IE(インターネットエクスプローラー)からEghe(エッジ)への切り替え方法は?

Pocket

パソコンを持っている人のほとんどは、MicrosoftのOSがインストールされているか、apple社のOSがインストールされているか。

 

そのどちらかが多いと思います。今回取り上げたいのは、MicrosoftのOSを利用している方向けになります。

 

Windows8.1まで標準搭載されているインターネットブラウザ「IE=インターネットエクスプローラー」を一番最新のブラウザ「edge」へと切り替えられないか!?

 

という問題です。ネットで多くみられるのはWindows10にしてみたけど、「edge」ではなく「IE」を使用したい!

 

と、いったことはよく見かけますが、逆はどうなのでしょうか?IE→edgeへの切り替えについて、忘備録として記録しておきます。

 

 

Windows10へのアップグレードで両方使える

 

 

現在でもまだ広く使用されているWindows7ですが、Microsoftのサポートが2020年1月14日をもって終了します。

 

その次に発売されたWindows8については、残念ながらすでにサポートは終了し、今現在は8.1についてのサポートが2023年1月11日まで。

 

と、それぞれサポートの終了期限が迫っています。それはどうしてか?とくにWindows7については使いやすく、とてもよいOSだったと思います。

 

しかし、Microsoftとしては「セキュリティ」の面などから新しいOS:Windows10への切り替えを、ユーザーに「無償アップグレード」という形で勧めていました。

 

しかし、その「無償アップグレード」もすでに2016年7月29日をもって終了しています。

 

インターネットブラウザ「edge」はWindows10に標準でインストールされているので、その他のOSへ「edge」だけインストールするといった裏技はありません

 

しかし、逆にWindows10にして、「edge」を使ってみたけど、やっぱり「IE」が使いたい!!という場合は、Windows10にも「Windowsアクセサリ」の中に

 

「IE」は標準でインストールされているので、利用することが可能となっています。

 

そして、「IE」を使ったけど、やっぱり「Egde」が使いたいという方も、スタートメニューのアプリの中にMicrosoft Egdeというのがあるので、そのまま利用できます。

 

毎回使いたいようなら、デスクトップに右クリックでドラッグしてショートカットを作ってしまったほうがいいと思います!

 

すなわち、どうしてもWindows7のまま、必死に裏技を探して「edge」をインストールする必要はどこにもないのです。

 

 

無償アップグレードは終了しているがどうしたらよいか?

 

 

先ほども書いたようにMicrosoftのWindows10へのアップグレードは2016年7月29日をもって終了しています。

 

そして、Microsoftの公式HPへいったとしても、アップグレード用のOSを購入することを勧められます。

 

 

こちらは新規インストール版となりますが、それでも17,000円以上します。

 

期限内であれば「無料」でできたものが、今では1万円以上もするのです!!

 

今Windows7やWindows8.1使っているユーザーから見ると「ばかげた話」ですよね(;^_^A

 

期間内でできた人は無料で、期間内に何らかの事情でできなかった人には有料とは・・・。

 

しかし、こちらのサイトにコピペで直接いってみてください。

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

URLからもわかるようにマイクロソフトの公式HPですが、

(このボタンは押せません!)

見えましたか?

 

公式では「無償アップグレードは終了しました」とアナウンスしていますが、今でも(現在2019年4月22日)「無償アップグレード」が可能なのです。

 

無償アップグレードを行うとedgeは使用可能!!

 

 

私自身の話しですが、つい先日Windows8.1搭載PCを購入しました。理由は欲しい機種で安かったから!!

 

OSはまぁ何とかなるだろう・・・。とこのアップデートを試してみました。

 

用意する物

・PCのバックアップを取るための外付けハードディスク

・8GB以上のUSBメモリー(できれば16GBをおすすめします)

 

Windows10のアップグレードに関しては、完全に個人責任で行ってください。

 

直接アップグレードすることも可能ですが、万が一のためにUSBを使ってアップグレードすることをおすすめします。

 

そして、PC内部のファイルを維持したままインストール可能ですが、絶対の保証はないので必ず、アップグレードするパソコン以外の場所にバックアップを取っておいてください。

 

そして、ここで説明するよりも、先ほどのHPの項目、

 

「このツールを使用して、別のPCにWindows10をインストールするために、インストールメディアを作成する」

 

こちらをよく読みながら作業を進めてください。「インストールメディア」を作成しておけば他にアップグレードしなくてはいけないPCにも使えます。

 

まとめ

 

 

Microsoftの公式HPでは「Windows10への無償アップグレード」はアナウンスしていませんが、実際に2019年4月21日には、Windows8.1からWindows10へのアップグレードができました。

 

そして、インターネットブラウザの「edge」はWindows10以外では、今のところ作動しないようなので

 

もし、OSが7や8.1の場合は早いうちにアップグレードしましょう。今こうしてできる状態になっていてもまたいつ、このページがなくなってしまうかわかりません。

 

現実に、私が参考にしていた「2019年度版」とタイトルされていたURLへいってみましたが、存在しませんでした。

 

その「2019年度版」が作成されたのは2019年1月だったので、この3か月でページが移動したことになります。

 

ですから、Windows10へのアップグレードは、できるだけ急いだほうがよさそうです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!