防災グッズの置き場所はどこがおすすめ?マンションや戸建では?

 こんにちは!

みなさんは、防災グッズをどのような場所に、保管しているでしょうか?

 

いろいろなシチュエーションを考えると、なかなか一か所に置き場所を定めるのは、難しいですよね。

 

今回は、すぐに参考にして頂けるように、「マンション」と「戸建」に分けて、防災グッズの置き場所をご紹介したいと思います。

防災グッズの置き場所は悩みどころ

 

 

防災グッズの置き場所は、みなさん悩むところですよね。

ここでは、みなさんが防災グッズの置き場所で悩んでいる事を、実際の声を含めてご紹介したいと思います。

 

 

防災グッズの置き場所はどこがおすすめ?マンションや戸建では?

 

それでは、具体的に防災グッズの置き場所は、どこが良いのでしょうか。

 

調べてみると、「マンション」と「戸建」では、オススメの置き場所が変わってくるようなので、それぞれについてご紹介していきましょう。

戸建でおすすめの防災グッズの置き場所は?

戸建の場合、防災グッズの置き場所として一番多かったのが、「自宅の庭の倉庫」という声でした。

 

自宅の庭の倉庫を、防災グッズの置き場所にしている理由は、地震で自宅が被害を受けて、倒壊・破損しても、備蓄品を持ち出すことが簡単だからです。

 

また、万が一倉庫自体が倒壊してしまっても、自宅の中から備蓄品を取り出すよりも、簡単だからということでした。

 

しかし、外に防災グッズを置くという方法は、自宅が川の側や海抜0メートルなどの低い土地では適さないため、そのような場所の戸建の場合は、「自宅の二階」や「屋根裏部屋」という声が多かったです。

 

戸建の場合は、敷地内であれば使い方は自由ですので、潰れてしまったり、流されてしまうリスクを分散させる為にも、防災グッズの置き場所は何か所かに分ける方が良いかもしれません。

 

マンションでおすすめの防災グッズの置き場所は?

 

では次に、マンションでの防災グッズの置き場所は、どこがオススメなのでしょうか。

調べてみると、マンションに住んでいる方の防災グッズの置き場所として、一番多かったのは、

「玄関付近の部屋」

「靴箱などの収納スペース」

に置くという声でした。

玄関付近に、ある程度の収納スペースがある場合は、そこが第一候補として挙がっていました。

 

マンションの場合、所有する車の中に防災グッズを、保管するという声が多いと思われますが、そこには意外な盲点として、日中の車内は想像以上に高温になるという事があります。

 

そのような中で、マンションの高層階に住んでいる方で、車の中に防災グッズを保管している方は、耐温度域の上限が60℃以上で、車載保管が可能な防災グッズを選ぶといった工夫をしていました。

 

マンションと戸建の、それぞれの防災グッズの置き場所をご紹介してきましたが、どちらにも共通している場所がありました。

 

それは、貴重品や安否確認に必要な物だけは、寝室の枕元に置いておくという事です。

 

避難指示が出た時などに、最低限命を守る為に必要なものだけは、身体の側に置いて置くという声が多かったように感じました。

 

ぜひ、参考にして頂けたら嬉しいです。

https://kurashinista.jp/column/detail/4329

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!