【テセウスの船】Paravi独占の犯人の日記とは?内容のネタバレは?

考察ドラマとなったTBS「テセウスの船」は2020年3月22日に最終回を迎えました。

 

しかし、独占配信中のビデオオンデマンドのParaviで「犯人の日記大公開」が行われています。

 

今回は、そこから「テセウスの船」の真相を紐解いていきたいと思います。

 

原作と同じであり、原作とは違うラストを迎えることになったにのには、犯行を計画した【加藤みきお】の存在がとても大きいのですが

 

そのみきおがつけていた【日記】を独占公開しています。

 

テセウスの船の最終回で真犯人は原作と違う?Twitterのネタバレ予想は?

【テセウスの船】5話最後の茶色の液体は何?歩いていたのは加藤みきおか?

【テセウスの船】8話予告の絵の意味を予想!警察官の周りに泣く人?

計画の始まりはタイムスリップした日ではない

 

加藤みきおは幼くして両親を亡くし、母方の祖母の家に引き取られ、1年前に「音臼小学校」へ転校してきました。

 

しかし、みきおを待ち受けていたのはクラスメイトからのいじめの日々でした。

 

そして、事の始まりは昭和63年12月5日。みきおの日記が始まります。

 

その日は田中元議員の家を訪ねていたみきお。いつものように田中さんが口にする「詩」をノートに書き留めるのだが

 

みきおにしたら稚拙でつまらない「詩」ばかり。書き写すふりをして【落書き】をしていたのです。

 

それを、帰省していた正志が見て笑った。そして、昔自分の妹もクラスメイトからいじめを受けていた。

 

と、みきおに語るのだった。そして、実行はしなかったけど「お楽しみ会のジュースに毒を入れればよかった。」と正志がつぶやいた。

 

加藤みきおの殺人鬼はこのつぶやきから生まれたのです。

 

【テセウスの船】ドラマと原作漫画の違いは?最終話のラストネタバレ予想は?

テセウスの船で次の殺害予告はお腹の胎児?不気味な絵は誰が描いた?

意気地なしの田中正志

 

加藤みきおは正志にはできなかったことを、やってやろう!!とその時決意し、同時にワクワクするのでした。

 

意気地なしの正志にはできなかったけど、自分なら「十分な計画を練って確実に実行できる」

 

と、まずは【実験】が不可欠だと語っている。そこで実験台に選ばれたのがたまたま初詣に来ていた明音ちゃん一家。

 

その中でも、自分よりも体の小さな「千夏」を【モルモット】にすることに決めた。

 

方法は正志が大量のアリに農薬をかけていたのを見たみきお。アリたちが苦しみながら死んでいく姿に興奮したのです。

 

そのため、最初の毒物は農薬のパラコート。これは簡単に手に入りました。徳本が使っていた軽トラには様々な農薬があったから。

 

農薬をラムネにいれ、千夏ちゃんに飲ませる計画にうずうずするみきおだったが、ここで「心」がタイムスリップしてくる。

 

農薬の「パラコート」を病院の倉庫から盗み出し、捨ててしまったその行為を疑問に思うが、すでに実験薬はみきおの手にある。

 

【テセウスの船】10話の最終回の見逃した!再放送やネットでフル動画の視聴方法

第1話の謎のシーン

 

原作を読んだ人にはなんとなく分かった「シーン」だったが、ドラマ版しか見ていない人にはどうして!?

 

と、疑問に思ったシーンが残っています。

 

【吹雪の中千夏ちゃんの手を引いて、歩く文吾の姿】

 

その後、千夏ちゃんは毒入りジュースを飲み中毒死してしまいました。あのシーンは何の意味があったのでしょうか!?

 

それは、千夏ちゃんと姉の明音ちゃんが、「森のリスに餌付けをしている」ので、早くリスに会いに行きたい千夏ちゃんと

 

友達が家に来ていていけない明音ちゃんの事情がありました。そこで千夏ちゃんは一人で吹雪の中森に入って行ったのです。

 

それを見つけた文吾が家に連れ帰ろう!としますが、千夏ちゃんは「リスに会いに行く!!」と駄々をこねてなかなか帰りません。

 

そのため、心が目撃した時、【文吾が無理やり千夏ちゃんを連れ去る】ように見えたのです。

 

そして、文吾が千夏ちゃんを連れ帰ったので、みきおの計画は実行されました。

 

もし、あのまま文吾が見つけて連れ帰らなかったら・・・。それはそれで遭難して凍死していたかもしれません。

 

【テセウスの船】加藤みきおの犯行の動機は?佐野文吾を犯人する理由も

テセウスの船でなぜ小学時代のみきおがボイスレコーダーを拾えた?

次なる実験

 

みきおの計画は慎重です。千夏ちゃんへの実験だけでは終わりませんでした。そこで、次なる実験の為に正志に「毒物」を入手してもらいます。

 

そして、学校で飼育されているうさぎが次なる【モルモット】になったのです。うさぎが死んだら、自分をいじめる低能な奴らはどんな反応をするのか!?

 

もう、みきおは「わくわく」して楽しみでしかたありません。翌朝死んだうさぎを発見し、みんな悲しみました。

 

そしてもっと実験がしたくなりました。次はもっと大きな【実験台】で。

 

予想外の出来事

 

ここで、みきおに予想外の出来事が起こります。いつものようにいじめられるみきお。見るに見かねた佐野鈴「いい加減にしろっ!!」

 

と、追い払い、投げられたみきおのランドセルを拾い上げ「一緒に帰ろう」と声をかけてくれたのです。

 

みきおにとって初めての経験であり、この時「みきおの中で佐野鈴が自分の正義の味方になった」瞬間でした。

 

それと同時に「佐野鈴ちゃんのたった一人の正義の味方になろう!!」と決心した出来事でもありました。

 

そのため、当初は

 

【自分をいじめる低能な奴らを排除する。】という方向性から、【佐野鈴の正義の味方になるために鈴を守る】という方向性へ変わっていきました。

 

そのため、些細なことで喧嘩した明音と鈴を見て、「鈴を泣かせた明音を排除する」実験台にしたのです。

 

しかし、自分と同じサイズの人間を実験台にするには強い「毒物」が必要でした。

 

そこで、弱みを握っていた新聞配達の【翼】を利用して、青酸カリを手に入れ計画を実行しました。

 

しかし、翼に「明音を殺せ!」と、命令したにも関わらず、翼はやり切らなかったのです。明音は死ななかった。そのためみきおが首を絞めたのです。

 

そして、明音ちゃんを殺しきれなかった翼は「自殺」してしまいます。

 

どんどん邪魔者を排除していくみきお

 

実験を積み重ねていくうちに、みきおは素晴らしい発見をしました。

 

「自分がこれからい実行しようとしていることが、すべて新聞記事になっている未来のノート」を見つけたのです。

 

それは同時に「田村心」の正体を知ることにもなりました。

 

次なるみきおの目的は「邪魔者を排除」することへと変わっていきます。

 

まずは、管轄の刑事金丸。みきおは夜遅く出歩くこともあったようで、金丸刑事に注意されました。

 

そこで、「未来の事が書かれたノートを一緒に探そう」と約束をしたのです。金丸刑事も明音ちゃんの首についたアザが気になっていたので

 

みきおの提案に乗り、早朝に待ち合わせをし、ノートがあると思われる場所をみきおが指さしました。

 

そして金丸刑事は「ここか?ここでいいのか!?」と振り返る瞬間を狙い崖から突き落としたのです。

 

佐々木紀子は木陰から、突き落とすみきおの姿を見ていたのです。

 

心についてはこの時、現代にタイムスリップしてしまったので、加藤みきおの目の前からいなくなりました。

 

 

みきおの日記はまだ続きますが、Paraviでは「前半・後半」に分けての配信となるので、現代に戻ってからのみきおの日記はまた次回。

 

みきおの犯行の始まりからすでに「田中正志」は関わっていたのですね。

 

原作ではみきお一人の犯行となっていましたが、現代パートで「田中正志」が木村みきおに殺害された理由もなんとなく納得出来ました。

 

テセウスの船の音臼村事件は実話なのか?元ネタの事件やモデルを考察

テセウスの船の意味や由来をわかりやすく解説!ドラマとの繋がりは?

「テセウスの船」を見逃した!見逃し配信について

 

それから、ドラマ『テセウスの船』を見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>見逃したテセウスの船が見たい!再放送やネット配信でフル動画を視聴する方法

 

※Paraviでは2週間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

関連記事

【テセウスの船】金丸刑事は誰と会っていた?手を見つめた理由は?

テセウスの船で子役キャストの一覧!姉弟の鈴・慎吾と千夏・明音など