【彼氏をローンで買いました】ロケ地や撮影場所はどこ?コンビニやホテルなど

Pocket

2018年にフジテレビ系列にて放送されたドラマ「彼氏をローンで買いました」は、奥野恵里菜さんが主演を務め、今話題のイケメン俳優・横浜流星さんが出演していたドラマです。

 

今回はどのような話であったのか、誰が出演していたのかを振り返ります!!と同時にロケ地や撮影場所についても紹介していきますのでぜひチェックして下さい。

 

 

【彼氏をローンで買いました】あらすじとキャストは?

 

「彼氏をローンで買いました」はどのようなストーリーだったのでしょうか。

 

 

専業主婦を夢見る受付嬢の浮島多恵は、エリート彼氏との結婚を狙って”猫”を被っていた。

ある日、伝説の受付嬢と言われ誰もが羨む結婚をした先輩・南場麗華と再会する。なんと麗華は離婚し現在はシングルマザー。再会したコンビ二で働いているという。

 

実は麗華は”猫”を被ることに限界を感じ、本性を出し離婚、シングルマザーになったという。

 

そんな中、多恵は麗華に彼氏の浮気について相談する。すると麗華に”猫”を被らずに自分をさらけだせて、なんでも言うことを聞いてくれる”ローン彼氏”を提案される。

興味を持った多恵は、月額39,800円でローン彼氏を購入する。するとローン彼氏・刹那ジュンが段ボールに入って多恵の元へと届く。

 

キャスト

 

  • 主人公・浮島多恵:奥野恵里菜

大手外資系商社キャピタルホールディングス東京にて受付嬢として勤務。同じ会社に勤務するエリート・白石俊平と付き合っていて結婚し専業主婦になることを夢見ている

  • 刹那ジュン:横浜流星

多恵に買われるローン彼氏。月額39,800円。

  • 南場麗香:長谷川京子

受付嬢の伝説のセンター。誰もが羨む素敵な結婚をし退職したものの”猫”を被ることに疲れ離婚しシングルマザーになった。現在はコンビニで店長として勤務している。多恵にローン彼氏を提案する。

  • 白石俊平:淵上泰史

多恵の彼氏。エリート会社員。浮気が発覚。

 

 

2018年に放送された「彼氏をローンで買いました」は、当時話題になりましたよね!!

 

 

 

月額39,800円で横浜流星さんが買えるなんて…、買うしかないですよね(笑)

 

「彼氏をローンで買いました」は、現在FODプレミアム、dTVにて全話見ることができます。2018年当時の放送を見ていないという方はぜひこちらでチェックしてみて下さい!

(もちろん放送当時ドラマを見ていた人も!)

 

 

【彼氏をローンで買いました】のロケ地や撮影場所はどこ?

 

「彼氏をローンで買いました」は一体どこで撮影が行われたのか。ロケ地や撮影場所をチェックして、聖地巡礼しちゃいましょう!!

 

手作りの店 パル

 

住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町4丁目12−25 OSC吉祥寺

 

ドラマで長谷川京子さんが店長として勤務しているコンビニの舞台となったのは、パルです。

 

こちらがドラマに登場したコンビニです ↓

2019年に放送され横浜流星さんブレイクのきっかけとなったドラマ「初めて恋をした日に読む話」でもロケ地として使用され話題となりました。

 

 

パルは全国チェーンのコンビニではなく、個人経営のコンビニなのだと言います。こうしてお店を見ると大きいですよね!コンビニというよりはスーパーみたい(笑)

 

武藤市立図書館の目の前にあるため、図書館の利用者がよく利用しているようです。図書館の定休日に合わせてパルも金曜日が定休日なんだとか。

 

コンビニですが24時間営業ではなく、営業時間は6:00~20:00なので要注意!サンドイッチがおいしいという情報なので、食べに行ってみてはいかがでしょうか。

 

品川橋

 

住所:東京都品川区南品川1丁目4

 

ドラマ内で登場した橋は、東京都品川区にある品川橋でした。

品川橋は車道と歩道が分かれているのですが、ドラマでは歩道側が使われていました。橋の欄干の手前のところで撮影していましたよね。

 

汐留イタリア街

 

住所:東京都港区東新橋2丁目14−24

 

奥野恵里菜がドラマ内で彼氏の浮気現場を目撃したシーンの撮影場所になりました。

 

3つのロケ地を紹介していきました。

 

聖地巡礼で「キャストと同じ場所で写真を撮りたい!!」という方は多いと思います。お店で写真を撮る場合は、一言声をかけるようにして下さいね!