これはデマ?トレース~科捜研の男~に世界に一つだけの花が主題歌?

Pocket

 

フジテレビ系列で1月から放送される月9新ドラマ「トレース~科捜研の男」が、いろいろな意味話題になっています

 

誰もがあの人気ドラマを想像すると思いますが、どんな内容のドラマになるのかも楽しみですね。

 

まだ放送前ながらネット上で騒動が勃発してるようなので、一体何が起こってるのかを確認したいと思います。

 

 

トレース~科捜研の男~とは?

 

トレース~科捜研の男は「トレース科捜研法医研究員の追像」という漫画が原作で、あの人気ドラマとは内容は違う感じですね。

 

このドラマは主演の錦戸亮さんが警視庁法医科の研究員として勤務し、豊富な知識と優れた鑑定技術を持った天才です。

 

錦戸亮さん演じる真野礼二はクールな性格が災いすることもあり、他の科捜研メンバーと対立することもしばしばですね。

 

今回の月9ドラマの最大の特徴だと思うのが1話完結で、ドラマの途中からでも見ることができるのは嬉しいところです。

 

真野礼二は少年時代に暗い過去を持っていて、ドラマが進むにつれて過去が明かされていくと思われます。

 

個人的には久々に月9で期待できるドラマだなという印象で、演技力に定評がある錦戸亮さんにも期待が高まりますね。

 

スポンサーリンク

これはデマ?トレース~科捜研の男~に世界に一つだけの花が主題歌?

 

トレース~科捜研の男が放送前から騒動になっていますが、どうやらドラマの主題歌を巡って騒動になっていますね。

 

主題歌が騒動になっている理由はデマが拡散したことが理由で、国民的グループだったSMAPの「世界に一つだけの花」を関ジャニ∞がカバーすると書かれたからですね。

 

ここまで騒動に発展した最大の要因はWikipediaに書かれていたので、多くの人が信じてしまったことが大きいと思います。

 

またWikipediaに書かれた内容が信憑性が高い感じだったことと、国民的グループの大ヒット曲ということで騒動に発展していますね。

 

関ジャニ∞も国民的グループと言って間違いないと思いますが、世界に一つだけの花をカバーすると聞いてSMAPファンだった人達が反発した感じだと思います。

 

ここで疑問に思うのがWikipediaがデマを書いたのかですが、基本的にWikipediaは誰でも書き換えができるんですね。

 

これは私も知らなかったので驚きましたが、Wikipediaは世界中の有名人の情報がいち早く更新されているのも、いろいろな人が書き込めるから可能だと気付きました(笑)

 

ドラマの主題歌は関ジャニ∞の「crystal」に決定しているので、完全なデマ情報で間違いありませんね。

 

スポンサーリンク

ネットでは?

 

ネット上では関ジャニ∞が世界に一つだけの花をカバーするとデマが流れたことに、多くの人が抵抗感を抱いている感じでしたね。

 

関ジャニ∞がカバーして歌えば問題なさそうにも思いましたが、世界に一つだけの花は特別な曲だと浸透していることがよくわかりました。

 

 

NS上ではSMAPの神聖な曲をカバーするなとの声や、SMAPを汚すなとの過激な意見も見受けられましたね。

 

またジャニーズを退所した元SMAPの3人は世界に一つだけの花を歌うのもNGなのに、なぜ関ジャニ∞が歌うんだとの声もありました。

 

何より可哀想なのは関ジャニ∞で迷惑としか言いようがなく、デマによって関ジャニ∞のイメージが悪くなったのは残念でしたね。

 

SMAPの解散がスッキリした形ではなかっただけに、ジャニーズの後輩である関ジャニ∞がカバーすると聞いてより感情的になったのは個人的には理解できます。

 

今回の騒動でこれから世界に一つだけの花をカバーする歌手は少なくなると思うので、今回のデマは想像以上に大きな影響を与えたかもしれませよね?

 

少し気になるのがWikipediaに書き込みされたのが11月だったので、もしかしたらドラマの話題性を狙った確信犯ではと勘ぐりたくなる感じもしました。

 

そもそもSMAPは円満に解散したとは思えないので、ジャニーズ事務所が関ジャニ∞に世界に一つだけの花をカバーさせるとは考えにくいですよね。

 

冷静に考えればデマだなともわかりそうですが、Wikipediaに書かれていたとが本当っぽくなった最大の要因だと思いました。