【インハンド】SM内の裏切り者は誰?ネタバレ予想は御子柴(藤森)か?

変わりものの天才科学者・紐倉(山下智久)が、仲間とともに難事件を解決していく。金曜22時の枠で現在放送中のドラマ「インハンド」

 

6月半ばになり、いよいよ最終回が近付いてきました…。

 

今回は、SM(サイエンス・メディカル)対策室のメンバーの中に裏切りものはいるのか。その裏切りものとは一体誰なのかということを予想していきたいと思います!

 

 

【インハンド】SM内の裏切り者がいる?

 

全11回放送予定のドラマ「インハンド」。最終回は、2019年6月21日(金)を予定しています。

 

 

山下智久さん、濱田岳さん、菜々緒さん、この3人組最高でしたよね~~!最終回が終わればもう見れなくなると思うと悲しい…。

 

では本題のSM(サイエンス・メディカル)対策室のメンバーに裏切りものがいるのかどうか。過去の放送から見ていくことにしましょう。

 

SM対策室室長・網野肇(光石研)は、「俺たちの手柄をいつも厚労(厚生労働省)に持って行かれるのがどうしても納得できない」と発言。

 

6月7日(金)に放送された第9話では、陽子先生(市毛良枝)をかくまっている病院がバレてしまいました。

 

SM対策室のメンバーの中に、どうやら瀬川(利重剛)に密告しているものがいるらしい…。

 

また、6月14日(金)に放送された「インハンド」第10話では、相羽村でエボラ感染者が出たことを、網野よりも早く危機管理監たちに知らせた人物がいる感じでしたよね。

 

 

 

裏切者は一体だれであるのか。多くの視聴者が気になっており、最終回を楽しみにしているようです。

 

 

SM内の裏切り者は誰?ネタバレ予想!

 

ではここで、SM内の裏切り者は一体誰なのか、ネタバレ予想していきましょう!!SNS(Twitter)での意見はこちら ↓

 

 

 

裏切り者の正体は、御子柴(藤森慎吾)ではないかという意見がダントツ多くありました。

 

なぜ多くの視聴者が、御子柴が裏切者ではないかと注目しているのでしょうか。それには、しっかりとした理由があります。

 

では、御子柴が裏切りものではと予想されているその理由をみていきましょう

 

<理由その①元厚生労働省出身>

御子柴という人物についてまずは注目していきます。

 

 

御子柴はSM対策室の一員ですが、元々は厚生労働省に居ました。あれですよね、いわゆるエリートってやつです。

(厚生労働省→経済産業省→SM対策室という出向ルート)

 

何かと強者になびく風見鶏キャラだが、実は官僚気質だけに数字や調査に強く有能という設定となっています。この設定の”何かと強者になびく風見鶏キャラ”が気になるところ。

 

御子柴が裏切者ではないかと疑われている一番の理由は、元厚生労働省に勤めていたからです。瀬川も同じ厚生労働省だったため、2人には接点があります。

 

<理由その②メールアドレスが怪しい>

 

第9話で、陽子先生の転移先を瀬川にメールで伝えていた人物が居ました。パソコンの画面に白いワイシャツが映っていたことから、男性であることは確実だと思います。

 

 

そして、パソコンのメール画面が映し出されたとき、そこに記されたメールアドレスが「3948」だったんです。この「3948」を読んでみると「みこしば」と読めなくもない!

(ちょっと無理やりでは!?なんて声はここでは禁句です(笑))

 

記されたメールアドレスは、送信者のアドレスです。このようなことから推理し、御子柴が裏切りものではないのかということになっているのです。

 

なぜ御子柴がSM対策室を裏切っているのか。実は、厚生労働省に戻りたいと思っており、瀬川から「協力するなら厚労に戻してやる」と言われたとか?

 

裏切者かと思いきや、実はSM対策室のことを考えており、ハッピーエンド!!という展開を個人的には期待しますが、どうなるでしょう。

 

また御子柴の他に熊井美緒(高橋春織)、城田幸雄(酒井貴浩)が裏切者ではないのかという声もすこーしあり。

 

圧倒的に多いのは御子柴ですがね(笑)

 

ちなみに城田幸雄は原作には登場しないオリジナルキャラクターです。なぜ、オリジナルキャラクターを登場させたのか。なにか意味があるのでは?と思うのですが…。

 

設定では、牧野と御子柴の補佐とありました。

 

6月21日(金)に放送される最終回に、注目していきましょう!!