられない!と悩む人の多くは、周囲に追いつけないことで自分の出来なさ具合に悩んでコンプレックスを抱えてしまうのです。

 

でも、上手に踊れる人のキャリアを考えてみれば、素人であっても、そこに至るまでどれほどの時間を費やしてきたかを想像してみてください。

その境地に、一度や二度のレッスンですぐに追いつけるわけがないのです。

 

実は、勉強と同じで、ダンスにも王道はありません。

皆さん、それぞれに楽しさも悩みも抱えながらスタジオのドアを開いて、中に入っていくのです。

 

ここで、自分がどこまで踊れるようになりたいか、ということで解決方法は分かれてきます。

エアロビクスのクラスなどで全体の流れにのって有酸素運動でカロリーを消費したいというだけの場合と、ジャズダンスやヒップホップ、バレエやフラなどで、チーム、またはソロできっちりとその振り付けを覚えてステージで披露するのでは、費やすべき時間と労力が変わってきますね。

 

しかし、前者のエクササイズとしてのダンスでも、大切なことがあります。

一人で流れに乗れずに取り残されると、周囲とぶつかって怪我をする、またはさせてしまう危険もあるのです。

誰もが上手く踊れるわけではありませんが、その練習に参加するときの心構え一つで、その上達の度合いが変わってきます。

大切なのは、分析と、反復

それは、どんな種類のダンスでも変わりありません。

 

 

覚えられない原因は?

 

 

・体が硬い

踊り慣れていないと、インストラクターと同じ動きはなかなかできません。

特に体が硬いと、滑らかに動けずタイムラグが出たり、思うように動けなかったり。

足がもつれて転んでけがをする、ということにもつながります。

 

・ステップの基礎知識がない

どんなダンスでも、基本のステップがあります。

インストラクターが言葉で説明してくれていても、それが理解できないとか、すぐにフィードバックできなければ、振り付けを再現できません。

動作と一緒にステップの名前・ダンスの用語も覚えて頭の中で結び付けていく必要があります。

 

・基本的に練習量や音楽の聞き込みが足りてない

何かを覚えようとしている時や、マスターしようとする事すべてのことに言えることですね。

ですが、嫌々練習していても効果は上がらないもので、楽しむ工夫やモチベーションを上げる工夫をしながら、数をこなしていってください。

 

・漠然と参加していて取り残される

エクササイズとしてのエアロビクスのクラスなどは毎月曲と振り付けが変わる場合もあります。

しかし、フラやベリーなどは基礎基本の動きを毎回おさらいしてから、一曲の振り付けを時間をかけて仕上げていく、というクラスもあります。

いずれもインストラクターは言葉と、自分で見本を見せながら生徒さんに教えていきます。

漠然とその中に飛び込んでも、緊張やパニックで上手くできずに数回で諦めてしまう人もいます。

周囲が踊るスピードについていけないと、それだけでコンプレックスを抱えてしまうのです。

ただその場に入っていても、上達はしません。

スタジオでは、鏡が良く見える場所を、そしてインストラクターと、周囲にいる巧い人をみつけて、常に誰かがその視界にいるような場所を確保して周囲を観察してみることが大切です。

 

覚えるコツはあるの?

 

コツは、人それぞれですが、いろいろなインストラクターが提唱していた上達方法を列挙してみますね。

色々試してみると、自分にあった覚え方、練習方法がつかめてきますよ。

 

・音楽をしっかり聴いてみる

踊りたい曲のタイトルが解ったら、ダウンロードしてイヤホンで聴き込んでみましょう。

そうすると、曲の緩急や盛り上がるパートが判ってきて、そのまま振り付けのイメージが頭の中で結びついていきます。

インストラクターに聞けば曲名やCDのタイトルも教えてくれますよ。

 

・時間にゆとりをもってレッスンに参加

開始時間ギリギリに飛び込むと、ストレッチが間に合わなかったり、訳も分からないままにスタートしてしまい、パニックで一時間終わってしまうことも。

スタジオが開く15分くらい前から並んでいると、周囲で巧い人たちが前回の復習を始めたりするので、眺めながら足首などを入念にストレッチしていると時間が有効に使えます。

 

・インストラクターの言葉に集中する

毎回必ず、基本のステップや、ポイントになる部分の解説をしてくれているはず。

言葉を聞いて、先生の動きを見て、一つずつ理解していくのが上達への早道です。

まずは最初の踊りだしのステップから。

方向や左右の足のどちらかから始まるか、意外とそこでつまずく人が多いので「はじめの一歩」をきっちり覚えて、流れを掴んでいきましょう。

 

・上手い人を見つけて見本にする

インストラクターだけでなく、周囲には長年続けている上手な人が何人かいるはずです。

振り付けによっては前後左右、いろんな方向を向く場合があるので、インストラクターが見えなくなる瞬間でも、後ろを向いたら○○さん、右には△△さん、というように上手い人が見える場所を選んでみましょう。

途切れずに見本になる人の姿が見えると、流れが理解できるようになりますよ。

また、鏡を見て客観的に自分の動きを見てみるのもいいかも。

 

・まずは足から…!

全身で巧く踊れない場合は、まず足だけでやってみましょう。

前後左右の流れに乗れるようになると、だんだん動くのが楽しくなってきます。

3分、5分と、曲の最後まで理解出来たら腕の振りを付け足していく、そういうやり方もあると理解しておけば、プレッシャーも少なくなります。

 

・“数”をかける

ダンスだけでなく、武道でも同様のことが言えます。

なかなか技を覚えられない、という人はとにかく「“数”をかける」ということを言われます。

繰り返し練習することで、自然に体に振り付けと流れが身に着きます。

どんなダンスにも約束のような振りの組み合わせがあったり、自然な流れがあるものです。

この動作の次にはこんなステップが来る、というようなものが、だんだん理解できてくるようになります。

上手な人の頭の中にはそういう組み合わせがたくさんがあって、インストラクターが一言いうと、その指示で身体が動くようになるのです。

身体になじむまで、繰り返し動いて“数”をかける…まさに反復こそがダンス上達のカギなのです。

 

・動きに名前を付ける

ひとつの工夫として、体を動かしながら覚える時に、動きに名前を付けて覚える方もいます。

その方が、イメージで覚えやすいのかもしれません。

 

パプリカの振付の先生だとだとこんな感じです。

 

子どもたちにも分かるような、名前を付けてますね。ゆうれいとかニョロニョロとか!

ぜひ、楽しんで覚える工夫もしてみてください。

 

 

まとめ

 

ダンスを習い始めたら…「難しいなぁ」と思っても、まず3か月はレッスンを続けてみませんか?

誰しも、2~3回のレッスンで踊れるようにはなりません。

今、早く覚えられる人、上手な人は、それまでの蓄積があってこそです。

その人たちにも、初心者だった時期はあったはず。

 

大人の場合、毎日レッスンがあるわけではありません。

週に一回、一時間でそれほど早く覚えられるわけがないのです。

しかし、繰り返し少しずつ積み重ねて、一曲分の振り付けを一巡するようになると、だんだん面白さがわかってきますよ。

 

また、そのダンスに適した靴やウェアを用意するのも良いですね。

特に靴はとても大切です。

エアロビクスなど、ステップの衝撃で膝や足首を痛めないソールや、ジャズダンスなど床の上で軽く滑るくらいの柔らかいソールなど、踊りやすさも左右する要素になるからです。

フラのパウスカートや、ベリーダンスのヒップスカーフなどのアイテムもあったら楽しいですね。

先輩の人たちに、そうしたグッズのショップや通販サイトを教えてもらうことで、コミュニケーションにもつながります。

ダンスのグッズが増えてくるとスタジオに入るのも楽しみになってきますよ。

せっかく買ったら、楽しめるまで使わないと勿体無い…そんな心理も働いてきます。

 

そうして、曲と振り付けの流れに乗れる楽しさを味わえるようになったらしめたもの!

少しくらい失敗しても…軽く反省して、その場で1~2回復習すればそれでOK!

スタジオを出たら忘れちゃうくらいでちょうどいいのです。

まずは3か月…その頃には、のびのびと手足を伸ばして振り付けを覚えて動けるようになるはずです。

「頑張る」というより「楽しむ」という気持ちが最大のポイントなのかもしれません。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!