映画【賭けグルイ】ロケ地や学校の撮影場所はどこ?エキストラの募集情報は?

Pocket

シリーズ累計500万部を突破した大ヒットコミック「賭けグルイ」!

 

映画化が決定し、2019年5月3日(金)に公開されることが決定しています。

 

そこで今回は、映画「賭けグルイ」の撮影がどこで行われたのか、ロケ地や撮影場所について紹介していきます。

 

同時にエキストラ募集についても調査しました。

 

 

映画「賭けグルイ」のあらすじ

 

映画「賭けグルイ」のロケ地、撮影場所、エキストラ募集の情報を紹介する前に、まずはあらすじを紹介します。

 

2年華組・蛇喰夢子は、生徒会長・桃喰綺羅莉とのギャンブルを心待ちにしていた。

しかし、学園ではある動きが。それは、″非ギャンブル、生徒会への不服従”というもの。

 

白装束集団・ヴィレッジがこの動きの台頭となり、生徒会との対立が深まっていた。

”非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白集団・ヴィレッジの動きを生徒会が無視するはずはない。

 

生徒会は白集団・ヴィレッジを解体すること、そして生徒会長の宿敵である蛇喰夢子潰しを企んでいた。

そこで生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。

 

映画「賭けグルイ」のあらすじはこのようになっています。

 

どのような映画となるのか、わくわくしているかたは多いのではないでしょうか!

 

 

映画「賭けグルイ」のロケ地や撮影場所はどこ?

 

2019年5月3日(金)に公開される映画「賭けグルイ」の予告動画はこちら。

 

主演の浜辺美波さんがとにかくかわいい!!黒髪ロングが似合いますよね!原作ファンも納得のビジュアルと言えるでしょう。

 

個人的に、生徒会長役として出演している池田エライザさんが好きです!では、映画「賭けグルイ」の撮影が行われたロケ地と撮影場所について紹介していきます。

 

山形県郷土館 文翔館

 

住所:山形県山形市旅篭町3丁目4−51

 

 

山形県郷土館 文翔館は、重要文化財に指定されている建物です。

 

「賭けグルイ」では、メイン舞台となる私立百花王学園の撮影場所となっています。

 

 

重要文化財に指定されているだけあって、重厚感があり、私立百花王学園の雰囲気にぴったりです!

 

 

山形県郷土館 文翔館は昼間に訪れてもいいですが、夜に訪れるのもおすすめとのこと。

 

夜に訪れると、ライトアップされ幻想的な雰囲気の山形県郷土館 文翔館を楽しむことができます。

 

聖地巡礼として訪れてもいいですが、観光目的で訪れても楽しいと思いますよ!

 

栗田美術館

 

住所:栃木県足利市駒場町1542

 

 

「賭けグルイ」で私立百花王学園の講堂として登場したのは、栃木県にある栗田美術館です。

 

 

登場したのはドラマでですが、おそらく映画版にも登場してくることと思います。

 

「賭けグルイ」は、ほとんどをメイン舞台である私立百花王学園(ロケ地:山形県郷土館 文翔館)にて撮影が行われています。

そのため、ロケ地は少ない様子…。

 

映画が公開されれば、どこで撮影が行われたのかロケ地の情報がより分かるようになるかもしれませんね。

 

エキストラ募集は?

 

映画「賭けグルイ」のエキストラ募集についてですが、エキストラを募集していました。

 

エキストラを募集していたのは、2018年10月1日(月)のこと。

撮影場所は東京都内某所。

時間は、開場・開演時間が7時15分。終演時間が12時30分となっていました。

 

出演者としてキャストの名前があったため、キャストを生で見ることがおそらくできたでしょう。

 

エキストラの募集対象は、10代~20代の男女で、学園ドラマであるため、高校生に見える人が対象でした。

(未成年者の方は保護者の同意が必要)

 

エキストラとして撮影に参加した人には、参加記念グッズがプレゼントされたと言います。

 

参加記念グッズがどのようなものであるのかは分かりませんが、記念になるものであることは間違いないでしょう。

 

映画「賭けグルイ」のエキストラ募集は、もう終了してしまっています。どのシーンでエキストラの募集が行われたのか、考えながら見ても楽しいかも!

 

映画は2019年5月3日(金)、ゴールデンウィークに公開となります。ゴールデンウィークのお出かけ予定に、映画鑑賞を入れてみてはどうでしょう。

 

原作の漫画、実写ドラマを見ていなくても充分楽しむことができると思いますよ。