ハケン占い師アタルで部長(ミッチー)の若い頃の俳優は誰?名前や経歴は?

Pocket

2月28日(木)に放送された「ハケン占い師アタル」の第7話はチェックしていただけましたか?

 

今期のドラマは高視聴率が多く、「ハケン占い師アタル」は前回の第6話から1.4%も視聴率を上げ、10.9%でした。

 

視聴率がアップした第7話は、リストラ計画をつぶされた代々木部長が、制作Dチームに過去最大の難題を押し付けるというストーリーでした。

 

そこで今回は、第7話に注目!あらすじや第7話で登場した部長の若い頃のシーンに登場した俳優について調べ紹介していきます。

 

 

ハケン占い師アタル7話のあらすじ

 

代々木匠(及川光博)は出向先となる「シンシアイベンツ」から親会社へ戻る日と華々しい出世を夢みていた。

そのために上司にアテンドを取っていたが、自分の手柄となるはずだったリストラ計画を制作Dチームの課長・大崎結(板谷由夏)に潰されてしまい逆恨みをしていた。

逆恨みしている代々木は、政策Dチームに、過去最大の難題を押し付ける。その難題とは、気難しいタカオのミニコンサートだった。

タカオは気難しいことで知られており、以前別のチームの提案を却下し、急にコンサートの開催を拒否したことがあったのである。

ミニコンサートの世界観も会場も、全てが白紙状態であるばかりか、なんと開催予定の日まで残り1週間。

無理難題ではあるが、制作Dチームは奮起する。

しかしここで想定外の出来事が起こります。

制作Dチームに無理難題を突き付けた代々木部長が、政策Dチームの部長となったのである。これは事実上の左遷だったのです…。

 

「ハケン占い師アタル」第7話のあらすじは、このようになっています。

 

 

第7話は、及川光博さん演じる代々木匠にスポットが当たった回でしたね。

 

なかなかのクソ上司だったのですが、アタルの言葉により改心したようで、なによりでした。「ハケン占い師アタル」は、ほんと毎回名セリフが多く、感動させられます。

 

最初は杉咲花さんのビジュアルを見て「ないわー」と思っていましたが…(今だから言える話)最終回まで、視聴率はおそらくもっと上がってくると思います!

 

ハケン占い師アタルで部長(ミッチー)の若い頃の俳優の名前は誰?

 

「ハケン占い師アタル」の第7話で、及川光博さん演じる代々木匠の回想シーンがありました。その回想シーンに登場した俳優さんに、注目が集まっています。

 

 

その理由は、及川光博さんに似ていたから!

 

 

SNSでの評判は上々でした!では一体、誰が演じていたのか。

 

 

情報ありました!演じていたのは、楽駆さんです。

 

 

こちらの写真で見ると、及川光博さんに似てますよね!では、「ハケン占い師アタル」に出演した楽駆さんについて紹介していきましょう。

 

プロフィール

 

 

 

名前 楽駆(らいく)

生年月日 1996年11月30日

出身地 大分県

身長 178cm

血液型 A型

趣味・特技 サッカー、漫画、映画鑑賞、スケートボード、ラーメン屋巡り

所属事務所 作

 

楽駆って、かっこいい名前ですよね!2017年夏に開催された、office-saku主催のワークショップのオーディションに参加。

 

応募者数500人以上の中から選ばれ、見事事務所入りし芸能界デビューします。

(ちなみに、office-sakuは松田龍平さん、松田翔太さんが所属する事務所)

 

2017年にデビューとまだまだ新米でありながら、さまざまな作品に出演しています。

 

ドラマに出演

「インベスターZ#1#2(2018年)」

「ハケン占い師アタル#7(2019年)」

「我が家のヒミツ#1(2019年)」

映画にも出演

「いとまごい(2018年)」

「地獄少女(2019年)」

 

2019年はまだ始まったばかりですが、すでにドラマ2本、映画1本(2019年秋公開予定)というのはすごいですよね。

今、事務所一押しの俳優さんであることは間違いないでしょう。

 

「ハケン占い師アタル」の及川博光さんの回想シーンで演じた若い頃の演技がなかなか好評だったようですし、今後ドラマや映画のオファーが増えてくるのではないでしょうか。

 

178cmとなかなかの高身長、そしてイケメンですからね。現在はちょい役での出演しかないですが、いずれ主要キャストを演じるまでになる可能性は充分にあります。

 

なんてったて、名俳優が多く居る所属事務所の一押しですから!今回で皆さんは間違いなく楽駆さんを覚えたはず!今後の活躍に注目していきましょ~!