大人のひきこもりって何どんな人がなるかなど疑問まとめ

Pocket

はじめに

スポンサーリンク

近年問題になっているひきこもりだが、みなさんの身の回りにはそういった方はいますか。一時期社会問題になってメディアでも取り上げられたりもしましたが、若い人のひきこもり(主に無職やフリーターに人)なんかだった気がします。

なんとなくは分かっているけど、ひきこもりとは何かについて知らない方が多いのではないでしょうか。そして、今急増している大人のひきこもりとは何かについてまとめてみたので、参考にしてください。

そもそもひきこもりとは何か

厚生労働省より
仕事や学校に行かずに、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに6ヶ月以上続けて自宅に引きこもっている状態」時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含めるつまり、6ヶ月以上自宅にいることだそうです。

買い物には時々出てもひきこもりになるということろが鍵になりますね。

大人のひきこもりとは

今までは15~39歳のひきこもりが約59万人いるという推計結果を公表したが、「大人のひきこもり」の実態は不明でした。「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が40歳以上の61人について家族らへの聞き取りを実施したそうです。

つまり今回話題になった大人のひきこもりという話では40歳以上の方のひきこもりの実態ということですね。その中で明らかにされたことは、ひきこもりの平均期間は22年に及ぶという。

そのほとんどは一度は行政や病院の支援を受けたが、その後に途絶えたということでした。ちなみにニートとは「仕事や学校に行かない若者(15~34歳)のこと」日本ではひきこもりと混同して使われてしまってることが多い。

どんな人なの

スポンサーリンク

きっかけは「不登校」や「職場に馴染めない」ということころからきている人が多いそうです。ひきこもりの間に見られた行動としては多いのは「昼夜逆転」(49人)「家庭内暴力」(15人)が多かったそうです。

ひきこもりの人に多い傾向としては、ナイーブな人が多いようで、無口・内向的・優しい・競争が苦手・目の前の問題を回避したがる・自意識が強いなど要素はさまざまです。引きこもりになった結果で、不潔脅迫・抑うつ症状・パニック発作などの精神的疾患の症状が出たりする方もいるそうです。

そういった性格の持ち主でありながら、先生、上司など叱責や、厳しいルールや競争などによって、社会生活に疲れたりしていき徐々にひきこもりになっていったりします。こうして考えると、ぼく自身も当てはまることも多いし、誰でもなる可能性があるのではないかとも考えられます。

最初の2年を過ぎると諦めの気持ちも出てくるそうで、そこから長期化する人も多いそうです。中には30年以上ひきこもりの息子が父親をパソコンを買ってくれないことを恨み、殺害するという事件も起きたこともあります。

まとめ

今回のテーマ「大人のひきこもりって何どんな人がなるかなど疑問まとめ」ということで、取り上げましたが、お分かり頂けでしょうか。ひきこもりだけで59万人もいるという事実にビックリですし、40歳以上の方も平均が22年ひきこもるというそれだけでも衝撃ですよね。

こういった方々がこれからさらに高齢化していったり、親が亡くなったりすると生活保護など手続きをしなければなりませんが、ケースワーカーや行政の職員に手続きなどしていけるかなど問題があります。

少しずつ慣らしながら働くという中間的就労という訓練もあるそうです。主に軽作業のみで自立支援の目的で創られた仕組みだそうです。私たちも他人事としてではなく、社会的にどのような支援ができて、もし、いつ自分の身にもあるかもしれない問題として考える必要があるのです。

今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

情報ソース Yahooニュース http://rdsig.yahoo.co.jp/mh/click/logo/RV=1/RU=aHR0cDovL25ld3MueWFob28uY28uanAv

Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E3%81%8D%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!