【渋沢栄一】紙幣決定理由やいつから発行?子孫の現在や逮捕というデマまで

Pocket

みなさん、こんにちは!新紙幣が発表されて2か月ほど経ち記憶の片隅になっている方もいるのではないでしょうか。

 

2024年から新しくなる紙幣について改めて書かせて頂きました!最後までお付き合いよろしくお願いいたします!

 

 

【渋沢栄一】とは?

 

【名前】渋沢栄一

【生年月日】1951年9月

【出身地】埼玉県菖蒲町

 

日本の国文学者。高千穂大学名誉教授。専門は中古文学。藤原定家や「源氏物語」注釈について研究。(Wikipediaから引用)

 

渋沢さんについて色々と調べてみると第一国立銀行(現:みずほ銀行)や東京証券取引所などの企業や設立に携わり「日本資本主義の父」とも呼ばれていたそうです。

 

なぜかというと、渋沢さんは14歳から家業を手伝い染料の買い付けなどを一人で行っていました。その後、江戸幕府に仕えて徳川慶喜が将軍になった際、幕府からフランスへ派遣されたようです。

 

パリを渡航中にイギリスの経済学や資本主義をはじめとする金融の発展を目の当たりにして、民間経済で日本社会を立て直すべく活動していたようです。

 

また今では当たり前になっている株式会社」という制度にパリで出会い日本に広めたのも渋沢さんとのことです。

 

さらに、約500程の企業や600もの教育機関や鉄道、ガスなどの社会インフラの発展にも携わっており、日本の政治・経済の第一人者として貢献していたとのことです。

 

日本経済の発展には渋沢栄一さんの存在がとても大きく関わっていることがわかりますね!1万円札の顔になる意味がわたった気がします。

 

 

 紙幣決定理由やいつから発行?

 

今回発表された新紙幣に変わるのは2024年と言われています。今年が2019年なので5年後ということですね!なぜ紙幣を新しくすることになったのでしょうか?

 

色々なところで噂されている話では元号が令和に変わり新時代が始まりました。それに合わせて、紙幣も全て新しくしようとのことらしいです。また、偽造防止の意味もあるようですね。

 

ただ、5年後に今の旧札が一気に無くなる訳じゃなく、旧札と新札が一緒になって流通されていくようです。

 

ただ、キャッシュレス化に向けて動いているのにお札が今後必要になるのかな?と疑問に思っている人もいるようですね。

 

私もお札の仕組みはわかりませんが、キャッシュレス=お札は必要ない?でも銀行などに預けているお金がネット上で流通していると考えるとお札は必要なのでしょうか?

 

難しいですが、現金であれば自分がいくら使って今いくら残っているのかということが目に見えて知れますし、カードや電子マネーが使えないお店も多いため現金はまだまだ個人的には必要な存在です。

 

 

子孫の現在や逮捕というデマまで

 

渋沢栄一さんの子孫は噂によると妻以外の女性との間にできた子供を含めると50人ほどいるとの噂のようですが、公表されている人数は10人ほどのようです。

 

また渋沢栄一さんの子孫が逮捕されたという噂もでているようですが、こちらは全くのデマなようです!安心しました!

 

さらに、若者に人気のテラスハウスという番組にも出ていた澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんは渋沢栄一さんと、侑哉さんの曽祖父がいとこ同士。とのことです!

 

驚きですよね!本人は隠したがっていたようなのですがひょんなことから知られてしまいましたね(;^ω^)でもとてもかっこ良いので、まだ見たことない方は是非チェックしてみて下さい(^^)/

 

 

色々と調べてみましたが、新しい紙幣になるほどの方は日本にという国に貢献してきた偉大な方なのだと知り以前よりも見方が変わりました。

 

私も自分がこの世にいた証を一つでも残しておきたいなぁと思いました。

 

哲学的な話を最後にすると

「人は二度死ぬ。一度目は肉体が消え。二度目は残されたものの記憶から消える」

みたいは言葉を知り、肉体が消えても誰か一人でも覚えていてくれる人がいればその人は死んではいないのだと。

 

この言葉から言えば、新紙幣になる渋沢栄一さんは生きているんですよね。私も一人でも大切な誰かに覚えていてもらえるような人間になりたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆彡

 

 

 

ライター名 ルアナ

参考サイト

https://president.jp/articles/-/2840